Search

検索したいワードを入力してください

「励ましの言葉」をうまく使うには|仕事場・病人への励ましの言葉

更新日:2020年08月28日

励ましの言葉には、実は深い意味が隠されています。励ましの言葉を相手に投げかけるには、まずあなた自身が十分に励まされていなければなりません。自分を受け入れることで、相手も受け入れられるようになり、自分への励ましの言葉によって、相手へ励ます力が生まれるのです。

励ましの言葉はあなた自身の心

励ましの言葉を、あなたが言うことで、あなた自身も励まされていることに、気が付くでしょう。日々あなたが、自分に話しかける言葉が、相手への励ましの言葉となるからです。あなたは自分自身が好きですか?まずは、自分を受け入れてみましょう。そのままのあなたを、好きになりましょう。肩の力を抜いて、「ありがとう私」と、言ってみましょう。

そうすることで、苦しんでいる相手に対して、励ましの言葉となるのです。口先だけで色々な励ましの言葉の並べたところでは、相手には伝わりません。まず、あなたがあなたを受け入れ、肯定し、感謝することで、励ましの言葉に力が生まれるのです。

励ましの言葉から見えるもの

自分を励ます言葉が、見つからずに苦戦する人もいるでしょう。例えば、心の病になったとき、何とか癒えるように、自分を奮い立たせる言葉しか出てこないからです。そんな時は、今のあなたが感じていることを、書き出してみることをお勧めします。どんな言葉でも良いので、つらい悲しい思いを紙に書きましょう。そして、最後に「ありがとう」で締めくくります。感謝の言葉は、万能薬です。またそのままを受け入れて、自分にしかない個性を磨くことが、何よりも自分への励ましとなります。その工程が、私への励ましとなり、同じように苦しんでいる人への励ましの言葉となります。

また、自分が経験してきた苦しみや悲しみを分かちあうことも、大きな励ましの言葉になります。あなた自身が励まされるだけでなく、相手にも大きな感動と力を与えます。前へ向かう力を得ることができるのです。

初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests