Search

検索したいワードを入力してください

PREP法の例・PREP法を使った自己pr方法・プレゼン方法

初回公開日:2018年03月28日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年03月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

文章を構成する方法の一つであるPREP法ですが、ビジネス文章はもちろん、話の説得力を高める話法としても活用できます。そのコツをマスターすれば、プレゼンや面接など大切な場面で、必ず大きな成果を上げることができます。事例を挙げながらPREP法を紹介しましょう。

PREP法って?

みなさんは、「PREP法」をご存知でしょうか。今回は少々聞き慣れないこの言葉について、説明します。

PREP法とは、
(P)OINT=ポイント、結論
(R)EASON=理由、
(E)XAMPLE=事例、具体例
(P)OINT=ポイント、結論

を繰り返すの頭文字を取ったもので、文章構成方法の一つです。つまりPREP法とは、①結論を述べ②その理由を述べ③具体例を述べて④再度結論を述べるという構成です。

PREP法の例は?

PREP法の例・PREP法を使った自己pr方法・プレゼン方法
※画像はイメージです

では、シーンごとにPREP法の例文を挙げましょう。

部下から仕事の進め方を質問された時は?

まず、部下から仕事の質問をされた時のPREP法を使った表現を例示します。

・POINT(結論):経験が浅いうちは、質よりも量をこなすべきです。

・REASON(理由):何故なら、まずは色んな種類の仕事をこなして、全体の概要を掴むことが大事だからです。

・EXAMPLE(具体例):もし、仕事の質の面を追求すれば、たくさんの資料や情報を収集することで、知識が高まることは確かです。けれども、全体の仕事の流れを理解していないと、例えば、せっかくやり遂げた仕事でも、組織全体から見れば優先順位が低い場合もありますし、場合によっては、仕事の方向性が変わってくる場合もあります。

・POINT(結論):ですから、まずは仕事量を重視したほうがいいと考えます。

会議で賛否を問われたときは?

次に、会議などで賛否とその理由を問われた時のPREP法の使い方を示します。

POINT(結論):私はA案に賛成します。

REASON(理由):何故なら、今回はまずスピーディーな対応が最優先されるからです。

EXAMPLE(具体例):A案は抜本的な解決策ではありませんが、当面の措置としては十分であり、時間とコストも短縮できます。それに対してB案は、かなり最終的な解決策に近い案ではありますが、時間とコストがかかり、顧客の短期的なニーズに応えることができません。

POINT(結論):そのため、私はA案を支持します。

PREP法の話し方は?

それでは、PREP法に基づいて話をする時の話し方、フレーズをお示ししましょう。

P(結論)のフレーズ例は?

それではまず、PREP法のP(結論)のフレーズ例を見ていきましょう。

P:結論のフレーズ例としては、「私は○○だと考えます」、「結論から申しますと○○です」、「最も大事なことは○○だと考えます」、「私が申しあげたいのは○○です」

これらのフレーズを最初から話すためには、当然、自分の頭の中で結論を導き出しておく必要があります。後に続く話の内容にもつながりやすくなります。

R(理由)のフレーズは?

次に、PREP法のR(理由)のフレーズ例を見ていきましょう。

R:理由のフレーズとしては、「その理由は」、「なぜならば」、「どうしてかというと」、「と言いますのも」

理由はなるべくシンプルに、一言で話すのが良いでしょう自分の頭の中では、次に続くE(具体例)との関連付けを明確にしておきます。

E(具体例)のフレーズは?

次に、PREP法のE(具体例)のフレーズ例を見ていきましょう。

E:具体例のフレーズとしては、「例えば」、「例を挙げますと」、「具体的には」、「データを見ますと」

字の如く「具体例」ですから、客観的な事実に基づいた説明が必要です。信頼がおける官公庁等のデータを活用して根拠を数字で示したり、誰もが事実と認める事例を挙げましょう。

P(結論)のフレーズは?

最後に、PREP法のP(結論)のフレーズ例を見ていきましょう。

P:結論のフレーズとしては、「以上のようなことから」、「繰り返しになりますが」、「具体例を挙げてお話ししましたが」、「そのため」

話のまとめの段階です。最初に結論を話しているので念押しという形になりますが、例でお示ししたようなフレーズを使ってきれいに締めくくりましょう。

PREP法を使った自己PRの方法は?

PREP法の例・PREP法を使った自己pr方法・プレゼン方法
※画像はイメージです

それでは、PREP法を使った自己PRの方法を見ていきましょう。

PREP法による自己PR例その1!

PREP法を使った自己PRの例文その1です。

(P)私の長所は高い目標を掲げてその実現に努力を惜しまないことです。(R)私は幼いころから負けん気が人一倍強く、できないことが悔しくてできるまで諦めませんでした。(E)私は大学3年の時に家電量販店のインターンシップに参加し、接客などのノウハウを学ばせていただきました。

思うように販売することができず悩みましたが、社員の方からノウハウを伝授していただきました。早速試してみたところ、それまでの50%増しの売り上げを達成することができました。この経験から、常に問題意識と向上心を持ち続け、目標に向かって努力することの大切さを学びました。

(P)この経験を活かし、御社においても営業で確実に実績が残せるよう努力していきたいと思います。

Latests