Search

検索したいワードを入力してください

面接メールの返信の仕方・件名の書き方|バイト/転職

更新日:2020年03月13日

アルバイトの応募や就職・転職活動をする際には、面接が実施されることが多いですよね。面接のメールへの返信の時の文章、マナー、注意すべきポイントなど、わからないことが多くあるかと思います。求職者の方も応募をしている企業側の方にも参考になればと思います。

アルバイトの面接メールとの違い

アルバイトの面接メールとの違いを紹介していきます。

①アルバイトの面接メールでも最初に名前を名乗りましたが、就活の場合には大学名を一緒に書いておきます。

②「面接の機会をもらってうれしい」という意思を表し、その会社の選考に積極的に取り組む姿勢をみせましょう。

③連絡先には、大学と学部名を書きましょう。

以上がアルバイトの面接メールとの違いです。

なお、日程が合わない場合、日程の候補が合わない場合には、アルバイトの面接メールを参考にしてみてください。

移動時間も考慮しましょう

また、就職活動をしていると一日に何社も説明会や面接に行くという日が多くあります。面接の日程調整の際は、移動時間や所要時間を考慮して、日程の調整を行いましょう。

転職活動の面接メールの場合

転職活動の面接メールの返信方法に関しましては、基本的な文章はアルバイトや就職活動のメールを参考にしてみてください。注意すべき項目は同じとなっています。

企業の面接メールの場合

ここでは、求職者に対してどのように面接メールを送ればいいかわからない、という方に例文をご紹介します。

求職者に対するメールの例

「□□様

株式会社○○採用担当の○○○○でございます。
この度は弊社の求人にご応募いただき誠にありがとうございます。

選考の結果、ぜひ□□様には面接にお越しいただきたいと思い、面接日程の連絡をさせていただきました。

【面接日時】
●月●日(月) 10:00~/ 11:00~/13:00~
●月△日(水) 13:00~/14:00~/15:00~

【持ち物】
・筆記用具
・履歴書

【場所】
株式会社○○本社 

【受付】
受付の内線電話□□よりお呼び出しください

【所要時間】
1時間を予定しております。

それではご連絡をお待ちしております。また、わからないことがありましたら遠慮なくご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社○○ 人事部 ○○○○
TEL:03‐○○○○‐○○○○
MAIL:○○○○○○@△△.△△」

必要な情報をわかりやすく伝えましょう

上記が例文となります。場所、受付、所要時間などカッコでくくり、求職者の方にわかりやすく情報を伝えることをお勧めします。

また、求職者側から質問がしやすいように「わからないことがありましたら連絡をしてください。」という一文を入れると大変親切な面接メールとなります。

面接メールの返信時の件名・タイトルの書き方

面接メールを送る際は件名をどうしたらよいのか悩む人も多いです。ここでは、求職者側と企業側の件名の書き方について紹介します。

求職者側の場合

面接に応募をする求職者の方が面接メールの返信をする際には、基本的には件名は変える必要はありません。そのまま返信をしましょう。(例「Re:面接のご案内」)

会社側の場合

会社側は、「面接のご案内」「選考のご案内」など、選考の連絡であることが一目でわかる件名にしましょう。その際、「面接のご案内【株式会社○○】」など、どの会社から来たのか一目でわかる面接メールの表記もおすすめです。

次のページ:面接メールの返信はどこまで続けるべきか

初回公開日:2018年05月22日

記載されている内容は2018年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests