Search

検索したいワードを入力してください

ドラッカーのマネジメントに関する本・基本と原則

更新日:2020年08月28日

ドラッカーのマネジメントについて、その簡単な解説と、そのマネジメントを知るための数々の著作、漫画、そして映画などを紹介しました。ドラッカーのマネジメントが、組織、社会、個人の関係を前提に、どのように組織がその役割をこなすべきかが肝だということを解説しています。

紹介し忘れては絶対いけないというほどのベストセラーになったのが、この「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」でしょう。

新人の高校野球部マネージャーが、ドラッカーのマネジメントを読み、野球部を立て直して甲子園を目指すというストーリーです。女子高校生とマネジメントという組み合わせも斬新ながら、さらに甲子園を目指すという青春小説仕立てになっている、爽やかで楽しいドラッカーマネジメントの入門書といえるでしょう。

この本を読んでから、ドラッカーの原書を読めば、ドラッカーのマネジメントもわかりやすくなること間違いありません。

マネジメントの原書を読むにはハードルが高いと思っている人に最適な本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%97%E9%AB%98%E6%A... |

ドラッカーのマネジメントの基本と原則

ドラッカーのマネジメントを理解するために前提として、組織・社会・個人の関係を理解しておく必要があります。

「組織と社会」の関係は、組織が社会的貢献をすることで、その組織の尊属や発展が見込めます。一方、「組織と個人」は、個人は自己実現のために組織に属して、組織は報酬などの対価や地位などを個人に与えるという関係が成り立っています。

「組織」は「社会」と「個人」からそれぞれ何らかの関わりをもたれて、常にそれに応えるように成果を出すように期待されています。では、どのようにその成果を出せばいいのでしょうか。

それがマネジメントの役割です。マネジメントは、組織がどのように成果を上げるのかを具体的に示唆して、組織を機能させるためにあります。

組織の使命を明らかにする

まずは組織の本業を明らかにすることです。組織が何を目標に向かって動いているのかがはっきりしなくては、その組織は稼動しません。

もしも、その企業が発展する過程で、本来の本業からそれてしまった企業展開をしていたとしたら、その企業の売りは何かという視点でも構いません。その組織が本当に成し遂げたい目標は何かを定めます。

人が大切

そして組織で働く人材を、どのように活かすのかがマネジメントに求められます。人は自己実現を求めて組織に来るのですから、その自己実現ができるような組織作りが必要です。

これは働きやすい環境を整えるとか、仕事を与えるという範疇でおさまらず、人それぞれの特性を見極めることも欠かせません。その人が活きるにはどうしたらいいのか、その人の良さを活かすにどうしたのいいのかという点に的を絞って、マネジメントを進めていく必要があります。

その人の特性に合った仕事を与えて、その成果へのフィードバックをして、必要ならば研修の機会を与えるなど、個人にあったマネジメントが要求されます。

社会貢献が組織の最終目的

組織がどんな本業を持とうと肝心なことは、組織が社会貢献ができているかどうかです。社会が求めているものを与える、社会に貢献するために、組織が営まなければならないと、ドラッカーは訴えます。

これは、一般的にいう「社会貢献活動」とは違います。世の中の人たちが求めていることに答えるという意味で、たとえば預けているお金を引き出すのは銀行だけではなくて、別のところでもできたほうがいいという顧客のニーズに合わせて、ATMが開発されたようなことです。

そこでドラッカーのマネジメントでは、顧客が何を求めているのか、そのニーズを探ること、つまりマーケティングが大切になります。そして、顧客のニーズに応えた商品やサービスの売り方を作るイノベーションを発展させることが、マネジメントのキーになります。

ドラッカーのマネジメントに関する名言

マネジメントに関して体系的に捉えて、そのエッセンスを伝授したドラッカーは、数々の名言も残しています。その名言は、まさにマネジメントの極意を伝える名言ばかりです。

これからドラッカーの残した名言のなかでも、マネジメントに関するものを厳選してご紹介します。

目標管理こそ、組織内のコミュニケーションの前提

目標設定の大切さを教えてくれている名言です。目標を明確に設定することで、組織全体が進んでいくという組織のあり方を支えるのがマネジメントです。

当たり前に聞こえるのですが、組織という単位で事業に取り組んでいると、さまざまな問題があって、目標が見失われがちです。雑多なことにかかわっていて、もともとの目標に達することができなくなるという現状があります。この状況を打破しようとするとき、ドラッカーのこの名言が生きてきます。

P・F・ドラッカー (著)、上田 惇生 (翻訳)(2003).仕事の哲学 (ドラッカー名言集)  ダイヤモンド社
ISBN-10: 4478331030
ISBN-13: 978-4478331033

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%9... |

自らの強みに集中すべき

次のページ:ドラッカーのマネジメントに関する漫画

初回公開日:2018年03月23日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests