Search

検索したいワードを入力してください

「5W2H」とは?|ビジネス/企画書/報告/MTGでの5W2H

更新日:2020年08月28日

ビジネスでは必要事項が漏れなくだぶりなく網羅される必要があります。5W2Hは必要事項を漏れなくだぶりなく整理するための思考のフレームワークです。5W2Hを活用することで、ビジネスの骨格が定まり、あなたのビジネスを円滑に進めることができます。

5w2hとは

ビジネスでは必要事項が漏れなく重複なく網羅される必要があります。5W2Hは必要事項を漏れなくだぶりなく整理するための思考のフレームワークです。5W2Hを活用することで、ビジネスの骨格が定まり、あなたのビジネスを円滑に進めることができます。

そんな5W2Hをまとめてみました。

5W2Hの意味

5W2Hとは、5W1Hから派生した思考のフレームワークです。5w1hとは次の5つのWと1つのHのことです。

*Who…誰が(“主体”を問う)
*When…いつ(“時期”を問う)
*Where…どこで(“場所”を問う)
*What…何を(“内容”を問う)
*Why…なぜ(“理由”を問う)
*How…どのように(“手段”を問う)

上記の5W1Hに下記の”H”を追加したフレームワークが5W2Hです。

*How much…いくらか(“金額”を問う)

もともと5W2Hは、新聞などの記事に必要事項を漏れなく重複なく簡潔に記載するためのフレームワークでした。その思考方法は当然ながらビジネスの各場面にも活用できる認識が広まったのです。

なぜ5W2Hを用いるのか

ビジネスでは、報告や企画について全ての事項が簡潔に表現される必要があります。全ての事項が網羅されておらず漏れがあれば、ビジネスの重大なリスクや手戻りになりますし、重複があれば、無駄な投資や検討につながります。予め漏れなく重複なく検討するためのフレームワークとして5W2Hが考案されたのです。

なお、漏れなく重複なくということをMECEと表現します。

MECEとは、
Mutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略です。
一般に“重複なく、漏れなく”と訳されます。

出典: http://jbi-school.jp/6w3h/?p=76 | 6W3H(5W1H)を使って論理的に考える-MECE実践! - 6W3Hを仕事で活かすための方法

MECEを実現するフレームワークが5W2Hなのです。

例文

*When…2020年に

*What…オリンピックが東京で開催されるので、外国人のお客様が多数いらっしゃる。当社の得意分野である、翻訳機能を拡充して何かビジネスを立ち上げたい。

*Why…多数の外国人がいらっしゃる場面こそ、我が社の主要製品をアピールする絶好の機会だ。この機会を利用して売り上げを30%増やしたい。

*Where…外国のお客様がはじめて入国する空港でアピールの機会を作る。

*Who…本件は、営業第三部が主体となって進めるが、特別に社長直轄案件とするので、企画部も全面参画する。

*How…経営会議で方針を決定したいので、関係部署間でステップを経て議論する必要がある。

*How much…重要案件であるから、10億までの予算を付与したい。

ビジネスにおける5W2H

ビジネスでは下記の場面でそれぞれ5W2Hが活用できます。

*企画提案
*報告
*ミーティング

それぞれの場面をイメージして5W2Hの活用例を挙げてみました。例を参考に実際の業務で5W2Hフレームワークを活用してみてください。

5W2Hを用いた企画書

企画あるいは企画書における5W2H

企画はアイデアを具体化していくものですし、企画書はアイデアを形にするために関係者に承認合意していただくためのスタートとなるものです。現物がないところで、経営陣や顧客に対し企画やリスクを理解していただき、承認してもらう必要があります。

5W2Hを活用し、漏れなく重複のない内容を短時間で承認者にご理解いただき、承認してもらうことができます。

例文

*What…何を開発するのか

*Why…なぜこの企画に取り組むのか

*Where…どの部署がこの企画に取り組むのか、あるいはどこの場所でこの企画に取り組むのか

*Who…誰がこの企画を推進するのか、取り組むのか

*When…いつまでにこの企画を達成する必要があるのか

*How…どのような方法で本企画に取り組むのか

*How much…予算はいくらで本企画に取り組むのか

5W2Hフレームワークを活用することで、具体化すべき事項が明確になります。

5W2Hの報告範例

報告書における5W2H

報告は上席や顧客に対し、発生事態や検討内容を共有、必要であれば対応指示を仰ぐものです。5W2Hを活用し、漏れなく重複なく簡潔に報告することで、関係者間で合意した形で次の一手を速やかに打つことができます。

例)

*When…7月18日午後2時に
*Who…A社社長が、(“主体”を問う)
*Where…Bホテル鳳凰で(“場所”を問う)
*What…記者会見を行い、新事業の発表を行いました。新事業とは✖✖のことでした。
*Why…記者会見では、新事業実施の目的を、✖✖としています。
*How…✖✖の手法を用いて資金調達を行うとのこと。
*How much…予算規模は✖✖億円で、A社案件では最大規模です。

例2)

*When…7月1日0:30に
*Where…✖✖データセンターにおいて
*Who…✖✖社の✖✖システムで
*What…システム停止が発生し、✖✖決済に影響があることが判明しました。
*Why…停止した原因は、取り扱い金額が少額ながら想定外の件数の取引が発生し、取り扱い上限値を超過したため、ディスク溢れが発生したためです。
*How…いったんディスクを追加したうえで、サーバーを再起動することで処理続行できる見込みです。
*When…7月1日7:00までに復旧見こみで、関係システム接続までには間に合う見込みです。
*How much…クラウドサービスを締結しているため、追加費用は発生しません

5W2HのMTG

初回公開日:2017年07月31日

記載されている内容は2017年07月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests