Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月18日

【業界別】クイックレスポンスの方法(不動産/アパレル/化粧品など)

ビジネスでは、「クイックレスポンスが基本」と聞いて意味を理解していますか?一般的な意味とは別に、業界によって「クイックレスポンス」の意味が違います。このまとめを参考に、一般的な意味と業界用語を覚えて、聞き間違えのない完璧な使い回しをしましょう。

クイックレスポンスとは

【業界別】クイックレスポンスの方法(不動産/アパレル/化粧品など)

ビジネスシーンよく使われる「クイックレスポンス」の意味は、コミュニケーションの取り方のことをいうのが、最も一般的でしょう。

クイックレスポンスは、英語では「quick response」と綴られ、“早い返答・受け答え”を意味します。

クイックレスポンスの効果

ビジネスシーンでは、取引先や顧客だけでなく、上司や同僚へのクイックレスポンスは、信頼や人間関係の構築に大切です。

たとえば、平日に取引先にメールを送ったとします。数日間、何も返事がなかったら不安になります。また内容によっては、ビジネスが滞ってしまうかも知れません。そうなると、ビジネスパートナーとしての相手への不信感につながりかねません。

しかし、クイックレスポンスがあれば、内容はさておき返事があったこと自体に安心できます。相手への質問のメールの返信が、たとえすぐに答えられない、少し待ってほしいなど、期待した答えと違ったとしても、メールを読んでくれたことがわかりますし、検討に入っているなど現在の状況がわかり、安心できます。

クイックレスポンス=良好な人間関係

このように相手を思いやったクイックレスポンスを心がければ、相手からの信頼をうけられ、良好な人間関係が構築されます。ビジネスの基本は、人と人のつながり、つまりコミュニケーションです。

クイックレスポンスは、円滑なコミュニケーションには欠かせないので、ビジネスマインドのひとつとして捉えておきましょう。

上手なクイックレスポンスの方法

【業界別】クイックレスポンスの方法(不動産/アパレル/化粧品など)

先の例では、メールでのクイックレスポンスを挙げましたが、必ずしもメールがクイックレスポンスの適切な方法とは限りません。

電話もひとつの選択肢

ビジネスにおいての連絡手段は、今ではメールに最も頼っています。しかし、メールだと受信して読むまでにタイムラグがある可能性が高いですし、相手がしっかり読んでくれたかどうかわからないことが多いです。

そのため、緊急を要する場合はもちろん重要なことの場合のクイックレスポンスには、電話をすることも選択肢のひとつです。相手も仕事中で席を外しがちかも知れませんが、まずは電話をしてみてからメールをするのでも遅くはないはずです。電話を毛嫌いする人もいますが、相手のことを考えて、思い切って電話をしてみましょう。

相手への配慮が大切

クイックレスポンス自体も大切ですが、その方法はメールと電話があり、どちらにするかは相手への配慮で選択しましょう。
その時の相手の状況、伝えたい内容が相手にとって、自分にとってどれほど重要かよく考えるのが大切です。だからこそ、スムーズなコミュニケーションで、信頼に基づいた良好な人間関係ができるのです。

各業界におけるクイックレスポンス

【業界別】クイックレスポンスの方法(不動産/アパレル/化粧品など)

ここまで、ビジネスシーンでのコミュニケーションにおける、一般的な「クイックレスポンス」について述べました。各業界ではそれぞれ独特の意味を持つ業界ビジネス用語として「クイックレスポンス」が使われていることもあります。そこで、いくつかの例をまとめます。

主にアパレル業界で使われるクイックレスポンス

アパレルを中心にした業界で使われる「クイックレスポンス」は、「QR(キューアール)」と訳される場合が多いです。1980年代に米国で誕生、日本では1990年代に導入された考え方と方法論のひとつです。

最近では、「サプライチェーンマネジメント」と言われることのほうが多くなってきています。アパレル業界において、メーカー、卸、小売店がPOSデータをシェアし、天候や流行に左右さえる売り上げを共有します。これにより、メーカーは生産・供給システムを調整、卸や小売店では機会損失(品切)と在庫リスク(売れ残り)を最小限にとどめるためのシステムです。

これに関連しているのがQRコード

今では、ビジネスでも日常でも広く使われている2次元バーコード「QR(キューアール)コード」は、ドットで作られたモザイク状の四角コードです。これは、「Quick Response Code(クイックレスポンスコード)」が略されています。当初は、メーカーの工場での生産管理のために、1994年にデンソー(現・デンソーウェーブ)が開発したコードです。

不動産業界でのクイックレスポンス

不動産業界における「クイックレスポンス」は、ビジネスシーンでの一般的な意味と同じく“早い返答”を意味しています。土地、建物の売買でも賃貸あっせんにしても、不動産業界はスピードが命になります。

顧客からすれば、一生に何度もない比較的高額な買い物になります。賃貸でもそれは同じです。業者からすれば、競合他社も多い中、いかに顧客のニーズに早く応えられるかがじゅうようになります。

ビジネスの中でも、早さがキーになる業界だからこそ、「クイックレスポンス」という言葉が広告や企業理念に使われたり、屋号にすることも多い業界です。

教育業界でのクイックレスポンス

外国語の学習方法のひとつにも、「クイックレスポンス」があります。例えば、英語を学習しているとしたら、日本語もしくは英語をみて、あるいは聞いて、すぐにその訳を口頭で発するという学習方法です。

頭の中で英語を英語で考えることができれば変換する必要がなく、もっとも流暢に話せます。しかし、中・初級だと、考えるのは日本語で英語に変換して話すことが多くあります。そんな時でも流暢に変換できるようになれば問題がないので、この方法が「クイックレスポンス」が生まれました。ここでは英語としましたが、どの外国語学習でも使える方法で、主に通訳レベルを追求する人に実践的で有効な学習方法と言えます。

化粧品業界のクイックレスポンス

化粧品・薬用部外品の企画開発・製造販売で有名な会社で、「株式会社クイックレスポンス」というところが東京にあります。主にスプレー商品開発が強みで、OEM生産もしています。

「クイックレスポンス」は不動産業界でも会社名で使われますし、商品名に入ることもあります。聞き間違いや勘違いに注意しましょう。

英文メールでのクイックレスポンス

【業界別】クイックレスポンスの方法(不動産/アパレル/化粧品など)

日本語でのメール文章でも、よく「早速のお返事ありがとうございます」という一文を見かけます。英文メールでは、「Thank you for your quick response.」とすることが多いでしょうか。

しかし、いつも同じ表現を使うのは、ビジネスパーソンとしてはスキルが高いとは言えません。「Thank you for your prompt response.」や「Thank you for the quick reply.」としても意味は変わりません。

早い=quick、prompt、返事=response、replyとなります。promptは、「迅速な」という意味合いになり、quickよりも硬い印象です。

クイックレスポンスでビジネスを円滑に! 業界用語との混同に注意

【業界別】クイックレスポンスの方法(不動産/アパレル/化粧品など)

ビジネスシーンでの一般的な「クイックレスポンス」の意味は、“早い返事”になります。クイックレスポンスはビジネスでの信頼や人間関係において、非常に重要です。相手への思いやりを持てば、クイックレスポンスができます。早い返事は、必ずしもメールではなく、電話の方が都合のいいこともあるのを忘れないようにしましょう。

アパレル関係の業界での「クイックレスポンス」は、メーカー・卸・小売店などがPOSデータをシェアして効率的に商品管理をし、利益に繋げていくことを言います。不動産業界ではスピードがビジネスのキーになるので、「顧客へのクイックレスポンス」として一般的な意味で使われます。外国語教育関連では、外国語を見たり聞いたりして対訳をすぐに口に出すトレーニング方法を指します。また、クイックレスポンスは、会社名や商品名の一部としてもよく使われるので、気をつけましょう。

クイックレスポンスのそれぞれの意味を理解して、毎日のビジネスでクイックレスポンスを実践し働く安い環境を自らつくりましょう。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?
転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。
転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests