Search

検索したいワードを入力してください

【季節別】ビジネス文書での挨拶の書き方・例文|担当者変更

更新日:2020年08月20日

季節の挨拶とは、手紙やはがき・メールの書き出しなどで四季折々の季節感を表わす言葉をさし、時候の挨拶とも言います。日本には、美しい季節とそれを味わい愛でる文化があります。ビジネス文書でも、季節の挨拶は大切な物なので、ビジネス文書での挨拶例文を紹介します。

状況別ビジネス文書での挨拶の例文

ビジネスを展開していく上で、お互いの意思疎通のためには、丁寧なビジネス文書でのやりとりが大変重要になります。

担当者変更の挨拶

担当者変更をお知らせするビジネス文書は、現在取引のある相手の会社との今後の取引のためにも重要になりますので、例文を参考にして下さい。

【挨拶例文】

いつも大変お世話になっております。
株式会社□□△△部の〇〇〇〇でございます。

さて、貴社を担当させて頂いております○○○○が、来月○月○日付で△△支社に異動となり、新任として××××が担当させていただくこととなりました。
近日中に本人ともどもご挨拶に伺う予定でありますので、その節はよろしくお願い申し上げます。

みなさまにご迷惑をおかけすることのないよう、引き継ぎには万全を期しておりますが、至らない点がありましたら、何なりとご指摘ください。

今後とも倍旧のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

新規取引先への挨拶

新規取引先への挨拶に関するビジネス文書は、今後の取引のためにとても重要になりますので、例文を参考にして下さい。

【挨拶例文】

はじめまして。株式会社□□△△部の〇〇〇〇と申します。

この度は、弊社との取引を開始いただき、誠にありがとうございます。
商品、仕様、価格などにつきましては、別途営業担当者より詳しい資料をお渡ししていることと存じます。

私ども△△課では、万一弊社製品に不備があった場合の対応、製品に対するご質問などへの回答を担当しております。
株式会社□□様につきましては、私が担当させていただきますので、今後、質問や相談などがございましたら、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

追ってごあいさつに伺いますので、その節は何卒よろしくお願いいたします。

ビジネス文書の挨拶状の書き方

ビジネス文書は、簡潔で正確な文章を書くようにしましょう。形容詞や修飾語が多い文章は、ビジネス文書には不似合いなので、正確で簡潔な表現を心がけましょう。また、箇条書きすると論理的に矛盾するセンテンスが発見しやすくなる利点もありますので、ビジネス文書を箇条書きで書くのも良い方法です。まずは、用件を正確に伝えることを第一に考えましょう。

「拝啓」の位置と書き方

ビジネス文書における「拝啓」の位置と書き方を、横書きと縦書きのパターンで紹介します。

横書きの「拝啓」

横書きのビジネス文書における「拝啓」は、左揃えで書きます。「拝啓」のあとは、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

改行する場合には「拝啓(改行)時候の挨拶」というように書きます。改行しない場合には「拝啓(後ろに1文字分のスペース)時候の挨拶」というように書きます。

縦書きの「拝啓」

縦書きのビジネス文書における「拝啓」は、上揃えで書きます。「拝啓」のあとは、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

改行する場合には「拝啓(改行)時候の挨拶」というように書きます。改行しない場合には「拝啓(後ろに1文字分のスペース)時候の挨拶」というように書きます。

「敬具」の位置と書き方

ビジネス文書における「敬具」の位置と書き方を、横書きと縦書きのパターンで紹介します。

横書きの「敬具」

横書きのビジネス文書における「敬具」は、右揃えで書きます。「敬具」は改行して書くのが一般的ですが、厳格な決まりがあるわけではないので、改行してもしなくても構いません。

縦書きの「敬具」

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests