Search

検索したいワードを入力してください

営業資料の作り方・コツ・本|送付状/見やすい

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

営業資料を作る時には、適切な作り方やコツ、本を活用する事が重要になっています。ただ単に自分の力で作っていたとしても、中々上手くできる事はないですので、適切な作り方やコツ、本の力を使う方が非常に良いでしょう。

営業資料の作り方・コツ

営業資料の作り方・コツ・本|送付状/見やすい
※画像はイメージです

営業資料を作る際には、作り方・コツを参考にする方が良いでしょう。自分自身の力で作ったとしても全く問題は無いのですが、相手によりわかりやすく説明するためには、作り方・コツの参考が大事になってきます。そうすれば、誰が見てもわかりやすい営業資料を作る事ができて、営業を上手く成功させられます。

営業の話を聞く人からすると、説明している人の話に耳を傾けている部分もありますが、大体は営業資料で理解しようとしています。自分の目で文字を追う方が頭の中に入ってきやすいですので、営業資料の存在はかなり大きいです。そのため、営業する側の人としては、営業資料に、しっかりと力を入れるようにしましょう。

構成

営業資料の作り方・コツの1つ目は、構成を大事にする事です。構成がしっかりとしているかどうかで、営業資料を読む人の理解が違ってきます。そのため、構成に関しては特に気を付けるようにして、どういう順番で書いていけば良いかを入念に考えましょう。構成のでき具合が営業の成功に関わってきますから、意識的に力を入れる事が重要です。

具体的な構成としては、最初に自分自身がどういう物や何を営業しに来たのかを書くようにしましょう。相手も、なぜ来たかがはっきりとしていなければ、話しを進める事ができないです。その次に、自分が営業する物の、より詳細な話を書いていき、どのような利点などがあるかを記すと良いでしょう。

大まかな部分から始まり、徐々に細かい内容を書いていけば、相手にとっても内容を理解しやすくなります。営業資料の構成は、その人の実力が出ますので、なるべくボロが出ないように、細心の注意を払いましょう。

表紙

営業資料の作り方・コツの2つ目は、表紙です。営業資料を作る際に、多くの人が表紙よりも中身の方が大事と考えます。しかしながら、本当は表紙の中身はほとんど同じぐらいの大事ですので、決して表紙に手を抜いてはいけないです。よって、表紙にも充分に力を入れるようにして、相手に大きな印象を与えましょう。

良い表紙だと、営業資料に対する相手の興味や関心が湧きますので、効果は少なからず期待できます。本当に表紙を作る時には、その人のセンスが問われる場合がありますから、普段からセンスを磨いておく事が大切です。そうすれば、非常に良い表紙を作る事が可能になり、営業資料により良い味がでます。

営業資料の送付状の作り方

営業資料の作り方・コツ・本|送付状/見やすい
※画像はイメージです

営業資料の送付状の作り方は、日付、相手の企業と今回送る人の名前、営業資料の関する事などを絶対に忘れないように記載しましょう。営業資料に関する事はもちろん、日付や、相手の企業と今回送る人の名前もかなり大事になっていますので、書き漏れが本当に無いかを前もって確認を怠らないようにしましょう。

多くの人からすれば、営業資料だけを送れば良いと考えがちになりますが、送付状は礼儀として、なくてはならない物ですので、忘れずに作らなければいけないです。そのため、営業資料を作ると同時に、送付状にも目を向けましょう。送付状の内容は、誰でも簡単に書く事ができる物ですから、それほど時間はかからず、何も心配はいらないです。

業界別営業資料の作り方

営業資料の作り方・コツ・本|送付状/見やすい
※画像はイメージです

営業資料の作り方は、業界別で違っています。そのため、どの業界でも同じ作り方をしていてはいけないですので、充分に注意するようにしましょう。もし、それぞれの業界での営業資料の作り方がわからない人がいれば、ここで確認すると良いでしょう。そうすれば、今後営業資料を作る際には、全く困らずに済みます。

それぞれの業界での営業資料の作り方には、フォーマットがちゃんとありますので、そんなに心配する必要性はないです。フォーマットを見れば、次に何を書けば良いかがすぐにわかり、誰が書いたとしても適当な営業資料を作り上げる事が可能です。

不動産

不動産の営業資料の作り方は、最初に、その家や建物がどういう造りになっているかを紹介しましょう。その次には、立地や金額がどれぐらいかを書き、より詳しい内容を記す事が重要です。そうすると、不動産の営業資料を見る側も内容がより理解できるようになってきます。不動産に全く詳しくない人でも、全く心配はいらないです。

広告

広告の営業資料の作り方は、広告の具体的な内容と、どの年齢層に何を伝えたいかをはっきりとさせましょう。ただ単に広告を作っているだけでは、広告に載る商品などの売り上げは中々伸びないですので、特定の年齢層にターゲットを絞る事はかなり良い方法になっています。よって、具体的な内容だけではなく、年齢層などにも気を配る事が良いでしょう。

広告に限っては、営業資料がしっかりとしていなければ、上司が納得してくれないですので、どうすれば良いかを自分自身の中で考える事が大事です。そういう時に、広告により、どういう事を伝えたいかや年齢層を絞る事がカギを握ってきます。そのため、伝えたい事や年齢層を充分に意識しましょう。

営業資料に関する本

ここでは、営業資料に関する本を見ていきたいです。営業資料を作る事に困っている人や、中々上手く作る事ができない人がいれば、本を見て、良い物を作れるようにしましょう。本を利用する事で、何かしらのきっかけを掴む事ができる場合もありますから、積極的に行動をしていくと良いでしょう。

どの本にするかを悩んだ時には、中身を少し読んでみる事が大切です。それぞれの本で、読みやすさや読みにくさは違ってきますので、どの本が自分にとって合っているかを探す事もしてみましょう。そうすれば、本当に自分に合っている営業資料に関する本に探し出す事ができて、ちゃんと営業資料を上手く作れるようになります。

一生使えるプレゼン上手の資料作成入門

営業資料に関する本の1つ目は、一生使えるプレゼン上手の資料作成入門です。一生使えるプレゼン上手の資料作成入門は、資料作成を全くした事が無い人でも大丈夫なように、細かい部分まで解説してあります。それぞれのページにまめ知識まで書いてあり、活用する事ができて、便利です。

一生使えるプレゼン上手の資料作成入門は、相手を資料で納得させる術を教えてくれますから、資料作成が苦手な人にとっては充分に役立ちます。これは営業資料を作る事にも通じる所がありますので、興味や関心がある人は一生使えるプレゼン上手の資料作成入門を手に取ってみましょう。

プレゼン資料をつくる際にこの本を見ながら作りました。プレゼン構成のアドバイスはどれも実用的でした。ページデザインもこの本の真似をすることで見やすく作れました。
同シリーズの『一生使えるデザイン入門』は内容を身につける学習するための本で、こちらはプレゼンを作るときに見ながら使うチェックポイントとお手本のような本だと思いました。
プレゼン資料を作り慣れていない人がプレゼンを作るときは持ってたほうが絶対に良いと思います。すぐに役立ちます。とても読みやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1T2WX2JESB3... |

ビジュアル思考×EXCELで営業の成果を上げる本

Latests