Search

検索したいワードを入力してください

「励ましの言葉」をうまく使うには|仕事場・病人への励ましの言葉

更新日:2020年08月28日

励ましの言葉には、実は深い意味が隠されています。励ましの言葉を相手に投げかけるには、まずあなた自身が十分に励まされていなければなりません。自分を受け入れることで、相手も受け入れられるようになり、自分への励ましの言葉によって、相手へ励ます力が生まれるのです。

職場で使える励ましの言葉

励ましの言葉は魔法のよう

素敵な言葉には力があるように、職場で、同僚や上司に前向きな言葉を言われたら、誰でもやる気が出て、仕事を頑張るはずです。いつも一緒に仕事をしている上司から励ましの言葉をもらえたら、その日一日がエネルギーにあふれる日になるでしょう。

励まされると、また気分も良くなってますます仕事に精を出すでしょう。励ます側も、落ち込んだあなたを「元気にしたい。」と思い、あなたに向ける言葉を選ぶでしょう。あなたが励ましの言葉で元気になるときは、励ました側もあなたも、さらに力を得ることができ、目に見えないパワーがみなぎるのです。これが励ましの言葉による魔法です。

励ましの言葉は誰に対しても言える

人を励ますときは、その人を良く知っている人だと、色々な言葉で励ますことができます。職場で一番使えるのは、上司から部下への励ましの言葉です。しかし、それだけではありません。言葉には、その人の人格が表現されるので、部下から上司へも励ますことができるのです。

また、同僚の中で励ましあったり、他部署の人、もしくはあなたの顧客からあなたへ励ますこともあるのです。励ましの言葉は、立場の壁を越えて人と人との間で、浸透していくのです。

励ましの言葉はすべて自分へのメッセージ

励ましの言葉を、投げかけていると、同僚や上司からも、あなたが励まされるようになります。素敵な言葉には、人を生かす力があるので、あなたの言葉で元気になった人は、あなたが落ち込んでいるときに、励ましてくれるのです。そうやってあなたが発する言葉が、人を勇気づけ、またあなたへと戻ってくるのです。

励ます言葉は、職場で使うと最強です。なぜなら、あなたから発した言葉が、一人ひとりの心の中で力ができ、仕事が回るようになり、会社全体が潤うからです。組織の中で生まれる小さなエネルギーを、あなたから発してみてください。

励ましの言葉名言集

感謝の言葉

相手に心から感謝するときに、自分の心が満たされる思いになったことありませんか?どんな状況であれ、感謝の言葉を口からだすと、自然と戦う気持ちはなくなります。感謝された相手も同様に、追い詰めていた思いが解けていくことを体験できるでしょう。

感謝の言葉も、人それぞれ表現が違いますが、「ありがとう」とまず最初に言ってみましょう。どんな状況であれ、どんな立場にあっても、「ありがとう」の一言で、職場が和みます。また外出先でも、笑顔で「ありがとう」を伝えてみるだけでも、顧客や、あなたに関わる全ての人達が、あなたを励ましてくれる同士と変わっていくことでしょう。

自分に対しても「ありがとう」を言ってみましょう。あなたを一番励ませるのは、あなたなのですから。

褒める言葉

職場の上司や同僚また後輩など、様々な立場の人たちと関わるあなたは、励ましの言葉の変化球を持っていると、とっさの一言で「神対応」と呼ばれるでしょう。とっさの励ましの言葉の中に、相手を褒める言葉も言ってみましょう。

そのためには、相手のことを良く知っていなければならないときもあるし、初対面の場合は、相手の第一印象でインパクトに見える洋服やアクセサリーなども良いでしょう。相手にしかないもの、自分にはなくて相手に持っているものなどを、良く見て観察してみましょう。「素敵」や「とてもきれい」、「カッコいい」や「オリジナルあふれるあなた」を細かく言ってみても良いでしょう。褒められた相手が、あなたと話すことで励まされ、元気をもらうことが、一番なのです。

肯定の言葉

そのままのあなたを、無条件で認める言葉は、何よりも安心します。職場や外出先で緊張が多い職業の方は、一日ストレスを感じて過ごしているでしょう。ピーンと気を張っていると、人はそのうち無感覚に陥るのです。

そこで、相手をそのまま受け入れる言葉を言ってみましょう。相手は自分がそのままでいいんだと思うことで、励ましの言葉を受け入れることができ、等身大の自分で仕事に取りかかることができるのです。「無理しなくていいんだよ」「今できる最善を尽くそう」など、「今のあなたが最高なんだ」というメッセージを伝えてみてください。相手の方は、肩の力がを抜いてリラックスしながら、最善の仕事をしてくれるでしょう。

病気の人に対しての励ましの言葉

病気の種類によって使い分ける励ましの言葉

励ましの言葉は、相手によって使い分けが必要です。特に心の病を持つ人に対しては、健康な人が良く言う「頑張れ」は、とてもきつい言葉になるからです。現代は、ストレス社会で多くの人が、我慢して過ごしています。自分のやりたいことを我慢して、家族のために働き、結局心身共に疲れ果て、病気になってしまうのです。

病気になる前は、家族や身近な人たちに「頑張れ」と言われ続け、結局頑張れなかった自分を病気になってから責めるのです。病気を克服するのも、「頑張れ」と言われ続けて、この言葉はいつしかその人の心をつぶしてしまう言葉に変わっているのです。励ましの言葉は、まず相手を良く理解し、相手の病気を知ってから、言ってあげましょう。決して否定的な言葉は言わないでください。「そのままのあなたが一番」など、相手がまずその人らしく生きていけるように、励ましの言葉を言ってみましょう。

病気になっても感謝の言葉を言ってみる

「ありがとう」という言葉は、励ましの言葉以上に、パワーがあります。病気の方をまず励ますあなたが「ありがとう」と言ってみましょう。相手が存在していること、あなたと相手の関係が病気を通して見つめなおしていけること、今私たちが存在していることに、「ありがとう」と言ってみましょう。心で言うのではなく、口に出して、相手の目を見て言うと、かなり大きな励ましの言葉となるでしょう。

病気の相手も、あなたに「ありがとう」と言えるようになり、病気になったおかげで色々なことに気づけていくでしょう。病気になったことで、人生を見つめなおすこともできるし、忙しかった相手が病気によって、少しお休みできたのですから、すべてに「ありがとう」を言えるようになります。感謝の言葉は、どんな人であれ、どんな状況であれ、人を励まし生かしていく力があるのです。

人を励ます言葉はあなたを励ます言葉

励ましの言葉はあなた自身の心

励ましの言葉を、あなたが言うことで、あなた自身も励まされていることに、気が付くでしょう。日々あなたが、自分に話しかける言葉が、相手への励ましの言葉となるからです。あなたは自分自身が好きですか?まずは、自分を受け入れてみましょう。そのままのあなたを、好きになりましょう。肩の力を抜いて、「ありがとう私」と、言ってみましょう。

そうすることで、苦しんでいる相手に対して、励ましの言葉となるのです。口先だけで色々な励ましの言葉の並べたところでは、相手には伝わりません。まず、あなたがあなたを受け入れ、肯定し、感謝することで、励ましの言葉に力が生まれるのです。

励ましの言葉から見えるもの

自分を励ます言葉が、見つからずに苦戦する人もいるでしょう。例えば、心の病になったとき、何とか癒えるように、自分を奮い立たせる言葉しか出てこないからです。そんな時は、今のあなたが感じていることを、書き出してみることをお勧めします。どんな言葉でも良いので、つらい悲しい思いを紙に書きましょう。そして、最後に「ありがとう」で締めくくります。感謝の言葉は、万能薬です。またそのままを受け入れて、自分にしかない個性を磨くことが、何よりも自分への励ましとなります。その工程が、私への励ましとなり、同じように苦しんでいる人への励ましの言葉となります。

また、自分が経験してきた苦しみや悲しみを分かちあうことも、大きな励ましの言葉になります。あなた自身が励まされるだけでなく、相手にも大きな感動と力を与えます。前へ向かう力を得ることができるのです。

初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests