Search

検索したいワードを入力してください

フリック入力のコツ(両手の場合と片手の場合)|早打ちのコツ

更新日:2020年08月28日

スマートフォンでフリック入力というキーボードの入力方法があります。フリック入力は慣れるとパソコンでの入力よりも速いと言われています。フリック入力を習得コツやスピードをあげるコツなどをご紹介しています。また、フリック入力練習に最適なアプリの紹介もあります。

Androidのフリック入力

フリック入力に設定するには

AndroidやiPhoneなどのスマートフォンを使っていて、フリック入力設定にしたいけれども、どう設定したらいいのか分からないと悩んでいる方はいることでしょう。スマートフォンは画面が小さいため、通常のPCキーボードよりも、フリック入力のほうが遥かに速いといわれています。

そこで、AndroidとiPhone両方ともフリック入力にする設定をご紹介しましょう。フリック入力をはじめる第一歩のコツでもあります。

Androidのフリック入力の設定

AndroidはiPhoneとは違い、キーボード入力を自由にカスタマイズすることができます。自由度が高いため、自分の使いやすいキーボード入力を選ぶことがフリック入力のコツでもあります。それでは、やりかたをご紹介しましょう。

【1】ホーム画面の中央下にある細かい○がたくさんならんでいるアイコンをタップします。すると、アイコンがたくさん出てきますので、設定をタップします。

【2】設定から『言語と入力』をタップし、続いて『Google日本語入力』をタップします。Google日本語入力の設定画面が開きます。

【3】『ソフトウェアキーボードの詳細設定』という項目をタップし、『入力スタイルの設定』をタップし、開きます。すると、入力スタイルを選ぶことができます。『フリック入力』という項目があるので、それをタップすればフリック入力オンリーの入力設定となります。

iPhoneのフリック入力の設定

iPhoneのフリック入力の設定の手順はとてもシンプルで分かりやすいです。設定→一般とタップで進み、キーボードをタップします。『フリックのみ』という項目があるので、横のスイッチをタップして緑にすれば設定が完了します。

フリック入力のコツ

スマホのフリック入力のコツはどうしたら覚えることができるのでしょうか。フリック入力のコツはいくつかあります。フリック入力は、パソコンのキーボードと同じ構造ではないので、初めは戸惑うことでしょう。

しっかりとコツをおさえ、練習をすれば誰でもフリック入力をマスターすることができます。フリック入力を習得するコツをいくつかピックアップしてみました。フリック入力の練習の参考にしてみてはいかがでしょうか。

フリック入力のスピードを上げるコツ

フリック入力のスピードを上げるコツは、とにかく慣れることが第一です。誰でも最初は遅くて当たり前なのです。無理に早くフリック入力を習得しようとして、焦って入力をすると早くはなりません。

フリック入力のスピードを上げるコツの第一歩は、ゆっくりでいいので、まずは操作になれることが一番のコツです。焦っても意味がないので、少しずつ慣れることが大切です。

キー配列を覚える

フリック入力をすると通常の入力のしかたと仕組みが違うことに気がつくことでしょう。まずはキーの配列を覚えるとコツを掴むことができるでしょう。

スマートフォンのフリック入力のキーの配列は、左上横から「あかさたな」「はまやわら」と並んでいます。よく使う「あ」、「か」「さ」は上と覚えておくといいでしょう。「わ」「ら」などは下と覚えるとキーの配列を覚えやすいでしょう。

さらにフリック入力を早くするコツは、この記事内の『早打ちのコツ』でご紹介していますので、そちらをご覧ください。

辞書登録を活用すると速度が上がる

フリック入力のコツで一番簡単に早く習得できるコツは、辞書登録を活用することです。 辞書登録は、ユーザー辞書とよばれ、自分がよく使う単語を登録しておくことによってフリック入力でも変換の手間を省くことができます。

特に句読点(、)やコロン(:)矢印(↓↑→←)などの記号類は、よく使う方も多いでしょう。自分が変換しやすい単語で登録しておけば、すぐにフリック入力でも変換することができます。辞書登録を活用して自分なりにカスタマイズしてみるのも、フリック入力を習得するコツです。

予測変換も見ながら打つのもコツ

フリック入力は予測変換を見ながら打つのもコツの一つです。最近はGoogleキーボード入力のおかげで、予測変換が進化しています。今までは日常会話レベルの物しかありませんでした。

Googleキーボード入力は、インターネットで流行している言葉や顔文字などを常に更新しているため、話題の言葉や単語、言い回しまで予測変換に表示してくれるので、大変便利です。フリック入力を習得するには、予測変換も活用して変換の数を少なくするのもコツです。

フリック練習アプリを使って練習する

フリック入力をもっと早く習得したい。フリック入力は最初にも述べましたとおり、慣れることが第一です。フリック入力をメモ帳などで練習することも良いことなのですが、フリック入力をとにかく早く習得するコツは、フリック練習アプリ(タイピングアプリ)を使って練習することです。

フリック練習アプリ(タイピングアプリ)は、複数ありゲームを楽しみながら、表示された単語をフリックで入力していくというシンプルな物が多いです。

最初は遅くて慣れないかもしれませんが、次第に慣れてくれば高得点を目指すことを意識します。高得点を取るには、なるべく多く、そして早く入力することがコツとなります。

フリック入力練習にアプリ・ゲーム

フリック入力練習にアプリやゲームもご紹介しましょう。フリック練習アプリのほとんどはゲーム形式であることが多いです。

そのため楽しみながらフリック入力を習得することができます。中でもフリック練習アプリやゲームをピックアップしましたので、ぜひダウンロードして楽しんでみてはいかがでしょうか。

ふりっく(無料/iOS・Android対応)

素早いフリック入力のコツを身につけるなら、『ふりっく』はです。まさにフリック入力の練習のために開発されたアプリで、入力に出てくる単語は1万単語以上もあるので、何度も同じ単語が出てくるということはありません。

入力スピードが速ければ速いほど、ランクが上がりますので、最高ランクである「S」を目指して頑張ってみましょう。また、全国のユーザーと競い合えるチャレンジモードも搭載されています。

チャレンジモードは、100文字を入力するまでの時間を他のユーザーと競い合うモードです。全国もありますので、チャレンジしていくうちにフリック入力のコツを掴むことができるでしょう。

初回公開日:2017年07月09日

記載されている内容は2017年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests