Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月18日

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

エリアマネージャーって役職名は聞いた事はあっても、どんな事をする人なのかあまり良く分からない人が殆どではないかと思うのでエリアマネージャーはどんな仕事でどのような存在なのかをご紹介します。知っているようで知らないエリアマネージャーの仕事を詳しく書いていきます。

知っているようで知らないエリアマネージャー

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

エリアマネージャーは全国に店舗があるチェーン店などの地域エリア数店舗の管理、監督、統括をまかされた人の事です。経験豊富な人がエリアマネージャーになり、複数の店舗をまとめている責任者です。運営方針も各店舗ごとに違うのでエリアマネージャーが店長と話し合いながら各店舗の運営方針を決めて売り上げを伸ばして行くという仕事などを担っています。

エリアマネージャーになるには

エリアマネージャーになるには資格よりも経験やその人の持っているスキルが重要視されます。販売員から店長までを経験して評価の高かった人が、エリアマネージャーになります。エリアマネージャーは幅広い知識を用いて店舗の売上を伸ばさなくてはならない仕事なので一つだけ突出して優秀なだけではエリアマネージャーにはなれないのです。

どんな事をするのか

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

エリアマネージャーというのは担当エリアにある店舗を回りながら各店舗の売り上げを管理して、きちんとした運営が出来ているのか監督する仕事です。エリアマネージャーには各店舗の店長と連携を取りながらどのようにしたら売れるか検討し売り上げを伸ばすというのが基本的な仕事です。担当エリア店舗の売り上げがさがったり各店舗の評価が悪かったりするとすべてエリアマネージャーが責任を負います。

店舗を良くする

エリアマネージャーの責任が重い分、自分の考えや計画が店舗に反映させる事が出来ます。店長から店舗周辺の情報を聞いたり、自ら情報を収集して担当エリアの人達の好みを知って店舗の方針を示していきます。店舗をより良いものにして担当エリアに住む人達に選んで貰えるようにします。

コミュニケーションをとる

店舗を運営していれば必ず働いているスタッフとのトラブルなども起こりやすくなります。店長と連携をとりながら、スタッフの要望を聞いて改善できる所を直して気持ち良く働ける環境づくりに努めます。人材を育てて行くというのもエリアマネージャーの大事な仕事の一つです。また、スタッフの採用面接もエリアマネージャーの仕事なので人を見る目も大切です。

売り上げ計画を立てて実行する

在庫を確認して一番なにが売れていてなにが売れていないのか確認をして、収集して来た情報を元に売り上げを伸ばすための計画を立てます。計画を実行した時にお客さんの流れを観察して計画通りに進んでいるか販売状況の確認をします。どのくらい結果が良かったのか評価します。結果が優れない場合はどこが悪いのが分析して次につなげていきます。売る上げ計画を立てるので数字に強く分析力も必要です。

年収はどれくらいなの?

エリアマネージャーは売り上げを上げるために担当エリアにある数店舗をまとめ上げなければならない大変な仕事ですが、担当エリアの店舗の売り上げが伸びたり、店で働くスタッフの評価もあがればエリアマネージャーとしての自身の評価もあがるので、とてもやりがいのある仕事でもあります。

そんなエリアマネージャーの年収は平均どれくらい貰えるものなのかと言いますと、責任の重さと幅広い仕事量を考えてみると勤務年数などもあるのでハッキリとは言えませんが、おおよそ500万~700万円前後です。一般職よりもやや高めな給料設定になっています。大手に勤める優秀なエリアマネージャーだと年収1000万円以上とる人もいます。

店舗をまとめる大切な存在

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

エリアマネージャーは担当エリアの店舗の売り上げ増加を目指す事が主ですが、人間関係の構築にも長けている必要があります。いくら売り上げが伸びても、職場の雰囲気がギクシャクしてしまっては折角の努力も意味が無くなってしまいます。店舗で働くスタッフの指導、教育をするとともにスタッフの要望などにも耳を傾けて働きやすい環境づくりをします。エリアマネージャーは店舗に働くスタッフをまとめて一丸となって売り上げを伸ばして行く為には大切な存在です。

コミュニケーションが大切

いくら情報収集が出来て売り上げ計画が立てられても、実行に移す事が出来なければなんの意味もありません。そこに必要なのは、実現のために働いてくれるスタッフです。働いている職場に不満があればなかなか指示通りには動いてくれません。

そんな時は店長の手には負えない部分の話を聞いて必要であれば改善できるように本社に掛け合って改善へと持って行きます。働きやすい環境が整えば、スタッフも店長と一丸になって動いてくれます。普段からコミュニケーションをとっておく事でトラブルや改善する所に気付く事ができます。

エリアマネージャーの仕事の内容をご紹介してきましたが、エリアマネージャーの仕事の内訳は・店舗を管理する・販売促進の計画を立てて実行する・人材を育てる・情報収集をするといった所がエリアマネージャーの仕事という事になります。

エリアマネージャーの仕事は管理能力と統制力があれば良いというものではなくコミュニケーション能力や情報を収集して分析し売り上げ計画を立て、実行するという事にも長けていなければ勤まらない大変な仕事です。

それだけに、まかされた担当エリアの店舗が自分の立てた計画や指導のもと繁盛店にする事が出来た時の喜びはひとしおです。

仕事の内訳

色んな業種のエリアマネージャー

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

エリアマネージャーは実は色々な業種に存在します。コンビニやスーパー、飲食店、アパレル、介護など多岐に渡っています。支店を抱える大きな会社では各エリアにエリアマネージャーを置く事で数ある店舗をエリアマネージャーに管理、統括させる事でまとまりのある店舗運営をする事が出来ます。

アパレルの場合

アパレルの場合ですと販売促進を考えた時にエリアマネージャーのセンスが物を言います。ファッション業界は常に情報に気を配っていなければ売れる店舗にする事は出来ないので、店舗のレイアウトや店舗のある地域では何が流行っているのか情報収集をして店長と話し合ったり、エリアマネージャー自身が販売スタッフとして参加するなどして、今後の店舗展開と売れる店づくりを率先して目指していきます。

アパレルは店舗一つ一つ店舗ごとの客層にあった商品を提供しなければならないので、柔軟な発想を持って取り組んでいきます。アパレルでは情報収集とセンスを上手く取り入れた売り上げ計画が立てられるかが求められます。

介護の場合

介護のエリアマネージャーは大手の企業が複数介護施設を経営している時に任される仕事です。介護という仕事なので、販売促進や売り上げを目的としたものではなく如何に施設を沢山の人に利用してもらうのかを考える仕事です。

担当エリアの複数の施設を回りながら施設に不備が無いか管理したり、トラブルの適切な解決を本社と連絡を取りながら解決に向けて話し合ったり、施設長と連携しながらより良い介護サービスを考えます。

エリアマネージャーは一通りの経験者がなるものなので、介護のエリアマネージャーも介護士、施設長、施設管理者を経た有能な人がなります。介護の経験があるので、現場での状況の把握が早く介護士とのコミュニケーションも取りやすく人間関係をスムーズにする事が出来ます。

エリアマネージャーに興味を持ったら

エリアマネージャーの仕事とは|年収/役割/仕事内容/業種別の仕事

エリアマネージャーになりたいと興味を持ったら、まずはパートやバイトからでも良いので希望の職業についてみる事をお勧めします。最初から凄い人なんていませんから、まずは基本的な現場から始めてみます。

コツコツ積み重ねて努力していく事が認められて正社員になれば、エリアマネージャーへの第一歩を踏み出した事になります。気を付けなければいけないのは自分に合っているか、希望が持てるようになるべくしっかりした基盤のある会社に勤めるようにするという事です。

エリアマネージャーは大変な仕事ですが、努力しだいで収入につなげられる魅力ある仕事です。転職する時でもエリアマネージャーとしてのしっかりとした実績があれば、有利な条件で転職出来ます。

さまざまな経験を通して、仕事にやりがいを感じられる素敵なビジネス環境を目指しましょう!

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?
転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。
転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

←前の記事へ

VR開発の手順と流れ/開発費と開発環境とは?|個人で開発は可能?

飲み会で使える話題・話題がない時の対策・盛り上げるアプリ

Latests