Search

検索したいワードを入力してください

長期出張の持ち物・期間・手当の相場・拒否できるのか|荷物

初回公開日:2018年04月12日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

長期出張に持っていくものが多くあります。しかし、出張に慣れていない方は、何が必要で何が不必要か決められないこともあります。ここでは、長期出張の際に必要な物などを紹介しているので、今後長期出張する予定がある方は、参考にしてください。

長期出張の必要なものは?

長期出張は、労働者からしたら大きな負担がかかってしまいます。その理由は、必要なものを用意しないといけませんし、新しい環境で慣れるか不安もあります。短期の出張なら観光気分で承認することができますが、長期出張になると話が変わるので抵抗心を抱く労働者も多くいます。

しかし、労働者からしたら出張から避けることができません。出張がない職種や仕事内容の場合は問題ありませんが、営業職の場合は出張する割合が高くなります。そのため、長期出張を要請されることもあります。

このように労働者からしたらできるだけ長期出張はしたくありませんが、必要な物をしっかり用意していないと大変なことになる場合もあります。

初めての長期出張をする場合は、用意しなければならない物も分からない場合もあります。また、普段何気ない気持ちで使っているものは頭に浮かばない可能性もあるので、紹介していきます。

携帯電話・充電器・パソコン

携帯電話やパソコンは日頃使っているので、忘れる可能性は低いです。

しかし、各種の充電器を忘れてしまうケースは多くあります。そのため、長期出張の用意する際は忘れないように心がけましょう。最悪現地で調達はできますが、余計な出費になるので注意しましょう。

上記のように充電器を忘れてしまった場合でも現地で調達できるため、直接大きな被害は出ませんが、携帯電話やパソコンそのものを忘れてしまうと取り返しがつかない状況に陥ってしまいます。

携帯電話やパソコンにはプライベートの物や仕事で必要なデータが入っている場合が多いので、それらを忘れてしまうと仕事になりません。もちろん現地で調達することはできないので、取りに帰るか送ってもらう必要が出てきます。

このような初歩的にミスをしてしまうと、仕事的にも大きな被害が出る可能性もあります。そのため、会社からの評価を著しく下げてしまう可能性もあります。

小型Wi-Fiルーター

小型ルーターも用意していれば便利に仕事をすることができます。データ作成ならネット回線は必要ありませんが、検索をしないいといけない場合はネット回線が必要になるので、小型ルーターがあるとより便利に仕事をこなすことができます。

普段仕事場や自宅で小型ルーターを使用してネットを利用している方は、普段から何気なく利用しています。そのため、なかった場合の不便さを知らないので、普段何気なく使っている人こそ必要不可欠な物になります。

また、長期出張する前では会社にあるネットが接続されているパソコンを利用している場合は、小型ルーターがないとより不便に感じてしまう可能性があります。長期出張先にもパソコンが用意されていれば問題ありませんが、持参のパソコンを利用しないといけない場合は毎回ネット回線のコードを抜き差ししなければならないので、面倒に感じます。

ハンガーとロープ

ハンガーとロープは仕事面では役に立ちませんが、生活面では大いに役立ってくれます。

ハンガーは服を掛ける道具として使い、ロープは物干し竿の変わりに使う事ができます。長期出張先の寝泊まりする場合は、基本的にホテルや寮になる割合が高いです。ホテルや寮の室内にハンガーが数個ある場合もありますが、ロープはある確率はほぼゼロに近いです。

物干し竿の代わりとなるものがないので、ロープは多いに役に立ってくれます。ハンガーだけでも洗濯した衣服を乾かすことができますが、多くの量を吊るすことはできません。ここでロープを使う事で効率よく洗濯ものを乾かすことができます。

近くにコインランドリーなどがあれば、そこで洗濯・乾燥することができるので必要ありませんが、洗濯物を持ち帰る手間や使用料がかかってしまいます。ホテル代などの出費も余計にかかってしまうので、できるだけ出費を抑えることも大切です。

パジャマや下着

短期の出張の場合はパジャマや下着の必要性は低いですが、長期出張の場合は必須用品になります。

パジャマは着慣れた物ほど質の良い睡眠を取ることができますが、慣れていないパジャマだと疲れが溜まる可能性があります。睡眠は翌日の体調に大きく影響するので、できるだけ質の良い睡眠をとることが重要です。

しかし、パジャマにこだわりがない人は長期出張の際にも、ジャージやスウェットで代用してしまう割合が高いです。短期の出張の場合は問題ありませんが、長期出張の場合は体調に影響出てしまう可能性もあります。本人も気付かない程の些細な疲れが溜まってしまい、長期出張の場合はその影響を受けてしまいがちになります。

長期出張の必要な物の中にパジャマが入らない場合が高いですが、出張が長いほど必要性は高まります。

また、下着は現地でも調達することはできますが、使い慣れた下着の方がリラックスすることができます。

長期出張の期間は?

長期出張の期間は、その会社によって違いがでるので一概に決めることはできません。

基本的に、一日以上いつもの職場を離れると出張扱いになります。長期出張の場合は、数週間~数か月間違う職場で働くことを意味しています。

上記のように会社や仕事内容で長期出張の期間は変動するので、会社や上司にしっかり出張内容を確認することが大切です。

また、長期出張と転勤の違いが分からない人もいますが、厳密にいうと違いがあります。どちらも現在の職場と違う職場に行くことになるので同じ意味です。

しかし、長期出張の場合は現在所属している部署と上司は変わりませんが、転勤の場合は所属している部署も上司も転勤先で変わります。このような違いがあるため、長期出張か転勤かで自分の立場も変わるので理解することが大切です。

長期出張の手当の相場は?

長期出張で気になるのは、どれだけ手当が出るかです。出張場所まで行く移動費や宿泊費は会社が持つことが一般的にです。そのため、長期出張する側は無料で移動でき、無料で宿泊することができます。そのように考えれば旅行気分になることもできますが、仕事で出張していることを忘れてはなりません。

上記のような待遇を受けることもできますが、給料に加算される手当も存在します。会社によって多少違いはありますが、一般的な長期出張に対する手当は一日2000円程度です。微々たる金額と思いがちですが、出張期間が長ければ大きな金額になります。

しかし、長期出張の場合は以前との暮らしと違い出費も増えてしまうので、人によっては少ないと感じてしまう場合もあります。

例えば自炊できない男性の場合は、毎日弁当を買う必要があるので弁当代がかかってでしまい、3食を弁当で済ましてしまうと手当では足りない場合もあります。

長期出張を拒否できるのか?

長期出張は現在の職場から離れて、仕事内容も変わる可能性があるので嫌がる労働者は多くいます。そのため、長期出張の要請が来ても断りたいと感じている人も多くいるのではないでしょうか。

そこで疑問になるのが、長期出張の要請が出された場合に拒否できるのかということです。長期出張は、業務命令なため理由がないのに断ってしまうと業務違反になる可能性もあります。そのため、不用意に断ってしまうと、会社内での評価に影響が出る可能性もあるので注意する必要があります。

しかし、いくら業務命令だからといって必ず言われたとおりにしなければならないわけでもありません。正当な理由や労働条件によって、拒否することができます。

次に、長期出張を拒否できる状況と拒否する方法を紹介するので参考にしてください。

個別に契約する

個別に労働条件を契約することで、確実に長期出張をしなくてもよくなります。この方法は、主に就職する前に会社側に提案することが大切なため、長期出張のある部署に就職する場合は会社側と相談することが大切です。

就職後にも契約の変更は可能ですが、正当な理由がない限り変更は困難になります。そのため、就職前に自分の意見をはっきり言って、自分にとってよい職場環境を作る必要があります。

いい会社ならそのような意見も検討してくれますが、ブラック企業などの場合はそのような意見をしてしまうだけで不採用になる可能性もあります。しかし、長くそこで働く気持ちがあるのならできるだけ環境のいい職場で働くことが望ましいため、できるだけ自分の意見を企業側に伝えることが必要になります。

このように地域限定や出張しないことを条件にすることで、今後長期出張の要請が来る可能性がなくなります。

拒否する方法

上記のような雇用契約をすることで拒否することもできますが、個別に契約していなくでも拒否できる方法はあります。

その方法は、長期間家を離れることができない理由がある場合です。理由はなんでも構いませんが、最もらしい理由の方が、会社側から反論される危険性も低くなります。

介護の必要性を示す

Latests