Search

検索したいワードを入力してください

営業電話のコツ|営業電話をかける時間帯・アポイントを取る方法

初回公開日:2017年08月28日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

営業電話は営業の種類の中で難しいことをしっていますか?営業電話の成功率はどのように上げることができるのでしょうか。話を聞いてもらえるためにすることなど、営業電話を成功させる確率をあげる方法を紹介します。営業で電話をかけなければいけない人は参考にしてください。

営業電話をかけるときのコツ

話し方はどんな話し方?

営業電話をかけるときの話し方のコツを紹介します。一番の基本は大きな声で話すことです。電話に限らず小さい声で話をされるととても聞き取りにくく、相手の聞く気持ちを奪ってしまいます。聞いてほしい話がある場合は、とにかく大きな声で聞こえやすく話をするのがポイントです。

いつも話しているスピードよりゆっくり話すこともです。早口で営業電話をしてしまうと、相手側はなんとなく売り込みにあっている印象をもち壁を作ってしまいます。壁を作られることによって話を聞いてもらえない場合もあるので、話すスピードにも気を付けましょう。

もう一つポイントは、長く話をしないことです。一文を短くすることで相手の聞く気を失わないようにすることができます。一方的に話を進めず相手の話をきちんと聞くといった意味でも一文一文を短く区切って話すようにしましょう。口癖に気を付けることも重要です。まず自分の口癖を知るようにしましょう。「あっ」や「えっと」といったワンクッション入れるのも相手からすれば聞き取りにくく不快に感じる人もいるので止めるようにしましょう。

電話をかける前に意識すること

営業電話がかかってきたとき、周りがうるさかったりすると相手は気になってしまいます。営業電話と関係がない音や声はできるだけしない場所で電話するようにしましょう。営業電話は、たくさんの人に電話をかけていきます。その中で話を聞いてくれる人と話を聞いてくれない人が出てきます。

話を聞いてくれない人に無理に話を聞いてもらおうとすることは、お互いメリットがありません。話を聞いてくれなさそうな人に長く話をしようとすることはやめておきましょう。話を聞いてくれる人にしっかりと話すことを意識しましょう。スムーズに話ができるようにしっかり準備をしておくことも大切です。

営業する中で、話に詰まってしまったりすれば電話越しに気まずい空気になってしまい、アポイントを取れなくなる可能性が上がります。できるだけ話に詰まらないように準備をしてから電話をかけるようにしましょう。

時間帯はいつ頃がいい?

営業電話をかけるときに時間帯はいつなのでしょうか。決まりがあるわけではありませんが、大体の時間帯が決まっていることをご存知ですか?営業電話をかける時間帯は、業界によって違いがあったりします。日頃会社によく電話のかかってくる時間をチェックすれば、その業界での営業電話をかけても迷惑にならない時間帯ということがわかります。

かけないほうがいい時間帯は、始業時間と終業時間です。この時間にかけるにはマナーがいいとは言えないのでやめておきましょう。他にも休憩時間や昼休みに電話をかけることはやめておきましょう。昼休みに電話すればつかまりやすいからと言ってかける人もいますが、話をきちんと聞いてほしい場合は休憩時間はさけるべきです。

電話営業に一番向いている時間帯は、平日の始業時間30分後の午前中がです。適した時間帯を見つけてかけることでアポイントをとれるように頑張りましょう。

営業電話でアポイントをとる方法

自分なりの成功パターンを確立させよう

営業電話で一番大切なことは、どれだけたくさん電話をかけることができるかです。そして、成功した場合と失敗した場合を比べて、自分なりの成功パターンを知ることが大切です。成功パターンを知ることで、営業電話をかけるときのトークの質を高めることができます。トークの質を上げることによってアポ取りに成功しやすくなります。

がむしゃらに電話するだけではトークの質は上げることができないので、電話するたびにどうして成功したのか、どうして失敗したのかをきちんと調べて次の電話に生かせるようにしましょう。これをしている人は、していない人と比べると契約の数が違うと思います。この話をすれば相手が食いついてきた、この話をしたら相手が嫌そうな感じになったなど些細なことでもいいので、感じたことをメモして次に生かしましょう。

相手に断られないような話し方はどんな話し方なのか、どんな話し方なら話を聞いてくれるのかを軸にしてトークの質が高まるように意識しましょう。

何のための電話なのか理解する

そもそも営業電話とは相手とどれくらい信頼関係を築くことが出来るかでアポがとれるか取れないかが決まってきます。ゆっくり自分の都合だけを考えずに相手の立場になって電話をかけましょう。最初の電話で契約をとることを目標にしてしまうと電話をかけた相手が身構えてしまい断られてしまう可能性が高まってしまいます。

まず最初は、次の営業電話をかけるアポを取るということを目標にするようにしましょう。ゆっくり相手との信頼関係を築けるようにすることが契約をとることに繋がります。営業をかけられる人からすれば、営業電話を怪しいと感じている場合もあります。相手が何を思っているのかをさりげなく聞き出すことが出来ればとてもいいです。電話をかける前に、自分が今から何のための電話をするのか理解してゴールを決めてから電話するようにしましょう。

営業をうける側の気持ちを理解する

自分自身も営業の電話がかかってきたとき、うっとおしいと感じたことがありませんか。めんどくさいと感じたら何もしゃべらず切ってしまう人もいます。自分がされると嫌なことを営業電話でしているという人もいるのではないでしょうか。とにかく買ってほしい、といった欲望が声のトーンに表れれすぎている人から買おうという気持ちになる人はいないのではないです。

また「すいません」などと無駄にあやまりながら電話をする人もいますが、相手からするとうっとおしいと感じてしまいます。自分にこんな電話がかかってきたらどうするだろう、と考えながら営業電話をしてみると相手の気持ちがわかってきます。「興味がわく」話し方を研究することでアポがとりやすくなります。

相手に「この商品を売り込もうとされている」と思われたらそれは失敗です。相手がどんな話を聞きたいのかを考えてトークを組み立てることでアポ取りに成功しやすくなります。自分が相手の立場になったら、ということを常に考えるようにしましょう。

営業電話をかける際の大切なこと

事前準備が大きな決め手!

「営業電話」ときくといいイメージを持っていない人もいるかもしれません。電話というのは相手の顔や表情を見ることが出来ないので、声のトーンや話し方で相手の機嫌や状況を理解しないといけません。営業するというジャンルの中で営業電話は一番難しいと感じます。トーク力だけで商品を売らなければいけないので、それなりのトークの質や営業テクニックが必要になってきます。

通常の営業よりもトークに関する技術が求められます。営業電話たくさんかけていると、どんな時に成功するのかなどがわかってきます。トークの質を上げるためにはたくさん電話するようにしてコツをつかみましょう。自分が話す言葉、相手から来そうな質問、一度断られたときにいうセリフなど想定がつく会話の流れは紙に書いておきましょう。

自分がすぐに対応できるように事前準備をすることは、その商品の魅力を一つ残らず相手に伝えることが出来ます。電話を切った後で、あれを言えばよかったと後悔しないように事前準備をしてはなす練習おしておきましょう。大切なことは、やはり相手に伝えたいことをわかりやすく伝える準備をすること、そしてそれを相手にすべて伝えることです。

行き当たりばったりの電話では成功しないどころか、相手を不快にさせてしまうでしょう。「こうすれば成功する」というものはありませんが、少しでも成功するように事前準備をしてから営業電話をかけるこをします。

Latests