Search

検索したいワードを入力してください

タイムマネジメントの意味と使い方・研修方法・ツール

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「タイムマネジメント」とは、仕事や日常生活の上での重要な意味を成す時間管理術のことを指します。タイムマネジメントの主な意味と使い方、その研修方法、タイムマネジメントに関するツールなども踏まえた、タイムマネジメント特集です。

タイムマネジメントを意識しているか

タイムマネジメントの意味と使い方・研修方法・ツール
※画像はイメージです

皆さんは「タイムマネジメント」を実践していますか。頻繁に耳にする言葉だと思われますが、実際にどのようなことをタイムマネジメントと呼び、本当の概念や意味合いを理解しているのでしょうか。今回は仕事や日常の暮らしに役立つタイムマネジメントについて特集します。今日から自分の時間と配分について深く考えてみましょう。

タイムマネジメントの意味と使い方

タイムマネジメントの意味と使い方・研修方法・ツール
※画像はイメージです

タイムマネジメントとは「時間管理テクニック」を意味します。毎日の暮らしの中で自分がすべきことへ時間をどう分配して実行するのかを考える方法を言います。例えば仕事の時間の中には、アポイントメント、外回り、会議といった項目があります。それらを本当にすべきことと捉えた時に、実際には他にも多くのタスクで周辺が囲まれていることに気がつきます。

タイムマネジメントが悪循環を断ち切る

細かいタスクに費やす時間について、多くの人々はあまり意識がないのが実情です。ゆえに準備が整わない、準備時間が確保できない、処理できないまま締め切りが迫るといったトラブルに見舞われていきます。

タイムマネジメントを実行するということは、細かいタスクにも時間配分を考える機会でもあります。悪循環で常に時間に追われる生活にならないようにするため、タイムマネジメントによってワークスタイルを分析し、優先順位や効率性を考慮していくと良いでしょう。

タイムマネジメントの研修方法

タイムマネジメントの意味と使い方・研修方法・ツール
※画像はイメージです

タイムマネジメントが注目されている理由は幾つかあります。まずは現行の状態の中で高い労働力や生産性が求められているからです。そしてワークライフバランスが囁かれるようになり、それに配慮した労働環境の確立が必須となってきたからです。そのため、タイムマネジメントの研修は益々価値を見出されています。

ここではタイムマネジメントについての研修をした場合のポイントをご紹介します。

タイムマネジメント研修①時間管理とは何かを知る

タイムマネジメント研修②ワークスタイルを把握する

タイムマネジメント研修③改善点を検証する

タイムマネジメント研修④優先順位をつける

タイムマネジメントできるツール

タイムマネジメントの意味と使い方・研修方法・ツール
※画像はイメージです

タイムマネジメントは大切だと頭では分かっていながら、なかなか実行できないし長続きしないという方もいるはずです。そのような方へは簡単に利用できるツールやアプリができます。できるだけ楽しみながらタイムマネジメント力がつく、そんなツール類をご紹介します。

タイムマネジメントアプリ①Timenote

「時間の家計簿」という表現でコンセプトを打ち出したタイムマネジメント用アプリがあります。「App Store Rewind 2011」にも選出されています。仕事、睡眠、交際、雑務、食事、運動といった項目があり、それを1日カレンダーに埋め込んでいけば完成します。アプリでは項目ごとに月々の合計、消費時間の増減をグラフ化してくれます。

タイムマネジメントアプリ②WillDo

「WillDo」とは、東京大学大学院情報理工学系研究科廣瀬・谷川研究室の基礎技術にて開発されているタイムマネジメント用アプリです。行動記録するアプリとしては他のものと使い方は同じですが、ある程度記録がログされて溜まっていくと、そのユーザーの行動パターンを基にして自動的に未来予測をしてくれるという賢いツールです。

1週間分の結果をアイコンや文章で表示してくれます。長期間アプリを使うほど未来予測の精度が高まり、自分の行動の特徴を知りつつスケジューリングが可能になります。いつも作業行程がぎりぎりになってしまうような方になタイムマネジメント用ツールです。

タイムマネジメントに関する本

Latests