Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月18日

VR開発の手順と流れ/開発費と開発環境とは?|個人で開発は可能?

3Dと2Dのシュミレーション開発がポジションではVR開発の教育機関での利用が浸透して、航空宇宙や建設ITの研究でVR制御として活用されています。VR開発は、目に見えない場所で支えになっています。研究開発のVR要素を中心に、代表的なテクニカルを紹介します。

VR開発の手順と流れ

VR開発の手順と流れ/開発費と開発環境とは?|個人で開発は可能?

VR開発はゲーム機器で私達にとって身近な存在となっており、テーマーパーク用の画像処理技術では3Dから4Dへの進歩は目を見張るものがあります。シュミレーション画像の処理能力はVRプログラム構成要件で、開発種目の違いと計算用スパコンを活用することです。デザインのデータツールはコンシューマーモデルとベンダーと専門機関用のイージーオーダー(フルオーダー)が、販売モデルの大きな違いよりテクニカルスキルとスキルのレベルを比較されます。

基本デザインの設定からVR開発は、最初の作業で基礎デザインとなり研究用では精度の良しあしが分かれます。デザイン設計の対象によって使用目的とバージョンアップの作業数が変わり、軸数値データと開発言語によってテスト時の完成度が決まります。VRでシュミレーションと基礎計算データの作成がしやすいのは工作機械(NCI)用システム言語で、使うコマンド言語はGコードとⅯコードとなっていてCCDセンサーでモデリングのオートデザインも使えるのが特徴となっています。

ゲームとCGアニメ系のVR映像プログラムは、レベルが高いデザイン感性と開発言語の経験もスキルとして必要となります。デザインを各種パターンのモデリングを取り込みデータなしで、言語構築とカラー設定や動画速度を調整することが必要です。デザインのレベルが最も要求されるので、ゲームキャラクターの完成度重視となります。

基本の開発手順

①VRの開発手順はコンセプトごとの違いを理解したうえで、プランニングと設計基準の確定後に作業が開始されます。基本データの内容はデザインと位置データやカラーを確定、VRソフトウェアでベース作成の作業として入力やテストを作業します。つまりAPPレベルの取得と編集や入力、工程作業として入力をすることです。

②デザインの線形や断面とモデリング修正(試作品など)を、VR開発データのインポートとエクスポートとして実施されASPの使用で精度高いタスクへ移行されます。定義づけ若しくは組み込み前のマッチング作業、デザイン確定がKの段階で終わります。

③モデリング(デザイン合成)とシュミレーション生成の作業を行う段階で、ゲームは背景とアイテムの組み合わせもします。セリフがない画像(動画案)と位置データのずれを微妙な補正、データサーバーとテキスト(CADデータなど)はこの段階でテストケースが実施されます。①と②を合わせて属性の設定も並行作業され、VRのDB(データベース)としてAPPレベルの開発構築として初期作業になります。

VRの描画処理と計算処理(ツール設定)

ツール設定は2Dと3Dの編集出力が大きな区別で、2Dは位置データもそれほど大きくないのが特徴です。しかし3D編集は研究開発での欠かせない情報データとなっており、天候や地震の被害シュミレーションとITS(情報交通システム)と防衛装備等の航空宇宙の試作品(モデリングなど)の動画判定にパフォーマンスとして使います。

計算処理は基本機材はネットワークサーバーで大規模開発のDB用のクラウドも、自然災害はDB型クラウドと兆などのスパコン機能を活用します。アニメーション3DではアドビとUNITYもありますが、CADCAM規格のSDKを合わせれば処理作業も問題が起きにくいところまで進歩しています。

VR開発費

開発の予算はプロジェクト内容と開発期間で、大きく予算と開発するVR要素のテクニカル基準が予算を確定されます。研究所でも大学研究の開発予算は国家機関との連携でないと扱えないVRソフトがあり、シュミレーションとGPSデータの共有ソフト(SDKなど)が使えるハードとソフトで2から3千万のソフト代金が必要です。

簡単なシュミレーションと位置データ利用やVRアニメーションも、ソフトの教育モデルを除けばIT補助金の300万目安となります。3DのVRモデルを作成ソフトもものづくり補助金上限3000万から6000万(併用上限の例)で購入される企業もあります。

予算の違い

予算の違いは、官公庁向けか民生用の違いです。細分化すれば研究用の高度な計算を使うパターンと画像処理は最大予算で10倍以上の差が出ます。VR処理機能は開発法人の所有するスパコンセンターなども併用して、電算処理サポート込みとなっており官公庁用と民生用の価格差はかなりあります。

官公庁用のVR技術(基準 3000万 ~ 数億 単位)
・地震シュミレーション
・防衛用コックピット
・管制塔シュミレーション
・産業技術4Dの研究(5Dも含め)
・GPS利用ITSシュミレーション
・交通教育の訓練機材

民生用のVR技術(基準 60万 ~ 1500万)
・CT画像の3D
・建築の強度計算
・施設のイメージング
・モデリング技術
・アニメーション制作
・文化財の修復

VR開発の期間

VRの開発期間は半年から3年以上のプロジェクトとして多くの専門家が参加し、CGデザインとプログラマーやPJ若しくはPMO、上層部の主契約側は研究所などの政府機関と技術企業が持つ研究所担当者と連携作業です。

平均1年以上かけて手順通り作業して、テスト構築のモデリング作業も非常にデバッグ(検証)も行います。機材も数億円の自動運転に関する機材もVRを利用して、製造前のシュミレーション作成も3か月最短と言われます。

VR開発言語

VR開発の手順と流れ/開発費と開発環境とは?|個人で開発は可能?

VR(仮想現実)の開発言語はSDK(ソフトウェア デベロッパー キット)の共有がCAD/CAMやデザインソフトでC言語とUnityソフトやプロ用のアドビ編集ソフトも利用できて、言語非公表でもOSの推奨があれば運用可能となっています。

Microsoft開発対応のPCとMacデザイン用に準備された機種を利用すること、SDKはLinuxOS言語(div)の使用もできます。java言語の使用もMicrosoft開発ソフト経由で使用設定とされていて、プラットフォームの愛称で決まると言っていいです。

開発ツール

VR開発の関係ツールは、計画設計とシュミレーションツール(ソフト)にインターフェイス(I/F)が基本セットになっています。クラウド経由のスパコン計算は研究所と政府官公庁では必要不可欠の設備で、DB解析プログラムがリモートで使います。

VRの解析で最先端は化学技術と構造解析の総合ソリューション、政府用の官公庁専用で使う専門規格に分かれます。数千万から60億以上の予算で3年以上のPJ(プロジェクト)の民間企業参加、開発ツールを再修正も行われることも最近ではよく聞きます。

個人でも開発は可能?

VR開発の手順と流れ/開発費と開発環境とは?|個人で開発は可能?

VRの個人開発は大きなデータを操作しますので、個人でやれるのはアニメーション画像が限度となります。デザインのみのアサインなら可能です。教育用ソフトもあり制限があり練習プラス程度です。動画作成は専用スタジオでの作業用で販売され、3D画像も含めた素材は個人開発の限度と言えます。

VRの描く世界

VR開発の手順と流れ/開発費と開発環境とは?|個人で開発は可能?

VRの技術は開発で多額なコストを予算化され、社会インフレの研究分野でも利用は市場拡大の傾向があります。防災と製造のシュミレーションは働き方と技術者の有りようも変えることに、作業のデータ化でVRとAIやIoTを併用されています。テクニカルの分野ではVRはデザインのみと分析と解析を併用したものが、シュミレーション用のソリューション開発になります。

医療の手術で3D画像(VR)に関する利用で、ダビンチシステムも似た技術としてよく知られています。自動車学校のシュミレーションも金額では、画素数を下げて1000万以内での購入が可能です。細分の解析作業ができるのはシュミレーションで、分析は結果判定のみ1タスク工程を計算するパターンもVRが提供するIT社会化と言えます。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?
転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。
転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

←前の記事へ

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

Latests