Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月11日

求職票とは?|求職票の自己PRと長所の書き方・ハローワーク/大学

就職や転職などをお考えの方は求職票を書いて提出するいった機会があるでしょう。求職票は就職や転職への第一歩です。この記事では求職票とは何か、自己PRや長所を書く際のコツや流れを紹介します。コツや正確な書き方を知ることで貴方の求職票は魅力的なものになります。

求職票とは?

求職票とは?|求職票の自己PRと長所の書き方・ハローワーク/大学

就職や転職は貴方の人生にとても大きな変化をもたらすものです。就職や転職を考えて行動に移そうと思ったとき求職票を作成し提出することは、自分の人生に大きな変化をもたらす為の第一歩と言えます。この記事ではそんな求職票についての事や、その書き方についてお伝えします。

求職票について具体的に知りたい。

求職票とは?|求職票の自己PRと長所の書き方・ハローワーク/大学

求職票とは求職活動を行うにあたり、貴方が希望する仕事や労働の条件などを書き込み、提出する書類の事です。求職票を提出し、受理されると求人情報の紹介を受けられます。主な提出先としてハローワークなどが挙げられます。

こんな時にも求職票!

求職票は求職活動のために作成し提出するものですが、実は失業保険を受け取るために必要な書類でもあります。失業の理由は人それぞれ違うものですが、多くの人が失業保険を受け取ります。そんな失業保険の申し込みをされる前に、渡される書類が求職票です。

なぜ失業保険をもらうため求職票が必要なのか

なぜ失業保険を受け取るために求職票が必要となるのでしょうか。

それには失業保険を受け取るための要件が関係しています。その要件とは”失業の状態にあること”です。失業保険を貰おうとしているのだから失業しているのは当たり前、求職票と何の関係があるのか、と思われる方もいるでしょう。しかし失業保険を受けるための要件である”失業の状態にあること”とは単に職を失うことではありません。

積極的に就職する意思がある
いつでも就職できる能力がある
積極的に就職活動を行っているにもかかわらず、就職に就く事が出来ない

出典: http://koyou.tsukau.jp/article5/mousikomisho.html | http://koyou.tsukau.jp/article5/mousikomisho.html

この3つの点を満たすことを”失業の状態にあること”としています。この要件を満たしている、”私は失業しているだけではなく仕事を探しています”という現状を申告してもらうために求職票が必要となります。

提出先によっての求職票の書き方

求職票とは?|求職票の自己PRと長所の書き方・ハローワーク/大学

ここからは提出先によっての求職票の書き方について紹介していきます。”提出先によって”なんて書いてはいますが、求職票の書き方自体にはほぼ違いはありません。ですから、難しく考える必要はありません。

ハローワークへ提出する求職票

ハローワークに求職票を提出する時に、もし貴方が退職したのち求職票を提出するといった場合には、退職した理由を聞かれることとなります。これは、退職の理由が、”貴方の都合上でのもの”なのか、”会社側の都合上のもの”なのかといったことを明確にするためです。

「あまり理由を説明したくない」と思われる方もいらっしゃいますが、ハローワークとは求職者に対して、就職の支援を行う場所です。理由を聞かれるといっても、そのことについて掘り下げてくることはなく、その理由を咎められるなんてことは勿論ありません。そのためあまり気負う必要はありません。


記入する内容は?

求職票に記入する内容は

1、氏名や住所などの基本情報
2、雇用形態や月収などの希望条件
3、学歴や、資格、免許など
4、今までの業務の経歴
5、退職理由

などです。希望する仕事が、はっきりと決まっていない場合はハローワークの職員さんと相談しながら、貴方に合った仕事の希望条件などを決めていくことができます。退職理由については簡潔に書いても問題ありません。

また業務経歴などは、単に”事務”や”経理”などと記入すると一緒くたにされてしまいますので、その中でどのような事をしていたか、どの程度の仕事をしていたかなどを記入します。記入忘れや間違いがないかのチェックも忘れないようにしてください。

大学へ提出する求職票

次は大学に提出する際の求職票についてです。大学に提出する求職票は進路希望の調査のようなものとなっています。退職理由の項目がなかったりと、所々での違いがありますが基本的な書き方はハローワークに提出する求職票と同じです。

また、大学を介して企業へと就職するなどの場合以外では、大学内で資料として保管されたりと、ハローワークに提出する求職票とは多少の違いがあります。

履歴書の書き方と似てる?

求職票の書き方と履歴書の書き方とでは、細かい項目の違いはあれど大した違いはありません。なので、求職票の書き方のコツなども履歴書と共通した部分が多いです。ただ求職票の場合は後に転職をする場合などを考えて、適当に書くのではなく正確にキチンと書くことが大切です。

求職票~書き方のコツ~

求職票とは?|求職票の自己PRと長所の書き方・ハローワーク/大学

これは求職票だけではなく履歴書などにも言えることですが、これらは書類という媒体に”映した”貴方の分身のようなものです。会社などの相手側に、貴方のこれまでの学歴や職歴、所有している資格などの事実に加えて、貴方から発信する自らの”長所”や”PR”や希望する労働条件などを伝える大事な役割を担っています。

求職票などの媒体から、貴方の魅力や可能性の全てを完璧に伝えるのは難しいものですが、書き方やコツによって少しでも多くの事が伝えられるように出来ると可能性は広がります。

文章で伝える難しさ

身近なものでいえばメールやLINEなどのやり取りなどは、文章で自分の伝えたいことを表します。その中で、自分の伝えたい事が思わぬ形で相手に誤解を与えたり、違うニュアンスで伝わってしまったりして、問題が起こってしまうことがあります。

求職票の場合、氏名などの基本情報や希望する労働条件など項目により書くことが決まっているものは、書く内容に悩むことはありますが、書き方自体に困ることは少ないです。ただ自分の”長所”や”PR”となると話は変わってきます。

自分の”長所”や”PR"を書く場合、自らを客観的に見極め、文章として書き起こさなくてはいけません。書いた”長所”や”PR”は、もちろんながら見る”相手側”がいるので、その書き方によって与える印象が変わります。文章として成り立っていない書き方や、結局何が伝えたいのかわからないような書き方では良いイメージを与える事ができません。

相手側からみた”自己PR”や”長所”の意味って?

会社などの相手側は”自己PR”や”長所”を見て、貴方がどのような人材なのか、自分の事をどれだけ分析できているか、長所やPRしたことを実際の仕事ににどのように活かしてくれるのか、などを判断しています。

目上の人に対する会話の仕方がなっていない人間が、「私は礼儀を弁えた人間です」といった主張をしても説得力がありませんし、この人は自分の事をキチンと理解していない人間だと思われてしまいます。

ですから、自分の魅力を客観的に見極めることが非常に重要となります。貴方が主張したPRや長所の部分が実際の仕事に活かされた時、これらは貴方の強みとなり自信にも繋がります。

いざ自己PR!

自己PRの書き方の流れは以下の通りです。

結論(貴方が伝えたいPRポイントを明確に)→結論に関連づけたエピソード→今後の目標

初めに、貴方が伝えたい結論(PRポイント)を明確に伝えます。これにより伝えたいPRポイントが曖昧になることを防ぎます。次に、経験や知識などを基にしたエピソードなどを書いていきます。結論(PRポイント)に関連付けたエピソードをなどを交えることで、説得力が生まれます。そして最後に結論(PRポイント)を今後どのように活かしていくのかを書きます。

このような自己PRの書き方は基本的なものです。これに書き方の工夫を行うことで貴方の自己PRをより魅力的で伝わりやすいものへと仕上げることができます。そのためには書き方の”コツ”を知らなくてはなりません。

様々な自己PRのコツがあります

求職票の書き方のコツを知れば表現にも幅が出て、印象に残る自己PRが書けます。

例えば、「以前〇〇をしていた」「〇〇を達成した」といったことを書くときの場合です。こういったときに数字を使って「3年間〇〇をしていた」「30人中で4位の〇〇を達成した」と表現します。これによりエピソードの内容を濃くして自己PRにいっそうの説得力を持たせます。

他にも、エピソードに会話文を入れる書き方のコツがあります。会話文は括弧で括るため、文中でも目につきやすい部分になります。会話文があるとリアリティーが増しますが、会話文の中身にインパクトの強い言葉が入っていると、その効果がさらに増します。

文章全体の書き方のコツとしては要点を押さえたメリハリのある書き方をすることです。見るのも疲れてしまうようなダラダラとした書き方では、それを見た相手に良いイメージを残すことはできません。書き終えた後に、自分で見直してみて修正点がないか確認する事も忘れないでください。

長所の書き方

続きまして長所の書き方のコツです。長所の書き方の本質は、自己PRの書き方と変わりありません。ただ、長所を書く場合には、自己PRより簡潔に書くことが多いです。また貴方が”こうだと思う”といった内容ばかりではなく”誰かにこう言われた”という客観的な事実を入れると真実味を生みます。真実味が生まれるということは、説得力を生み出すことにも繋がります。

書き方の流れとしては長所に関するエピソードから貴方の長所に繋げていく書き方が望ましいです。

どうしても書けない時に

書き方やコツを紹介してきましたが、どうしても上手く書けないという場合には、自己PRや長所の書き方の例文が置いてあるサイトを参考に文章を組み立てていくという手段もあります。このようなサイトにはケースによっての例文が掲載されていますので、貴方が自己PRや長所を書く上で助けになります。

ただ注意していただきたい事があります。サイトに掲載されているものは、”例文”です。そのままの形で使うことはせず、あくまで参考として利用してください。貴方の魅力は貴方自身の言葉を紡いで書く文章で伝えましょう。

チャンスを貴方のもとへ

求職票とは?|求職票の自己PRと長所の書き方・ハローワーク/大学

求職票は就職又は転職への第一歩です。求職票の情報を基に就職先の紹介をしてくれるので、貴方の基本情報を正確に記入し、それから貴方のPRや長所とそれらを実際の仕事でどう活かすのかを書きます。そんな大事な役目を担う求職票を書く上で貴方のPRや長所をより魅力的に、伝わりやすく書くためのコツをいくつか紹介させていただきました。

貴方だけではなく多くの人が求職票を書いて提出し、自分の希望する条件の仕事を得るチャンスを掴もうとしています。その中で正確な書き方や、自己PRや長所の書き方のコツを知った貴方が書いた求職票は、必ずチャンスを運んできてくれます。気負うことなく、貴方自身に自信を持って求職票を書いてください。

←前の記事へ

仕事の進め方の基本と参考になる本|仕事の進め方の改善方法

よく使われる接客用語一覧・間違いやすい接客用語・学べる本

Latests