Search

検索したいワードを入力してください

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例

更新日:2020年08月28日

マネジメント経験者の転職に必要なアピールポイント、そして、管理職を採用する側はどのような人材を欲しているのか、これを踏まえた上での職務経歴書の書き方と、面接でのアピールが必要になります。マネジメント経験を活かすというのは普通よりもスキル値の高い面談になります。

係長

係長という役柄で脇へやられたという表現は妥当ではありません。係長には現場を陰で支える役割があります。ですので、新職場に入る時でも、いわゆる腰掛職ではないことは常識です。

係長の役割は運営に詳しいことが必須

係長というのは、会社のブースの中である特定の技術を要する職能です。つまり監督職の中でも、マネジメント経験の卓越したという意味合いがあります。マネジメント経験という言葉には、管理・運営以外にも、経営という軸についても詳しくなくてはなりません。

運営・経営の真意がわかっていて、そのうえで、係長という役柄がありますので、年齢によるマネジメント経験が求められます。

マネジメントの領域を知っていての立場

マネジメントの管理職であっても、マネジメント経験が普通のリーダー職であった場合は、係長には不向きです。なので、以前のマネジメント経験が、係長に匹敵するものであることを示すには、その以前の係長クラスの仕事が、経理感覚を必要とされたものであるとか、企業理念を伝授するための係長としての職能があった、という経験色をアピールしなくてはなりません。

マネジメントとは言っても、経営・運営軸との連携が必要な係長クラスになります。

マネジメントのできる係長として

マネジメントのできる係長として、必須になる条件は、広範な世間への知識です。これは、係長として、脇役の様な存在にとらえられがちな部分とは、売って裏腹になるビジネススキルです。マネジメント経験の中でも、サイドから仕事や事業の本流を解っていることが、係長としての必須スキルになります。ですので、マネージャーに対して、アドバイスができるくらいでなくてはなりません。

マネジメント経験の定義

マネジメントは直訳すると管理という言葉になります。マネジメント職であるのは、えらいという意味ではなく、従業員の調整を図る人事力を備えていなくてはなりません。厳しい言葉も必要ですし、従業員をいたわる心も必要です。

マネジメントは経営と管理に分かれる

マネジメント職における管理体制には、経営側と人事管理側におおまかに分かれます。経営では数字の経理を扱い、人事管理にはその規模としての目標となる数字設定があります。それプラスに人材を扱うコミュニケーションのスキルが必要です。

経営の経歴

経営の経歴をもとに、管理職に就きたいという場合には、経営軸におけるマネジメント経験を謳わなくてはなりません。しかし、この面接では、経営陣に入るという意味ではないので、控えめに、監督職なら経験があります、といった表現をしましょう。経営のマネジメント経験は、たしかに人事・指導ができて当然ですので、表現の仕方では説得力を増し加えます。

経営職からのマネジメント経験をアピールするには、監督・人事には詳しいです、との表現がベターです。

管理の経歴

マネジメント経験の中でも、管理職の経験のある場合は、管理自体がどのようなものを対象にしていたかを説明します。管理の対象が在庫数値や、物品管理であった場合は、そのような職種がありますし、企業の一番欲しいとされる、人事管理であるときには、かつての経験がどのように活かされるかを説明してください。

管理職のマネジメント経験は、企業として人材・指導の方に回したいのが本音です。

マネジメント経験は人事・管理としてのスキルは同じ

次のページ:マネジメント経験の面接でのアピール方法

初回公開日:2018年04月17日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests