Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月18日

「シニアマネージャー」はどんな役職か|年収やマネージャーとの違い

「シニアマネージャー」は次長や上席課長にあたり、マネージャー(課長)の上の役職です。年収も高く、求められている役割も高いです。部下無し管理職の場合もあるというシニアマネージャーとはどんな役職なのか、その実態はどうなのかを説明します。

シニアマネージャーとはどんな役職なのか?

「シニアマネージャー」はどんな役職か|年収やマネージャーとの違い

シニアマネージャーとは

最近、会社の役職名にカタカナを使用する会社が多いですが、その中で「シニアマネージャー」という役職を目にしたことがありませんか。マネージャーであれば、ほぼ課長と理解してよいのですが、「シニア」という言葉がついていますが、高齢という意味ではありません。上級や上席の意味になり、シニア人材とは違います。

「課長より少し上位のポジション」ということで、日本の会社であれば次長や上席課長などがこれにあたります。一般的に、単なる課長職よりも経験豊富で、より重要な役割を担っていると考えていいでしょう。

部長は、ゼネラルマネージャーやディレクターと呼ばれることが多く、部長の下で部門の重要な業務を統括したり、特命業務を担当したりすることも多いです。

役割、雇用形態

シニアマネージャーの役割は、非常に高度なものになります。マネージャーの上の役職ですので、マネージャーよりも重要な業務を担当します。営業職ではマネージャーより高い営業成績が求められます。

本社勤務であっても、大きい成果が求められます。シニアマネージャーのようなカタカナ役職を使う企業は、外資系企業等の成果主義的な会社が多く、これも関係していると考えられます。雇用形態は、通常正社員であることが多く、外資系企業でよく使う役職であることからキャリア採用社員や契約社員等もあります。

シニアマネージャーの年収

シニアマネージャーの年収は、一般的には非常に高い部類に入ると言われています。シニアマネージャーの年収に関する正確なデータは公開されていないようですが、外資系コンサルティング企業や外資系IT企業、金融系の会社等では、年収1000万円を下回ることは少ないでしょう。

高い役職になりますので、求められている役割も高いですが、報酬もそれに沿ったものになっています。皆が憧れる存在なのかもしれませんが、当人のそれまでの努力や経験、職歴など、相当なものが無ければシニアマネージャーとして採用されることはないでしょう。また相当な激務を想定しなければなりません。

シニアマネージャーに求められる能力 

シニアマネージャーに求められる能力は、非常にハイレベルなものとなります。担当分野の業務に関する長い経験やキャリアが必要です。「同じ業界の有名企業に数年勤務し高い評判を得た」「即戦力になる技術や能力を持っているか」等、要求レベルは非常に高いものになります。

シニアマネージャーになってからは直近かつ継続的に成果を求められるため、リーダーシップやコミュニケーション能力も必要です。また、特定分野に関して非常に精通している必要もあります。

結果や成果をすぐに出せる能力・激務に耐えられる体力と精神力・相手と対峙して協力を得る対人力など、高い能力が求められます。また能力の維持向上のため、自ら費用をかけて自己啓発をする人も少なくありません。

シニアマネージャーは管理職

シニアマネージャーには、管理職であるという側面もあります。上司の指示に従い、複数の部下を纏めていかなければなりません。時には、上と下から板挟みになってしまうこともあるでしょう。上司の無理な要求をかわし、部下の心を掴めればいいのですが、上手くやれない人もいるでしょう。

決まり事などで締め付けが厳しくなっている会社も多いでしょうから、シニアマネージャーの苦労は増える一方なのかもしれません。

しかし、ラインのゼネラルマネージャーやラインのマネージャーは部下を抱えますが、会社によってはシニアマネージャーには部下がいない場合があります。

近年、日本企業の年齢別従業員構成が崩れ、部下を持てない管理職が急増しているためシニアマネージャーの多くが部下を持たない「一匹狼」となるケースもあるのです。この場合であっても、シニアマネージャーは、孤独に耐えながら求められた成果を出す必要があります。

しかしたとえ一匹狼であっても、シニアマネージャーには長い経験と豊富な知識があるため、部下がいなくとも多くの成果を出すことができるのでしょう。

シニアマネージャーが抱えるプレッシャー

「シニアマネージャー」はどんな役職か|年収やマネージャーとの違い

これまで説明したようにシニアマネージャーは、高い成果・管理職としての立場・キャリア維持のための自己啓発・リーダーシップやコミュニケーション等、多くのものを要求されるため、非常に大きなプレッシャーを抱えている人が多いといえます。

部下がいない、協力してくれるメンバーがみつからないなどで孤立してしまう人もいるでしょう。中には、この大きなプレッシャーに押しつぶされてしまう人もいるでしょうし、プレッシャーを抱えこんだままストレス解消ができない人もいるはずです。やりがいも報酬も高いですが、強いプレッシャーがあるのが現状でしょう。

シニアマネージャーの残業や勤務実態

一般的なシニアマネージャーは「成果主義」であるため、通常残業代がつくことはほとんどありません。最近は「働き方改革」などにより残業を減らすよう会社から呼びかけがあるかもしれませんが、シニアマネージャーにはあまり関係がありません。

高い成果を求められているため、自然と残業が増えてしまうのでしょう。高い成果を出せば出すほど、報酬アップにも繋がります。多くのシニアマネージャーが長時間残業や休日出勤を重ねているのが実態なのです。

シニアマネージャーの年齢

シニアマネージャーの年齢は大体30代から50代が多いです。外資系企業では、30代のうちにシニアマネージャーになることも多いですが、国内の企業では50代の人もいるでしょう。しかし中心は40代で、働き盛りのサラリーマン世代といったところでしょうか。なにぶん激務なので、精神面や体力面をあわせて考えるとこの世代になってしまうのでしょう。

シニアという言葉から、高齢をイメージする方もおられるかもしれませんが、上級や上席、上位のという意味で使われています。むしろ、若い世代の役職ということになります。

シニアマネージャーのイメージ

「シニアマネージャー」はどんな役職か|年収やマネージャーとの違い

シニアマネージャーのイメージはどのようなものでしょうか。「高いスーツをスマートに着こなし、ハードワークをこなすサラリーマン」というイメージを持っている方もいるはすです。バリバリ仕事をこなし、高級取りで、身だしなみもしっかりしたエリートサラリーマンというのが世間のイメージではないのでしょうか。

新しい時代のサラリーマンのイメージと合致するかどうかはわかりませんが、「現代の都会のサラリーマンの一つの典型」であるともいえます。

名称が似た役職

外資系でよく使う、シニアマネージャーと名称が似た役職についても少し考えてみましょう。

・エリアマネージャー
・マネージャー
・ディレクター
・ゼネラルマネージャー

等、数え上げたらきりがありません。エリアマネージャーは業種によって様々ですが、通常、地区や店舗の統括や管理等の仕事になります。マネージャーは課長、ディレクターまたはゼネラルマネージャーは部長と理解しておけば間違いないでしょう。 

シニアマネージャーという役職を使う企業

外資系コンサルティング会社や外資系IT企業等の外資系企業は、シニアマネージャーという役職をよく使います。また、海外展開している会社でも、この役職を使うことがあります。国内企業であっても、実は英語の役職が定められていて、次長や上級課長等が「Senior Manager(シニアマネージャー)」ということはよくあります。

やりがいと報酬が両立した憧れの役職

「シニアマネージャー」はどんな役職か|年収やマネージャーとの違い

シニアマネージャーには様々なプレッシャーがありますが、やはりやりがいと報酬の両方を併せ持った憧れの役職といえます。働き盛りの年代にしかできない役職ですし、責任もありますが、頑張った分だけのリターンもあります。

場合によっては、更に昇進して「ゼネラルマネージャー」や「ディレクター」への道も開けます。たとえ部下がいないために成功を共に喜びあえるメンバーがいなかったとしても、これまでの経験を生かして自信と誇りをもって仕事ができる、とても輝かしい役職なのです。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?
転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。
転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests