Search

検索したいワードを入力してください

CtoCとは|ビジネスモデル|ビジネス例|市場規模|CtoC利点

更新日:2020年08月28日

自分の発想で何かをしたいという方にはCtoCビジネスでは、本人の能力次第では企業に勤めていた時よりもいい条件で働けるかもしれません。サラリーマンの副業、主婦、学生どんな方にでもできる。それがCtoCビジネスです。

CtoCとは

CtoC(Consumer To Consumer)という言葉をご存知でしょうか。BtoCやBtoBというのは耳にしたことがある方も多いでしょう。今までのビジネスの多くは、企業対企業や企業対一般消費者といったように企業が物やサービスを売ったり提供することがほとんどでした。ところが、昨今では一般消費者対一般消費者でビジネスを完結させるビジネスモデルが多くなっており、これがCtoCやC2Cとも呼ばれています。

CtoCと聞いてもあまりピンとこない方も多いでしょう。しかし、すでに多くの方が知らず知らずのうちに成り立っている場合もあるようです。例えばネットオークションだったり、シェアリング、リソース等これも立派なCtoCビジネスになってきます。

消費者と同時に商人

CtoCビジネスモデルは昔からありましたが、パソコンやスマートフォンの普及により個人で物やサービスを提供しやすくなり、CtoCビジネスは様々な分野にいきわたるようになってきました。例えばネットオークションでは欲しい物があれば購入する消費者になり、売りたければ価格を決めて売るような商人といったように立場が消費者と商人の両面あります。

CtoCでは個人が自由に料金を設定できるので、欲しい商品が安く買えることがあります。しかし、商品が消費者の元に届いたとき商品の説明分と違う、そもそも商品が違うといったトラブルは少なくありません。このようなトラブルはお互いの信頼関係も崩してしまうので注意しましょう。

利用しやすいように

このようなCtoCビジネスに欠かせないのが相互評価システムとエスクロー方式です。やはり一般消費者対一般消費者とのビジネスということもあり、初めての方と取引することもあることでしょう。初めての方と取引をする場合、どんな方か分からないこともあり不安なことが頭に過ります。

そんな時は相互評価システムを参考にして売りて、買い手がどんな人なんだろうと今までの評価が確認できるのが相互評価システムです。取引になるので、勿論お金のやり取りがあります。しかし、お金が払われない、注文した物が送られてこないという可能性もあります。

それを防ぐためにエスクロー方式があります。これは第三者機関にお金を預け取引が成立したらお金を支払うといったシステムです。このようにCtoCビジネスの問題点をなくしていくことで、CtoCビジネスをさらに拡大していくことでしょう。

消費税がかからない

CtoCビジネスには消費税がかからないといった特徴があります。日本の法律では消費税法において、企業や個人事業主などの事業者及び社団などの法人には納税の義務があるため消費税が発生してきます。一方CtoCでのビジネスでは納税義務から外れるため消費税が発生してきません。また、中間業者も挟まないのでその分安く物やサービスを提供ができるのです。

CtoCビジネスが消費税がかからないからといって継続かつ独立して続けていると個人事業主に該当してくる場合もあるので注意しましょう。

BtoBとの違い

BtoBビジネスは昔からある企業対企業の基本的なモデルです。仕事がお金になる時間がもっとも大きいですが、お金もその分動きます。BtoBでは自社の製品がどのように優秀なものかを他社に向けて説明しなければなりません。会社の中にいる決定権をもつ方を納得させる必要が伴ってくるので、その分時間がかかることでしょう。

一度仕事が動くと途中で辞めたり、変更するとお金のやりとりが複雑になり難しい一面があります。そのため一度動くと仕事が終わるまで取引をし続けるといった特徴があります。

就職に関してBtoB企業は優良な企業が多いです。BtoB取引ではお金がすごく動くため取引企業は大体固定されていることが多く、仕事も急な変化は少ないでしょう。また、BtoC企業よりも知名度が低いこともあり、倍率も低いことがあります。

BtoCとの違い

BtoC取引は、企業が消費者に向けて商品をアピールしなければなりません。これはBtoBやCtoC取引とは違ったポイントの1つです。企業はより多くの消費者に物やサービスを提供して利益を大きくします。そのためTVコマーシャルやラジオ、広告といろんなところで営業活動をしています。消費者に気にいってもらえなければ売れないからです。

また、こういった企業は飛び込み営業といった営業活動もありましたが、今では少なくなってきました。BtoCでは他の取引よりも商品を「売っている」というイメージがつきやすいことがあるので、営業や企画、販売に自信がある方は有能な人材になる可能性もあります。

CtoCのビジネスモデル

昨今ではCtoCビジネスが多くなってきています。CtoCでは運営側が提供しているネットシステムを使って個人でやり取りすることが一般的です。ネットオークションやシェアリング、リソースなどが該当してくるので、いつの間にか利用していたりすることもあるでしょう。

CtoCビジネスといってもどのようなビジネスモデルがあるかを知っている方は少ないです。ここでは大きく分けて4つのモデルに分けて説明します。

ライト向け

一番手軽に、費用をかけることもなく始めやすいCtoCビジネスがフリマやオークションです。スマートフォンの普及により、カメラやパソコンがなくても商品の紹介ができ、いつでも確認ができるからです。上級者かつ手先が器用な方にはハンドメイド品を作ってオリジナル商品として売り出すことで差別化ができます。また、消費者の要望を聞いてハンドメイド品つくることも楽しいでしょう。

こういったCtoCでは当初、購入したが商品が届かない、商品を送ったのに料金の支払いがないといった問題が起きましたが、その問題を解決したのが「エスクロー方式」でした。エスクロー方式では第三者が料金を一時的に預かるとったシステムです。多少手数料を取られるかもしれませんが、今ではどのサービスもこの方式を採用しています。

総合型

「サイタ」では物を売買しないサービスを提供するといったCtoCビジネスモデルです。これは個人が先生となり個人をレッスンするサービスになります。例えば家庭教師、カラオケの指導、英会話など何かを習得したい方向けのスキル系のビジネスです。

個人で指導するということもあり、指導者としてはある程度スキルがなければなりませんが、今まで見向きもされなかったスキルが役に立つかもしれません。サービスが目に見えないということもあり、取引には信頼関係も必要になってくるので初心者向けではないようです。

コア向け

「欲しい物があるんだけど日本に売っていない、どこかに売っていないかな」という悩みを解決するのが個人型輸入CtoCビジネスです。コアな物を仕入れて売り手を見つけることができれば、いいお値段で売れたりします。その分調査したりと時間がかかってしまったり、個人輸入ということもあり商品購入に難しい部分もあります。多少知識がなければ難しい中級~上級者向けのビジネスモデルになっています。

日本にはない商品や取り寄せてオリジナル商品を作れば、他の人と差別化して独立なんてことも夢ではないでしょう。

特化型

東京や大阪に何回も移動するには料金が高くなってしまいます。そんなお金の問題を減らすためにできたCtoCサービスが、移動シェアサービスです。遠くに移動するには高速バス、飛行機、新幹線等移動手段がいくつかあります。しかし、何度も利用してくると料金が高いと感じてしまうでしょう。

「のってこ」では個人のドライバーと同乗者が同じ目的地なら相乗りしていくサービスになり、ドライバーが料金を決められます。他の移動よりも料金が割安ということもあり、のサービスです。

初めて会う方と長時間一緒に車に乗ることになるので、少々息苦しいこともあるかもしれませんから、そういったことが苦手な方には利用できないかもしれません。

CtoCビジネスの具体例

CtoCビジネスは誰でもできることも魅力的ですが、誰もができるためどうしても利益が少なくなってしまいます。ビジネスと考える一方で、CtoCの1つ「シェア」をして自己負担を減らすといった考えもできます。そういったいろんな角度からみたCtoCビジネスの具体例を見ていきましょう。

ビジネスはどれだけ「儲かる」だけではありません。儲けても出費を減らさなければ手元にお金が残りません。その辺のバランスも考えてCtoCを利用していきましょう。

初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests