Search

検索したいワードを入力してください

マネジメント経験に関しての書き方・アピール方法・定義・例

更新日:2020年08月28日

マネジメント経験者の転職に必要なアピールポイント、そして、管理職を採用する側はどのような人材を欲しているのか、これを踏まえた上での職務経歴書の書き方と、面接でのアピールが必要になります。マネジメント経験を活かすというのは普通よりもスキル値の高い面談になります。

経営のほうでも、人材管理としてのマネジメントであっても、社内において人事を扱っていたという点では、同じスキルになります。ですので、臆することなく、指導力を活かすというスキルをアピールしてください。これは、言葉の力量ともいうべきもので、説得力という言葉のテーマを扱う仕事になります。

マネジメント経験は、コミュニケーションにおいて、通常の会話とは違った指導のスキルを要求されます。

マネジメント経験の面接でのアピール方法

マネジメント経験を聞かれる場合は、書面提出による管理職経験の内容について、深く掘り下げてどのようなスキルがあるか判断されます。職場の人間関係ではどうだったか等のはなしもあるでしょう。一般的な意味では、管理職は中間管理職になります。

マネジメントが出来ていれば、謙遜は当然

マネジメントが出来るというのは、強さをアピールすることではありません。そして、面接時に謙遜ができていても、次の職場では皆に同じようにするのが、あたらしい常識です。新人として入る管理職は、一般社員より立場の低い場合もあります。

管理職でも強さはタブー

管理職というのは、以前の会社ではパワーでマネジメントしてました、といった話はタブーになります。それは、あたらしい環境での会社組織において、中間管理職は立場上弱くなりますので、面接のときにも、その後の職場においても、謙遜さは身に着けていなくてはなりません。中間管理職としてのマネジメント経験の有る場合は、状況が一変したときに不能となる可能性は秘めています。

新人の管理職ではなじむことが重要

管理職としてのマネジメント経験では、慣れた環境での仕事と、周知の事実により比較的楽に動いていた仕事があります。ですが、新会社で管理職をするとなると、従来のマネジメント経験は全く通用しないという事実にぶつかります。これは、新会社の事業規模や、従業員体質の影響が色濃く作用する世界です。

マネジメント経験有りで入社する場合は、自分の適性や、ストレス耐性について自己チェックする必要があります。

マネジメントは新職場でも、できなくてはならない

マネジメント職は、期待される仕事量もはじめからになります。経験有りという意味においても、人事面ですぐに実効性のある指導をしなくてはなりません。そして、あたらしい職場において、学んでいくスピードも一般社員より要求されます。

一般職とは違う厳しい目線

一般職であれば、業務をこなす正社員クラスの基礎力は必要になりますが、マネジメント職では、はじめからそれなりの給与体制がそろっています。ですので面接時より厳しい目線を浴びせられるのは真実ですし、自社に適性が合うかどうかについても、鋭いチェックが入ります。なので、新人としての扱いにはなりますが、仕事の当初より実戦力が必要です。

仕事における管理職において、自分のどのスキルが実戦で通用するかを、丁寧に説明すればよいでしょう。

マネジメント経験者の転職の実態

マネジメント経験者の転職は、その役柄上、中間管理職に回される可能性の高い職種です。特に人材・育成・指導においては、喉を荒らす場面もありますので、体力にも十分に留意しなくてはなりません。

マネジメントの中でも、頭脳を要求されることは常にあり、より頭を使用したマネジメント開発について、哲学をもっていましょう。

マネジメント経験者のスキルは、過去の経歴を表現すれば、できて当たり前とみられる風潮はあります。ですので、当初の人間関係へのとまどいなど、実は相談する相手は誰もいないところに入っていく形になります。特に、ストレス耐性必須となる、中間管理職へいきなり入っていくことは、場になじむための努力も相当数必要になります。

初回公開日:2018年04月17日

記載されている内容は2020年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests