Search

検索したいワードを入力してください

マネジメント能力が高い人の特徴|マネジメント能力を高める方法・要素

初回公開日:2017年08月31日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント能力とはいったいどういったものなのでしょうか。的確に説明するのは難しいです。この記事においてマネジメント能力に関して考察しています。マネジメントをする立場の方にとって、概念の理解と言語化して説明できることは必須です。そういった課題に応える記事です。

マネジメントとは

マネジメント能力が高い人の特徴|マネジメント能力を高める方法・要素
※画像はイメージです

マネジメントとは、企業活動を円滑に行うとともに、企業の目的を達成するために「ヒト・モノ・カネ・情報」の4つの経営資源を調達し、効率的に配分、適切な組み合わるといった諸活動を示します。

具体的には主にビジネス上における色々な資産、リスクなどを管理し、経営上の効果を最適化しようとする経営手法のことです。

マネジメントは一般的に管理を意味しますが、経営管理論から生み出された様々なマネジメント能力には、評価・分析・選択・改善・回避・統合・計画・調整・指揮・統制など様々な要素を含みます。

マネジメントの歴史

マネジメント能力が高い人の特徴|マネジメント能力を高める方法・要素
※画像はイメージです

18世紀のヨーロッパで経済学と呼ばれる学問が生まれました。はじめはマクロ経済学が政府を対象にした学問として名を馳せたが、その後「市場」という概念の誕生によりミクロ経済学が生まれました。「市場」とは売り手と買い手が取引する場所という意味で、取引されるモノは商品です。

市場における政府の介入がありかなしかで、自由主義と社会主義の二つの潮流を生みました。自由競争において生まれた社会モデルで、資本主義が当時の基幹産業であった農業・漁業に代わる工業の発展を招きました。

カネや設備などの資本を持つ投資家、労働力を提供する労働者もこれが起源です。企業における所有者である資本家が、手に入れた労働力を上手く管理する技術を必要とし、そこからマネジメントが生まれました。これは現代でいう労働管理にあたります。

19世紀に入り、イギリスで産業革命が起き、それがヨーロッパ・アメリカへと広がっていく中で、工業は機械化による大量生産が広がりました。同時に大量消費・需要供給の拡大で労働不足が深刻な状況となりました。

19世紀後半、アメリカでフレデリック・テイラーが技術者を中心とする能率運動を提唱しました。従来、内部請負制によって生産現場が生産計画を決定していたが、生産計画を現場から切り離し、計画立案と管理の責任を分断しました。これが「科学的管理法」です。

次に、管理を計画・組織・指揮・調達・統制の五要素と定義した「管理過程論」、ウェスタンエレクトリック社のホーソン実験から始まり、作業環境より人間意欲や人間関係という部分が能率に影響することを発見したことからの「人間関係論」、そして周囲の環境に応じて絶えず変化して対応しつつ経営する「コンテンジュンシー理論」に至っています。

マネジメント能力が高い人の特徴

マネジメント能力が高い人の特徴|マネジメント能力を高める方法・要素
※画像はイメージです

マネジメント能力が高いことを示す概念とは一体どういったものなのでしょうか。あの人はマネジメント能力が高いと言えても具体的に説明するのは難しいです。そこでその条件を挙げました。

顧客のマネジメントを理解し応用できる

資本主義経済が浸透し始めた当初、ビジネスの成否を決めるのは商品自体ではなく、質でした。市場が飽和状態になると販売戦略へ移りました(次項説明)。その後、顧客の求めるモノを探り、それを作り出すマーケティング(企業などが顧客との対話の中でお互いの理解を深め合い、双方にとっての最適な市場を創造しようとすること)に着目されます。

マーケティングとは既に顧客の中に顕在化する欲求に応え、需要を供給することであるのに対して、差異がわかりにくいがイノベーションとは新しい価値の創造であり顧客の潜在的な欲求を形にすることです。こういった顧客主導のマネジメントを理解し、諸問題に対して適切に対応することが出来ることがマネジメント能力の高さを示します。

戦略的マネジメントを理解し応用できる

「組織を動かし、製品を作り、顧客に届ける」という企業活動の本質を追及する上で、「ヒト・モノ・カネ・情報」に加えてそれらを統合し、目標を達成するまでの戦略が必要になります。

先人たちの歴史から戦略を学び、それらをマネジメント能力の向上に生かし、結果を出せる人材こそ企業が必要とします。

マネジメント能力を向上させる方法

マネジメント能力が高い人の特徴|マネジメント能力を高める方法・要素
※画像はイメージです

マネジメント能力を向上させるにはどうしたらいいのでしょうか。そういった疑問を解決する対応策を挙げました。

自己啓発をする

まずは知識の自己啓発を目指します。経験を補うために、ビジネスナレッジを過去の先人達の経験を体系化したものとして見て擬似体験していきます。その際にきちんと状況やシーンを具体的にイメージして対処する自分を想像しながら体験していくことが大切です。

Off-JTを利用する

仕事をやりながらマネジメント能力を向上させる教育を受けるという、現場のマネージャーに次世代マネージャー養成を任せるという方法もありますが、これを企業として取り組むケースが近年増加しています。
こういった教育方法を通して実践経験を積むことも重要なマネジメント能力向上の鍵です。

マネジメント能力に必要な要素

マネジメント能力が高い人の特徴|マネジメント能力を高める方法・要素
※画像はイメージです

マネジメント能力という指標を的確に理解する上で、必要な要素を三点挙げました。マネジメント能力とは曖昧な概念が強く、そして幅広い対応力を必要としますが、最低限マネジメント能力を構成する必要な要素になっています。

知識

ビジネスにおける知識はビジネスルールという特定の仕事をする上で守らなければならない約束事と、ビジネスナレッジという仕事そのものやノウハウを体系化して理論化して獲得した知恵とも呼べる知識の二つがあります。マネージャーに求められる知識はマネジメントに関する知識、経営に関する知識、他部門に関する知識の三種類があります。

経営に関する知識は、普遍的な知識と企業特有の知識があります。前者は仕組み・組織・戦略を示し、会社に関することは法律や経営で、カネに関することは財務や会計などです。後者は、主にマーケティングに関する知識で経営におけるコアな分野です。

他部門における知識は、他部門が経営スタッフと部門スタッフに別れ、前者は経営に関する知識が、後者はマーケティングに関する知識が補います。

以上がマネジメント能力に必要な知識です。

Latests