Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月24日

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

季節の挨拶とは、手紙やはがき・メールの書き出しなどで四季折々の季節感を表わす言葉をさし、時候の挨拶とも言います。日本には、美しい季節とそれを味わい愛でる文化があります。ビジネス文書でも、季節の挨拶は大切な物なので、ビジネス文書での挨拶例文を紹介します。

状況別ビジネス文書での挨拶の例文

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

ビジネスを展開していく上で、お互いの意思疎通のためには、丁寧なビジネス文書でのやりとりが大変重要になります。

担当者変更の挨拶

担当者変更をお知らせするビジネス文書は、現在取引のある相手の会社との今後の取引のためにも重要になりますので、例文を参考にして下さい。

【挨拶例文】

いつも大変お世話になっております。
株式会社□□△△部の〇〇〇〇でございます。

さて、貴社を担当させて頂いております○○○○が、来月○月○日付で△△支社に異動となり、新任として××××が担当させていただくこととなりました。
近日中に本人ともどもご挨拶に伺う予定でありますので、その節はよろしくお願い申し上げます。

みなさまにご迷惑をおかけすることのないよう、引き継ぎには万全を期しておりますが、至らない点がありましたら、何なりとご指摘ください。

今後とも倍旧のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

新規取引先への挨拶

新規取引先への挨拶に関するビジネス文書は、今後の取引のためにとても重要になりますので、例文を参考にして下さい。

【挨拶例文】

はじめまして。株式会社□□△△部の〇〇〇〇と申します。

この度は、弊社との取引を開始いただき、誠にありがとうございます。
商品、仕様、価格などにつきましては、別途営業担当者より詳しい資料をお渡ししていることと存じます。

私ども△△課では、万一弊社製品に不備があった場合の対応、製品に対するご質問などへの回答を担当しております。
株式会社□□様につきましては、私が担当させていただきますので、今後、質問や相談などがございましたら、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

追ってごあいさつに伺いますので、その節は何卒よろしくお願いいたします。

ビジネス文書の挨拶状の書き方

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

ビジネス文書は、簡潔で正確な文章を書くようにしましょう。形容詞や修飾語が多い文章は、ビジネス文書には不似合いなので、正確で簡潔な表現を心がけましょう。また、箇条書きすると論理的に矛盾するセンテンスが発見しやすくなる利点もありますので、ビジネス文書を箇条書きで書くのも良い方法です。まずは、用件を正確に伝えることを第一に考えましょう。

「拝啓」の位置と書き方

ビジネス文書における「拝啓」の位置と書き方を、横書きと縦書きのパターンで紹介します。

横書きの「拝啓」

横書きのビジネス文書における「拝啓」は、左揃えで書きます。「拝啓」のあとは、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

改行する場合には「拝啓(改行)時候の挨拶」というように書きます。改行しない場合には「拝啓(後ろに1文字分のスペース)時候の挨拶」というように書きます。

縦書きの「拝啓」

縦書きのビジネス文書における「拝啓」は、上揃えで書きます。「拝啓」のあとは、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

改行する場合には「拝啓(改行)時候の挨拶」というように書きます。改行しない場合には「拝啓(後ろに1文字分のスペース)時候の挨拶」というように書きます。

「敬具」の位置と書き方

ビジネス文書における「敬具」の位置と書き方を、横書きと縦書きのパターンで紹介します。

横書きの「敬具」

横書きのビジネス文書における「敬具」は、右揃えで書きます。「敬具」は改行して書くのが一般的ですが、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

縦書きの「敬具」

縦書きのビジネス文書における「敬具」は、下揃えで書きます。「敬具」は改行して書くのが一般的ですが、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

季節別おすすめのビジネス文書の挨拶

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

ビジネス文書でいきなり本題に入るよりも、季節に応じた挨拶を入れる事で文章が丁寧になります。そういう季節を感じさせる挨拶が『時候の挨拶』です。この時候の挨拶は「月」によって書く言葉が変わりますので、いくつか紹介します。

1月

1月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

極寒の候・新春の候・厳冬の候 など
木枯らしの身にしみる頃
大寒のみぎり
寒さ厳しき折から など

2月

2月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

晩寒の候・立春の候・向春の候 など
立春とは名ばかりの寒さですが
梅のつぼみもまだ堅いようですが
長い冬もいよいよ終りに近づいてきましたが など

3月

3月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

早春の候・浅春の候・軽暖の候 など
暦の上では春と申しながらまだまだ寒い日がつづきますが
めっきり春らしくなってまいりましたが
暑さ寒さも彼岸までと申しますように過ごしやすい季節となりましたが など

4月

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

4月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

陽春の候・中春の候・桜花の節 など
うららかな季節となりましたが
桜見物の好季節となりましたが
花見の季節を迎え など

5月

5月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

新緑の候・薫風の候・初夏の候 など
春まさにたけなわの5月となりましたが
春風若葉にかおる候
風清らかな初夏の候ですが など

6月

6月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

入梅の候・向暑の候・夏至の候 など
梅雨の折から
うっとうしい季節となりましたが
梅雨の晴れ間恋しい頃 など

7月

7月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

盛夏の候・猛暑の候・炎夏の候 など
毎日の天気つづきで一雨欲しい今日この頃ですが
海山恋しい頃
日ごとに暑さが厳しくなる毎日ですが など

8月

8月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

炎夏の候・晩夏の候・残暑の候 など
暑い日が続いておりますが
立秋とは名ばかりの暑さがつづく毎日ですが
暦の上ではすでに秋ですが など

9月

9月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

初秋の候・秋冷の候・秋風の候 など
いまだ暑さが残ります今日この頃
さわやかな季節となりましたが
朝夕はめっきり涼しくなりましたが など

10月

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

10月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

仲秋の候・秋晴の候・紅葉の候 など
金木犀の香るこの頃
そよそよと吹くこの涼風
天高く馬肥ゆる秋 など

11月

11月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

晩秋の候・落葉の候・初霜の候 など
木枯しが吹きすさぶ頃
落ち葉の降り積もる頃
日毎に寒気加わる時節となりましたが など

12月

12月のビジネス文書によく用いられる「時候の挨拶」の例文を紹介しています。

寒冷の候・師走の候・歳末の候 など
星も凍る夜
今年もいよいよ押し迫り、さぞお忙しい事と存じますが
年内も残り少なになって参りましたが など

新年の挨拶メールで使える挨拶例文

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

楽しい年末を過ごしたあとは、年明けに会社の上司や取引先などのビジネス関係の相手に、ご挨拶のメールを送らなければなりません。これは、お世話になった方々への挨拶のメールなので、失礼のないようにしなくてはなりません。

新年の挨拶メールはいつまでに送る?

一般的に新年の挨拶は、遅くても松の内の日(1月7日)までにするように、と言われています。その日を過ぎれば「寒中見舞い」という形で挨拶をします。

ただ、ビジネスの場合は仕事始めの日までに送るのがマナーです。 新年の挨拶メールなので、仕事が始まってから挨拶のメールが届くと、相手としてはないがしろにされたように感じてしまいますので、仕事の一環としての意識をもって、仕事始めの日までに余裕を持って送るように心掛けましょう。

社外への新年の挨拶メール例文

取引先への新年の挨拶メールとして一番望ましいのは、取引先一件一件に異なる文面で送るのが理想ですが、送り先が多いと一件ずつ文面を変えるのは大変です。このため、大まかな文章は同じでも、取引先毎に異なる挨拶の言葉を入れるように心掛けましょう。

【挨拶例文】

謹んで新春のご祝詞を申し上げます。
昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。
本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございますので、なにとぞ昨年同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健勝と御社の益々のご発展をご祈念いたします。

なお、新年は1月〇日(〇)午前〇時より、平時営業とさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

社内への新年の挨拶メール例文

上司や部下、同僚などへの社内挨拶メールは、社外に送るものほどかしこまった文面である必要はありません。ただし、これからまた一年同じ会社で働く仲間としての意識をもって、昨年の感謝など心のこもった言葉を入れ、ビジネスマナーに気をつけたメールを送りましょう。

【挨拶例文】

○○課長
謹んで新春のお慶びを申し上げます
△△部署の□□です。
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年もより一層精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

季節を感じてビジネス文書を楽しもう

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

一年・十二ヶ月、四季おりおりの季節の表情は、日本の魅力の一つです。時候の挨拶もまた、表現豊かなものとなっており手紙をより一層華やいだものにしてくれます。ビジネス文書と言った一見固いものの中にも、自分が感じたものやその年の季節感・天候を自分の言葉で表現して、時候のあいさつを楽しみながら相手との良い関係にも繋げていきましょう。

Latests