Search

検索したいワードを入力してください

ビジネスネームの姓名判断のルール・メリットやデメリット

更新日:2020年08月28日

最近、ネットを中心にビジネスネームを目にする機会が増えてきました。どうやって名前を決めているのか?メリットやデメリットは?他の国でも使っているのか?この記事では、ビジネスネームについて紹介します。興味ある方は、是非、参考にしてください。

ビジネスネームの姓名判断のルール

ビジネスネームは、本名以外で仕事をするときの名前です。芸能人の名前や大相撲のしこ名もビジネスネームといえます。日本では、ネットビジネスで使用する人が増えてきました。ビジネスネームには、姓名判断で見ると吉名と凶名が存在します。ビジネスネームを作るなら、吉名で運気をアップさせて仕事もプライベートも上手くいくようにしましょう。

悪い意味の漢字は使用しない

今から20年以上前に子供の名前に「悪魔」と付けて大きな騒動になりました。「悪」という字も「魔」という字も悪い漢字です。この2つを組み合わせた「悪魔」は、最凶ともいえる悪い熟語です。ビジネスネームでも最悪です。

悪い漢字とすぐわかるものはいいですが、良い漢字に見えて悪い漢字があるので、注意が必要です。例えば「未」は、末広がりを連想させていいように思われますが、本来は「まだ、いまだに」と否定的な意味を持っていて、生命判断上ではできません。

音の響き

ビジネスネームにとって音の響きは、大切です。吉名といわれる名前には、必ず良い音の響きを持っています。さきほどの「悪魔」は、音の響きも良くないです。

高貴すぎる名前など

最近は、キラキラネームが流行り、「神」や「帝」「姫」といった字が名前に使用されるようになりました。ビジネスネームで高貴すぎる字は「名前負け」してしまう可能性があるため、姓名判断では良い名前とはいえません。

同じ理由で「宝」「寿」「祝」などの幸福すぎる名前も、名前負けにつながる可能性があるので、下の名前の最初の字には使わない方がいいとされています。

動物の名前

姓名判断では、動物の名前は使用しない方がいいとされています。ビジネスネームでも避けた方がいいでしょう。

読めない名前

どう読むかわからない名前は、親近感がわかないですし、覚えてもらうのが大変です。ビジネスネームは、覚えてもらいやすいことが大切なので避けた方がいいでしょう。

男女わかりにくい名前

ビジネスネームで男女どちらでも使える名前は、姓名判断では、凶になります。男女どちらか区別できる名前にしましょう。

画数など

名前の画数には、良い画数と悪い画数があります。吉数には、1桁の画数だと1画、3画、5画、7画、8画があります。画数にも、総格、人格、地格などがあり、すべてに配慮する必要があります。また、陰陽のバランスでいくと陰が奇数、陽が偶数となり、画数も奇数と偶数のバランスが取れた方が良いとされています。

企業にビジネスネームの作成方法・つけ方

ビジネスネームの最大の特徴は、顧客に与えるインパクトになります。インパクトが大きいので、一度会っただけでも名前を覚えてもらえます。ふざけたような名前をつけてしまうと、インパクトはあっても、顧客に不快感を与えるビジネスネームは、顧客の信用を得られません。企業において一番大事なことは、信用です。顧客に信用してもらえる名前を付けましょう。

ビジネスネームは、自分の好きな名前で決めればいいのですが、実際に決めるとなると迷ってしまってなかなか決められないといったケースが多いと思うでしょう。

企業にお薦めのビジネスネームとしては、本名と企業が連想できる名前を組み合わせるのが手軽で、名前も決めやすいです。その人と企業が連想しやすく、相手に与えるインパクトや信用を得やすいのでです。

次のページ:ビジネスネームの診断ができるチェック項目

初回公開日:2017年11月30日

記載されている内容は2017年11月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests