Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

仕事を頑張れば会社に評価を求めます。そして、会社は会社のことも考えつつ社員の将来も考え人事異動という発令をします。必ずしもそれを言い渡された者は理解できるとも限りません。この異動辞令とは一体何なのかそしていつそれが行われるのか。いろいろな角度から考えてみます。

異動辞令とは

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

異動とは

まずは「異動」という言葉について考えてみます。この2文字、一般的にはサラリーマンの世界で使われる言葉で言い換えば若干ニュアンス差はありますがわかりやすい言葉では「転勤」という意味によく使われます。

ですが、異動辞令は転勤だけでなく同じ拠点内での部署の配置換え等すべて含む用語です。転勤は多く種類のある異動のうちのひとつです。この「異動」は「移動」と意味が違い「(現在と)異なる業務になる」ことを言うことが多いです。

ここで一点捕捉させて頂きますが、業務内容や等級が変わっても異動には該当はしません。例えば、同じ営業部内で内勤(デスク業務等)から外勤(実際のの営業担当)に変わったとします。これは部署内の変更でありその部署のトップ、例えばこの営業部であれば営業部長の権限で人事考査を行うことなく命令を出せるルールです。これを「服務指定」と呼びます。

辞令とは

異動があるときに異動辞令が発令されますが、では辞令とは一体何なのでしょうか。辞令とは会社が社員(従業員)に対し異動の意向を伝えるもので、その種類は「異動」「採用」「昇給」「昇格」など多く存在します。企業等によって異なりますが辞令が出される前に一般的には1週間から1か月前に「内示」というものが本人に伝えられます。辞令内容が確定したため会社から事前通知が行われるわけです。

これは、辞令を受ける社員(従業員)が新しい職場の下調べや仕事の引継とかのいわゆる異動に伴う準備ができるように会社から告げられるものです。しかし会社にもよりますが通常は原則口外禁止とされています。そういう観点から考えると単に心の準備をするためのものであるという考え方もできます。

内示は辞令に準ずるものでありながらも口頭で伝えられることがほとんどで書面による通知はないことが多いです。多くは上司に別室等に呼ばれて通知されるなどといった方法がよくとられます。逆に正式の通知でもある辞令は書面交付での発令が多いです。

異動辞令はいつ出される?

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

辞令には着任日と命令日がある

では異動辞令はいつ発令されるのかということです。転勤を例にとってみます。そもそも辞令交付が行われるのは現職場なのか新天地なのかという疑問が湧きます。ですが着任日ではなくその前日付けで出されますので現職場ということになります。よって現在の職場での最終日に当たる着任日前日付けで現職を解き当日付けで着任を命ぜられます。

すなわち、着任日付けで前日に公布されるということになります。本項は転勤を例にとって進めましたが、転勤以外の事例でも考え方は同じです。

異動辞令の多い時期

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

異動辞令が多い月

この項では異動にもいろいろ種類がある中転勤についてみていきます。まず結論から言いますと多くの会社で辞令発令が一番多いのは7月です。夏季休暇を控えた7月であるのにこれは意外に思えますが、業種はあまり問わず7月に異動辞令が多く交付されています。

では参考までに、2番目に多いのは10月です。中途半端な気もしますがそれにはやはり理由があります。

普通に考えると、4月ではと考えますがこれは意外にも年で一番少ないようです。

7月と10月に異動辞令が多いのはなぜ?

企業は事業計画など管理的な区切りとして1年を上半期下半期に分けて経営を行うため年度始まりが4月であることが多いことから、この場合上半期は一般的には4月から9月を指し、下半期は10月から3月を指します。翌半期に入るときに事業計画等の見直しが行われます。

それに合わせて早めに人事異動を済ませておこうという動きがあるため7月に異動辞令が発令されることが多くなるわけです。7月に対し10月はというとその定期人事に間に合わなかった異動を行い下半期の事業運営に間に合わせようとする考え方から行われています。

では、4月がなぜ異動が少なくなるのか。この4月という月は新卒採用等の発令があり、それに伴い新入社員の研修や新入社員各人の総務的各種手続きが集中する等業務が多忙になるため既存の社員(従業員)の人事が行われることが少なくなるのです。

異動辞令が出た際の挨拶

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

どのタイミングで誰に挨拶するべきか

異動が会社から告げられて本人がそれを意識しなければいけないのは事前通知である内示のときです。内示とはいえ人事考察により決定された事項であるので異動辞令と同様に覆ることはありません。異動辞令の中身が自分の本意でないことも当然あります。

それより、その異動に至ったことに対し、いの一番に挨拶をするべきは現在の上司です。異動に至った経緯や事情には表もあれば裏もあります。しかし、陰で上司が動いてくれていたことに違いはないのです。会社の仲間はその次にするのが筋です。

ただし、気を付けておくべきは通常内示を受けたことは会社にもよりますが口外禁止にされていることも多いからです。言ってみればトップシークレットです。内示の公示が可能であっても周囲にべらべら喋るのも品がありません。信用のおける一部の者に伝える程度にとどめておくべきです。

この異動人事の時期が近づくとただでさえ職場内は落ち着かない空気が漂っていて、社員(従業員)たちの多くは浮足立っている状態なので、どこかで情報が洩れようものならたちまち噂となって良いも悪いも広がってしまいますから注意が必要です。

挨拶は辞令を受け取った現職場の最終日でも十分です。通常辞令が渡された後今までの部署内では朝礼や終礼時等のミーティングの場で一言二言は喋るシーンはあるためです。
自拠点内の関連他部署へは一般的には辞令発令後上司が一緒について回ってくれたりもします。とりあえずは挨拶としてはこれくらいで十分です。おそらくその数日後には送別会があるでしょうから、ひざを突き合わせて話すのはその時でも問題はないです。それまでに挨拶を行っておくべき相手だけ押さえていれば慌てる必要もありません。

異動辞令は拒否出来る?

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

異動辞令も内示も業務命令です

異動辞令は転勤であれば新天地への着任の前日になります。そのようなときに本意でない旨等で会社側に異動辞令を拒否しようにもそれは無理なことです。前日だからではなく、内示を受けた時点から異動を拒否することはできません。これは会社からの命令なのです。

「こんな会社なら辞めたい」と言っているのと同じくらいの重みのある発言になります。それを就業規則に織り込んでいる会社もあるくらいです。

会社は社全体を見通して適材適所や当人能力を勘案した上で決定しており、土壇場で一人の人事が覆ることにより全体の人事に影響が出てしまいます。その場合、いわゆる「ごね得」はありません、「ごね損」にしかなりません。もし覆すためにごねるのであればそれ相応の覚悟をもって行うべきです。

異動辞令は自分の評価と考えよう

異動辞令はいつ出される?|異動辞令の多い時期と出た際の挨拶

これまで異動についてみてきましたが、確かに異動辞令の中身が腑に落ちないこともあります。ですがそれは会社全体を視野に入れ多くの考査項目を通過し選ばれたわけですから、腑に落ちないというのは本人が個人的に嫌だなと思う私情です。社全体の人事の歯車の中に組み込まれたのですから誇らしいことなのです。

会社は個人の意見を聞いての人事などは行いません。異動辞令とはその人を適材と判断し認めた上で適確に判断され発令されるものです。

そう考えれば異動後は、職場も違う、仲間も違います。もちろん転勤ともなれば通勤ルートも通勤時間も変わってきます。これには慣れるしかないのですが、会社は新天地で能力を発揮してもらえるものと期待をされています。

そう考えればこれは会社が認めた評価と言っても過言ではありません。そう考えれば新しい職場へは胸を張って出社できます。次に待つステップのためにも、その異動辞令に感謝し自信をもちましょう。

Latests