Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月18日

マイクロマネジメントとは/弊害/上司との付き合い方/対策

過度な部下への干渉により職場の崩壊も招く恐れがあるマイクロマネジメント。上司の細かすぎる指導に反感を持つ人も多いのではないでしょうか。今回はマイクロマネジメントによる弊害や、その対策法などをまとめました。より良い職場の人間関係を築くために是非読んでみて下さい。

マイクロマネジメントとは

マイクロマネジメントとは/弊害/上司との付き合い方/対策

マイクロマネジメントとは、上司が部下の業務に過度な監督・干渉を行うことです。パワーハラスメントのひとつにも数えられ、様々な弊害をもたらす問題行動です。マイクロマネジメントを行っている上司は、そのことになかなか気づかないことが多く、問題をさらに悪化させてしまいがちです。
大局的に物事を見ることができ、権限譲渡もスムーズに部下に移行できるマクロマネジメントに対して、些細なことも極端に管理し、意思決定の全てを自分で行うなど、リーダーシップの取り方について、否定的な意味で言われるのがマイクロマネジメントです。

マイクロマネジメントの例

マイクロマネジメントとは/弊害/上司との付き合い方/対策

上司が部下を管理・監督することは一般的には通常の業務です。しかし、それが行き過ぎた行為にまで及ぶとマイクロマネジメントになってしまいます。それでは通常のリーダーシップマネジメントと、マイクロマネジメントの境界線はどこにあるのでしょうか。いくつかの例を挙げて紹介します。

指示系統を無視してすべてを把握したがる

例えば管理職である上司が、新人社員に対して、教育担当がいるにもかかわらず、直接指示指導することはマイクロマネジメントにあたります。教育係である部下のマネジメントも含めて、管理職のリーダーマネジメントなのですから、本来は教育係、もしくは直属の部下を通して指示をすることが望ましい形態です。良かれと思って指導しているケースが多いとは思いますが、大局的に考えれば、指示系統を乱す行為はリーダーがとるべき行為ではありません。

部下の業務や行動を過度に細かく管理する

例えば、取引先にメールでアポイントを取るという指示を出した場合、そのメールの文章や内容にまで指示を出したり、自分の言葉を押し付けたりするのも、マイクロマネジメントと言えます。部下の言動や仕事のやり方を信用していない表れとも言えます。

自分の経験・成功談を強要する

OJTプログロムが組まれていたり、組織の教育指針があるにも関わらず、自分の成功例を強要することもマイクロマネジメントにあたります。新人社員や部下に対して、参考になればという思いから体験談を伝えることはよくあると思います。それは経験者の貴重な意見ですので、悪いことではありません。しかし、全ての人が同じ方法で成功するわけではありませんので、行動ややり方まで強要するのは行き過ぎた指導といえます。

物事の本筋ではない些細なことまで指示を出す

会議のメモの取り方、企画書のデザイン、稟議書の書き方など、事細かに教育をする上司をよく見かけます。部下の些細な行動や仕事のやり方まで、把握しておきたい気持ちの表れかと思われますが、管理、教育を思うばかりに何が重要なのかわからなくなっている例です。会議のメモの取り方よりも会議の内容の方が重要ですし、書類作成では必須事項以外はその人のセンスです。何より提出先により正確に伝わるかが重要なはずです。
中には、出退勤まで逐一管理している上司もいますが、勤務時間の捉え方、考え方はフレックス制やインターバル制度などを見ても、時代と共に変化しています。重要なのは時間の使い方であり、時間そのものではありません。

なぜマイクロマネジメントに陥るのか

マネジメント能力とは、目標を達成するために、業務や数字などの物理的管理を行う目標達成能力と、スタッフのモチベーションを上げ、生産性を上げるための集団維持能力だと言われます。この集団維持のために、人の管理をすることは当然のことです。しかし管理することが目的ではなく、モチベーションを上げるための管理のはずが、行き過ぎた管理により、いつしか管理、規制することが目的になってしまい、その結果、部下のモチベーションを下げ、生産効率を落とすなどの、逆効果になってしまっているのマイクロマネジメントです。

陥りやすい管理者の誤解

上司が部下を管理するのは当たり前だという人も多いかと思います。上層部からも管理責任を問われる中間管理職ではなおさらでしょう。管理することが悪いことではなく、なんのための管理なのかを再認識することがマイクロマネジメントに陥らないために必要な事です。
部下の能力を最大限に発揮させるために、モチベーションを上げるにはどうしたら良いのか。メールの文章にまで指示をするなどのマイクロマネジメントの行為は、部下のやる気をなくさせ、成長を妨げます。管理することを目的にしてしまっているので、このような些細な事さえも、自分の思い通りにさせようとしてしまいます。管理することは目的ではなくて手段であり、本来の目的は業務の効率化を上げるために、部下のモチベーションを上げることです。
自分の指示通りやった方が早いとか、確実だという上司を見かけますが、本当にそうでしょうか。それでは何人いても一人分の効率しか生み出しません。部下を信頼し、その部下が失敗したとしても、それを糧にさせて成長させることこそがマネジメントの真意なのではないでしょうか。

マイクロマネジメントの弊害

上司がマイクロマネジメントを行うことで、いかに支障をきたしているのかを認識するために、マイクロマネジメントが引き起こす弊害をまとめてみました。

部下のモチベーション低下

上司のマイクロマネジメントによる過度な指示は、部下のやる気を削いでしまいます。些細な行動まで管理されることで、自分は信頼されていないと思うようになり、職場での存在価値を見い出すことができなくなくなってしまいます。
仕事に対して高いモチベーションを持つためには、任された仕事に自信を持ち、自分で考えて業務を推進することで、仕事へのやる気も高くなり、モチベーションを高く保つことができます。しかしマイクロマネジメントにより、自分のやり方や考え方は一切反映されず、上司により、すべての業務が細部にまで指示をされると、自分で考え、工夫して仕事をすることができません。言われた通りやるだけの状態になってしまい、仕事への意欲も低くなってしまいます。

部下の成長を妨げる

マイクロマネジメントを行う上司の下では、部下は自分で考え、自発的な行動が出来なくなってしまいます。このような状況では、部下は自信をなくし、自主性や自立性が低下してしまいます。その結果、自分で判断する機会を喪失してしまうことになり、次のリーダーとして育つことが出来なくなります。
キャリアを構成していく過程において、自らの判断で成功、失敗を繰り返すことが、問題の解決策や目標達成能力を養うことになっていきます。しかしマイクロマネジメントにより、その機会が失われると、仕事への責任もノウハウも学ぶことが出来ず、マネジメント能力さえも学ぶことが出来なくなってしまいます。

チームを崩壊させる

マイクロマネジメントが行われている職場では、上司の顔色を窺い、イエスマンでいる事しかできない環境が生まれます。このような状況下では、仕事へのやる気もなくなり、自分の成長が見込めないことから離職率が高くなってしまいます。
また、日々行われるマイクロマネジメントにより、細部に至るまで指導を繰り返されると、上司に対して不信感を抱くようになります。上司への反感が職場への反感となり、最悪のケースでは退職者が増え、集団を維持していくことが出来なくなることさえあります。

業務のマンネリ化と業績低下

マイクロマネジメントにより、上司の仕事のやり方だけが正しいと固執してしまうと、部下が自ら工夫して業務を行うことが出来なくなり、自由な発想や創造性が阻害されます。それは業務のマンネリ化に繋がり、チーム全体のやる気を削いでしまうことになります。その結果、組織全体のパフォーマンスが低下し業績の低下を引き起こすことにも繋がります。
過剰な管理・指導は、短期的には成果が上がることがあります。しかし長期的に見ると、部下の成長を妨げ、モチベーションを下げてしまいますので、組織の脆弱性をもたらすことに繋がります。マイクロマネジメントは、それを行う上司自らの生産性も下げ、長期的に組織全体の目標達成をも困難にすることになってしまいます。

マイクロマネジメントする上司との付き合い方

それでは、マイクロマネジメントをする上司に対して、どのように付き合えばよいのでしょうか。一般的には、マイクロマネジメントは、部下が上司から信頼を得ることが、もっとも効果があるといわれています。
まずは、上司のやり方、考え方を理解したり、行動パターンや思考パターンを認めたりすることから始めましょう。上司、部下の関係であっても、人間関係は人と人のコミュニケーションが重要です。反感を持っても顔に出す前に、相手を理解することから初めて信頼関係を築くことが重要な課題です。

マイクロマネジメントの対策

マイクロマネジメントは、自分にも組織にとっても、大きな弊害をもたらすことを述べてきました。次にマイクロマネジメントへの対策法にはどのようなものが考えられるか、それぞれの立場から考えます。

上司がマイクロマネジメントを行っている場合

マイクロマネジメントをする上司は、自分の中にあるルールが絶対だと思っています。部下の考え方を信用しておらず、自分のやり方によって仕事をさせようとします。その良し悪しを考えたりやプレッシャーを感じたりしながら仕事をすることは、大変なストレスになります。
そこで、部下のとるべき対策としては、いい意味で割り切る考え方が必要です。上司の指示を予測する。上司のやり方を覚える。上司が求めるであろう要望を叶える。そのような対応が出来れば徐々に上司からの信頼も増し、マイクロマネジメントのストレスも軽減できます。
また、上司への報告、連絡、相談を徹底することも大事です。マイクロマネジメントをする上司は部下の行動の全てまで把握したがります。事前に報告することで上司を安心させることができますし、その都度支持を仰ぎ、仕事を進めた方が後でやり直しになる危険を防ぐことができます。
上司とうまく付き合い、相手に自分を信頼させることも、マネジメントの一環です。今後のキャリアにも活かせることですので、不平、不満があったとしても、表に出さずうまく動かしてやろうと思うくらいの強さも、ビジネスの社会では必要な事です。ただ、どうしても限界を感じたら、無理をしないで転職を考えるのも手段の一つです。心や身体を壊して自分を犠牲にしてまで組織に殉ずる必要はありません。

自分がマイクロマネジメントしないために

マイクロマネジメントが、組織や部下に大きな弊害を生むことを理解しても、自分がマイクロマネジメントをしていることに、なかなか気づかないものです。マイクロマネジメントにならないために重要なのは、部下を信頼することです。失敗を恐れて指示することは簡単ですが、部下の成長を願うなら失敗も大事な経験です。失敗することを想定して準備を怠らなければ、失敗させないように事細かな指示指導をするよりも、長期的にはリスクにならないものです。
リーダーシップマネジメントを構成する要素である、目的達成能力「Performance function」と、集団維持能力「Maintenance function」の必要性を理解し、組織の全体の目標達成のために、より効率的にマネジメントするためには、自分はどのようなリーダーになるべきか、今一度熟考することが重要です。

自分がマイクロマネジメントを行っていないか

マイクロマネジメントとは/弊害/上司との付き合い方/対策

マイクロマネジメントをしていないか、マイクロマネジメントに陥る傾向はないかなどを、チェックするための項目をまとめました。以下のような考え方や行動がある人は要注意です。

1、全ての部下の行動は把握しておきたい
2、自分の知らない話を部下がしているのは不安
3、新人やアルバイトに至るまで、全てのスタッフに教えたい
4、日報、月報、進捗報告など、逐一報告してもらいたい
5、部下が顧客や取引先とコンタクトを取る時は、その内容が気になる
6、部下が社外、社内に関わらず発信するメールには、自分をCCに入れるようにしている
7、仕事は部下にやらせるより、自分がやった方が早いと思っている
8、自分ならもっと効率よく仕事ができる方法を知っている
9、稟議書や報告書などの社内書類は、全て自分が作っている
10、部下の失敗は、自分の評価を下げることになるので心配
11、部下がミスをしたときは2度としないように厳しく指導する

マイクロマネジメントをなくすためには

マイクロマネジメントとは/弊害/上司との付き合い方/対策

マイクロマネジメントは、多くの弊害があり、やめた方が良いのはわかっていますが、そもそも自分がマイクロマネジメントをしていることに気づかないケースが多いので、なくすことは大変困難です。上司は自分の経験から良かれと思って部下を指導している場合が多く、決してすべての人が部下を困らせる目的でしているわけではありません。
マイクロマネジメントの問題は、人と人のコミュニケーションにビジネスが絡み合った問題です。人間関係の構築に関する問題は、職場の上司と部下だけではなく、親と子、先輩と後輩、夫婦、兄弟など、日常生活でも同様なことが言えます。力や立場で人を管理するのではなく、信頼関係で関係構築を築くことが望まれます。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?
転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。
転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

←前の記事へ

仕事が終わらない人のダメな仕事方法|期限に終わらない理由と対処法

良いプレゼンの特徴

Latests