Search

検索したいワードを入力してください

自己紹介プレゼンの仕方|パワーポイントの作り方・用意しておくべき資料

更新日:2022年05月24日

プレゼンはビジネスでも学業でもよく行われるものです。自己紹介から始まり、内容の説明を通じて提案する一連の行為であるプレゼンは様々な活動をするうえで欠かせないものとなってきています。今回は自己紹介の段階からプレゼンというものについて見ていきたいと思います。

まずは聞き手が見るための配布用の資料は不可欠です。というのも、プレゼンが進む中で聞き手の側も話を聞いたり、またメモを取る中で聞き漏らす場合も少なくないためです。

このため、聞き漏らしをしても大丈夫であるように配布用の資料を用意します。そうすれば、聞き手側が重要なところを聞き逃しても、配布用の資料を見ることで確認することもできるため向こうとしても安心してプレゼンに耳を傾けることができます。

自分用の覚書も忘れないように

プレゼンに備えて練習を重ねても、いざ本番となった時に自己紹介の段階でさえも緊張する、という人もいます。そこでおすすめなのが、自分用の覚書(いわゆるカンペ)を用意しておくことです。これによって緊張のあまり、何を伝えるべきかを忘れて頭が真っ白になる、ということを防ぐことができます。

自分の覚書はスライド作成の際に画面のノート欄に入力することで作成できます。出来れば自己紹介の段階でも、いかにしてうまく自己紹介するかを考える意味で覚書を書き入れておきたいものです。

プレゼンの内容の決め方とは?

プレゼンの内容をきちんと決めておかないと、本番でプレゼンをこなしても相手の理解を得られなくなります。ここでは、どのようにしてプレゼンの内容を決めていくかについて見ていきます。

プレゼンをする目的は大事!

まずは、プレゼンをする目的に注目してみましょう。この目的をあらかじめ確認しておかないと、プレゼンの内容もぼやけたものになってしまいます。どのようなテーマで、またどのような内容でプレゼンし、相手に何を提案しアクションを起こしてもらうか、といったことをあらかじめ決めておきましょう。

内容のアウトラインを決める

目的を確認したら、次は内容のアウトラインを決めていきます。どのようなテーマで、自己紹介をどのように行い、内容をどのような流れで進め、どういう結論に導いていくかという大枠を決めていきます。

大枠を決める際に、各スライドの目次もあらかじめ決めておくとよいでしょう。そうすることによって、スライドの詳細な内容の作成の際にも役立つうえ、本番の発表の際のイメージもつかみやすくなります。

起承転結に基づいて

プレゼンはいわば1つのストーリーです。そのストーリーによって聞き手の心を動かし、アクションを起こさせるためのツールです。このため、内容の流れとして起承転結というものが大切になってきます。

具体的には問題提起→問題の掘り下げ→その問題を解決するための提案や方法→結論という流れになります。内容をこの起承転結に基づいてうまく突き詰めていくことで、上手なプレゼンの基礎が出来上がるのです。

プレゼン本番の前に練習あるのみ

内容が固まれば、あとはスライド資料などを作るだけですが、いくら良い資料ができても本番で緊張することはよくあることです。

そこで本番に備えて何度も練習することが大切です。慣れないうちは上司や同僚、友人の方などに付き合ってもらって、問題点があれば指摘を受けて改善していくというのを繰り返します。そのことによって少しずつ経験値を高めるとともに、イメージトレーニングによって本番でスムーズに発表することができるようにしていくのです。

練習はまず自己紹介の部分から取り組んだほうが良いです。自己紹介は自分のことを自由に話す時間でもあるうえ、それによって相手に話しやすい雰囲気を作ることにもつながる重要な部分でもあるため、この部分の練習によって内容の方も練習しやすくなります。

良いプレゼンのコツは自己紹介と資料の中身と練習にあり

プレゼンのコツについていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?

プレゼンの中でも最初にされる自己紹介は、一見すると内容に比べて軽く見てしまいがちですが、実はむしろ相手の信頼を得るために重要な段階です。ただ単に自分の名字の紹介だけで自己紹介を終えるのではなく、フルネームで名乗り、かつ自分のことについて具体的に説明することこそ、上手なプレゼンにおける自己紹介といえます。

もちろん、自己紹介だけでなくプレゼンの内容がきちんとしていることも大切です。わかりやすい内容で、かつ相手の心に響くような工夫が大切といえます。

そして、練習しておくことも重要な要素です。特に慣れていない人は何度も練習して、少しでも経験を積んでおくようにしましょう。自己紹介の練習から取り組むと、その他の部分の練習もやりやすくなります。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests