Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月23日

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

漠然とエリートのイメージがある駐在員ですが、仕事内容や収入、求人の探し方など多角的に考察してみました。メリットもありますが、配偶者の負担や責任などデメリットもあります。憧れの職業ではありますが、この記事を読んで実態をより深く知っていただけでばと思います。

駐在員の仕事内容

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

駐在員とは、一般的には、日本で就職して日本で仕事を覚えた後、海外の支店や工場に出向するサラリーマンのことを指します。

派遣される国を選ぶことはできませんが、役職やポジションは管理職です。特に発展途上国の場合は、会社がや住居、車、ドライバー、メイドなどを支給してくれるので好待遇が期待できるでしょう。

しかし、現地の人とコミニケーションをとりながら、日本のスキルを提供しなければいけません。語学力よりも、高いスキルとそれを外国人に伝えるコミニケーション能力が必要とされる仕事です。

駐在員の妻の生活

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

駐在員の妻は、セレブな生活をイメージする人もいますが、必ずしもそうではありません。駐在員の妻は、駐妻とも呼ばれます。海外にもいわゆる「奥様会」というのがあり、新しい駐妻の歓迎会から始まり、現地の情報交換など、定期的にランチ会が開催されます。

慣れない間は頼もしい存在で、順応性の高い人は楽しく暮らせることもありますが、そうでないケースも多々あります。駐妻は、夫の会社での関係性や立場があるので、言いたいことも言えず、狭いコミュニティ内での人間関係に疲れてしまう人が多いのが現実です。


特に日本で仕事をしていた女性は、キャリアを捨てて夫に同行するので、孤独感にさいなまれる人が多い傾向にあります。

駐在員の事務所

駐在員事務所は、外国企業が日本で本格的な営業活動を行うための準備を行う拠点です。情報収集、市場調査、広報活動などの活動を行うことはできますが、営業活動を行うことができません。

駐在員の設備手続きは、日本国内にオフィスを設ければ、特に何か手続きしなくてもすぐに設置可能です。しかし法務局に登記さればいため、日本国内で公的に駐在員事務所を証明するのは難しいです。

また、駐在員事務所の名義で、銀行口座を開設すること、不動産を貸借することは、通常できないので、本社または駐在員事務所の代表者など個人が代理人として、これらの契約の当事者となる必要があります。

駐在員の求人の探し方

駐在員の求人の探し方は、興味のある分野で海外勤務のある会社を調べて入社することが一番の近道です。とはいえ、駐在員は他の人事より選考に100倍もの時間をかけると言われています。

社内での評判や実力、技術力、語学を含むコミニケーション能力があり、異国の地で現地人を使いながら利益を出すことができるタフな人物であることが求められます。

また、駐在員を経験した後で、転職したい場合、駐在員の経験がどう評価されるのか考察しました。

海外勤務のある会社で駐在員を目指す

海外支店のある、大手銀行や大手商社、外資系企業に就職することが、第一条件です。しかし駐在員は狭き門で誰でも望めばなれるものではありません。大きく2つの条件があるので記載します。

駐在員に選ばれる条件①

海外駐在員に求められる条件の一つは、簡単に会社を辞めない人間であることです。海外に転勤した後に、退職されたり転職されたりしては困ります。駐在員には莫大なコストがかかるので、投資する価値のある人間かが重視されます。

具体的に、家族を養っているから簡単には退職できないという意味で妻帯者が選ばれやすいでしょう。また海外赴任で豪遊したり愛人を作る人もいます。それを避けるための監視役として配偶者や子供の動向を求める会社も多いでしょう。

駐在員に求められる条件②

会社が莫大なコストを支払って海外で働かせる人物は、基本的に社内で仕事ができ、評価の高い人物が選ばれます。

現地に行けば、ある程度のポジションが与えられて働くことになるので、指示してくれる上司がおらず、逆に現地のスタッフに指示を与えて利益を生み出していかなければなりません。

それができると見なされた人物が駐在員に選ばれる可能性が高いでしょう。

転職

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

海外駐在勤務は、転職で間違いなく有利になります。外務省のデータによれば、駐在員は、就労人口のわずか0.46%です。日本の企業は、マネージャークラスを派遣することが多いので、最も多い年齢層は30代~40代になります。

もし20代後半~30代半ばぐらいであれば、さらに希少性が高く転職の際に有利になるでしょう。

またグローバルな経験が評価されます。Skypeの同時通訳などもありますが、やはり面と向かった交渉では、ある程度の語学力がないと、細かいニュアンスまでは伝わりません。また国ごとの価値観や仕事の進め方の違い、国際的な共通ルールは、現地でリアルな経験をした人にしか分からない部分があります。

ビジネスがよりオープンにグローバル化される現在社会において、駐在員の経験は、どんな分野でも重宝されます。

ハイクラスの求人に興味のある人は、「ビズリーチ」の登録をお勧めします。下記リンクからご覧ください。

駐在員の給料・年収

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

実力、精神力、コミニケーション能力が揃った人物として、会社から選ばれた駐在員は、どんな給料や年収を得ることがでいるのか纏めてみました。

給料・年収

駐在員の給料の目安は、日本でもらう年収・給料の1.5倍ぐらいと考えるのが目安です。

例えば、日本での額面年収が500万であれば、750万にアップします。ただし、駐在員は滞在先で所得税・住民税をはらう義務があり、それを会社が負担してくれるので、「日本にいる時の手取り×1.8倍」がほとんどの会社の目安になります。

年収を年代別にみていくと、新卒3~7年目の25~29歳で年収650万~800万、新卒11~15年目の33~37歳で年収1,000万~1,300万、新卒23~28年目45~50歳では年収1,800~2,500万と非常に高額になります。

福利厚生

海外駐在員は、給料や年収だけでなく、福利厚生に非常に恵まれています。

まず住宅手当が年間300万~1200万といわれています。海外で危険なことがあると問題なので、おのずと高級住宅となり、途上国の場合はプールやジム、メイドつきのマンションに住むことができます。

また、車がないと生活できない地域では、車と運転手が支給されます。病院代と治療費は基本的に会社負担です。

他にも、子どもの養育費が一人、年間100万~200万円で、3歳以降の学費はすべて会社が負担してくれます。また本人と会社の英会話スクール費用が年間50万~100万円、支給されるケースが多いです。

出張手当も一日につき4,000円~8,000円と高額なため、営業職の場合は出張手当だけでかなりのものになるでしょう。

駐在員の保険

駐在員勤務が決ったら、海外保険が必要になります。駐在員として渡航が決まったら駐在員お勧めの海外旅行保険の加入を検討しましょう。

駐在員は医療費が実質0に近いのですが、そのからくりに海外旅行保険があります。

駐在員は、会社が赴任先で使用できる日本の健康保険のような医療保険を用意してくれることが多いです。その保険で医療費の何割かはカバーされますが、自己負担は発生します。会社が保険を用意してくれない場合も同様です。

しかし駐在員は、海外旅行をしているのと同じ扱いなので、海外旅行保険に加入可能です。自己負担分を保険会社に、医療保障という名目で保険金請求すると自己負担分の全額が返ってきます。

歯の治療費は、保険適応外である場合が多いので気を付けておきましょう。

駐在員は浮気するのか

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

駐在員の全てではありませんが、駐在員のごく一部の人が、火遊びから浮気に走り、最悪の場合は現地妻や子供を持ってしまう人もいます。

発展途上国のタイなどは、社内に選ばれた美しい人がたくさん居り、日本人専用の花街も多数存在します。

花街では金銭で結ばれた体の関係だけに終わりますが、接待先で気に入った女の子を指名できるシステムがある「カラオケ」は、何度も出会ううちに個人的に連絡を交わして親密になることがあります。

また現地女性が日本のエリートと出会うためのアプリを使って、近づいてくることもあるので、代償の大きさを忘れずに誘惑に乗らないようにしましょう。

駐在員の婚活方法

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

駐在員の婚活方法は、現地の日本人会や社会人サークルか結婚相談所を利用することが考えられます。

日本人会や社会人サークルは、同郷会や、同じ大学出身者や趣味が同じ人の集まりもあり、そこでの出会いが期待できます。

入ってみないと恋愛対象になる女性がいるかは分かりませんが、相手も駐在員でなので分かり合える部分も多いでしょう。その分お互いの仕事についてどうするか、帰国のタイミングなどクリアしなければならない問題も多いでしょう。

また、日本にいなくても結婚相談所に登録することができます。なるべく早い結婚を望むなら、一時帰国を利用してお見合いをセッティングしてもらい、Skypeを利用してマメに連絡をとりあう必要があります。

多忙で国内でも難しい遠距離恋愛をサポートしてくれるのは、親身になってくれる経験豊富な結婚相談所です。下記リンクもご参照ください。

メリットとデメリットを考えて慎重な決断をしよう

駐在員の仕事内容・妻の生活・求人の探し方|年収/保険/浮気

駐在員のメリットは、高い給与を得ることができ、赴任先によっては優雅な生活が送れます。帰国後は昇進することはほぼ確定ですし、転職時も、海外赴任経験が有利に働きます。

しかし、心身ともにタフであることが必要です。もし、中東など危険レベルが高い赴任先であれば、危険と隣り合わせです。家族がいれば尚更ですが、「自分の身は自分で守る、何が起きても自己責任」という覚悟がないと務まらない場合もあります。

駐在員になると良いことづくめに思いがちですが、駐在員勤務を目指す人はメリットとデメリットを十分に考慮して慎重な決断をしましょう。

Related