Search

検索したいワードを入力してください

選択と集中の失敗と成功の例と理由|マーケティング/メリット

更新日:2020年08月28日

1990年代以降、バブル経済が崩壊するや、「選択と集中」というキーワードが登場し久しくなりました。選択と集中によって影響された日本経済の中で、その失敗と成功に関する例や理由などを特集します。マーケティングを行う上でのメリットやデメリットなども含めます。

選択と集中とは

「選択と集中」というキーワードが注目された理由は、1980年代にアメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)のCEOであるジャック・ウェルチ氏が取った戦略の一つとして取ってから知られるようになりました。

選択と集中とは、とある企業が行うさまざまな関連事業のうち、最も業績のある一番か二番の事業にだけ注力するということです。さらには、弱小化している事業は他者へ売却するか廃止やリストラを行っていくという考え方をも指します。

選択と集中を失敗する理由

選択と集中の考え方は、一見余計な部分を失くしていく整理整頓のような感覚をおぼえますが、そこには尋常とはいかないシビアな一面があります。

経営が不振になりかけた頃、多くの企業は余剰する分の経費削減の他に、人材をも削る「リストラ」を敢行するところも目立っていくようになります。その過程もしくは結果でアクシデントが起こる頻度が高くなってしまいました。

選択と集中に関する本

選択と集中に関連した著書もいくつか登場しています。企業の在り方として表面的に言われ続けていますが、専門性やスキルの使い分けをする意味でも「選択」や「集中」は個人のポテンシャルに置き換えて解釈することも可能です。

選択と集中は企業全体を見渡した時のキーワードに留まらず、現代ビジネスマンが各人で備えておくスキルとしても役立つことが多々あります。

選択と集中の本質を正確に知りたい時には、やはり著書を読むといいでしょう。以下、選択と集中に視点を置いたな本をご紹介します。

「選択と集中」の戦略 (ハーバード・ビジネス・レビュー・ブックス)

ハーバードビジネススクールの機関誌『Harvard Business Review』での論文を集めた本ですが、大きく8つの項目に分かれて選択と集中に関する内容を解説しています。ある程度の経営学やビジネススキルがあったほうがこの本をより理解しやすくなります。日本ではなかなか理解できなかった選択と集中の真髄がここにあります。

実例をとおし、ハーバードビジネスの論文を集めたものであるが非常に興味深い。戦略論を学ぶひとには必携の書ではないかと思う。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R24RUW9LOATNKV/ |

仕事は8割捨てていい ――インバスケット式「選択と集中」の技術

ドラマ仕立てになった内容で、ビジネスにおける無駄を省くための指南をしてくれる本です。本のタイトルをそのまま鵜呑みにすると誤解が生じやすいのですが、内容は重要な課題にだけ集中していくことの大切さを語っています。非効率なファクターをいかにして省き、最重要課題に臨むかが、今日のビジネスに問われています。

最近購入したビジネス書の中では一番
題名が過激ではあるが、本当にすべきことに力を注ぐことの大事さを説いている

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R37AN7KEF0O44R/ |

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

AppleやGoogle、Facebook、TwitterといったSNS企業へのアドバイザーも務める著者による仕事術の公開です。「99%の無駄を捨て1%に集中する」という画期的な方法が書かれています。「エッセンシャル思考」とは、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術のことではなく、重要課題に挑むための選択と集中、確実に実行するシステマティックな方法論を指します。

本当に大事なことにのみフォーカスするということがどういうことかわかりました。人生を浪費するのでは無く、有効に使うために非常に役立つ良書です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3245M3VWLIWYP/ |

図解 これ以上やさしく書けない経営戦略のトリセツ

次のページ:選択と集中の成功例

初回公開日:2017年11月08日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests