Search

検索したいワードを入力してください

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スピーチは得意ですか。苦手と感じている方が多いのではないでしょうか。今回は、スピーチのコツや取り組み方などを簡単にまとめました。苦手な方だけでなく、得意な方もぜひ記事を読んで頂き、スピーチを今までより楽しんで取り組みましょう。

スピーチの苦手意識を少しでも払拭したい

みなさんは人前でスピーチをした経験ありませんか。いつもと違う雰囲気を感じて緊張してしまい、うまく喋ることができず苦い経験をしたなど、失敗による経験であまりスピーチを好まない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はスピーチを種別ごとに分け、スピーチのコツをお伝えしていきます。この記事を通じて苦手意識を払拭し、スピーチを前向きに取り組みましょう。

スピーチの事前準備

スピーチの準備はとても重要で、準備を怠ると緊張して話す内容を忘れてしまったり、話せたとしても構成ができておらず、聞き手が読み取りにくいスピーチになってしまいます。

スピーチを任されると本番の事ばかり考えてしまいますが、事前の準備がとても重要です。話をする内容を考え、聞き手が分かりやすいように話の構成を作り、最後は声に出して練習を行うと良いでしょう。

準備ができていると、たとえ本番緊張してもセリフが出てきたり、話すスピードが安定し、伝わりやすいスピーチをすることができます。

ではどのくらい準備の時間が必要なのか気になりませんか。残念ながら準備の時間は個人によって異なり、明白にお伝えができません。スピーチの経験を重ねると、自分がどれだけ練習すれば上手くできるのかわかってきますので、たくさんスピーチの経験を重ねるとよいでしょう。

スピーチの構成

ここでは構成の作り方を考えていきます。今回は三段階法を紹介します。三段階法の構成の基本は、序論・本論・結論となります。

序論は、話をするテーマを伝えます。この記事ですと、冒頭のテーマ「スピーチの苦手意識を少しでも払拭したい」にあたります。この時に、テーマだけを伝えるのではなく、聞き手が興味を持てるようイメージしやすいように心掛けましょう。

本論は、テーマに対して具体的な内容や事例を伝えていきます。この記事では、冒頭と最後のテーマを除く全てが該当します。本論は、冒頭と最後に比べて、聞き逃されやすい箇所になります。そのため、テーマや結論をここで伝えるのは避けましょう。

結論は、答えや考えを簡潔にまとめ伝えます。この記事の最後のテーマ「スピーチを楽しもう」にあたります。自身の伝えたかったを内容をまとめる箇所になります。話が長くならないように、簡潔にまとめるようにしましょう。

長さ別スピーチのコツ

スピーチは時と場合によって、長さが変わってきます。結婚式のスピーチや会社での朝礼、または会議でのスピーチなど担当するスピーチによって長さが変わります。長さによってのスピーチの進め方のコツを考えていきましょう。

3分

3分は感じている以上に短い時間になります。そのため、相手に何を伝えたいのかを明白にし、自分が話したい内容をまとめ、時間内に収めることが大切です。

3分のスピーチのコツとしては、話すテーマを1つに絞りましょう。1つのテーマを3分も話せないからと、いろんな話を考えて話される方がいらっしゃいますが、これだと何が話したかったのか聞き手に伝わりにくくなってしまいます。1つのテーマに話すというコツを意識しましょう。

もちろん例外もあります。朝礼などのスピーチで、伝えなければならないテーマが複数ある場合などは、テーマを1つに絞る必要はありません。

例えば、昨日の業務中に発生した問題が複数あり、全てを議題として話す必要がある場合、テーマを絞る必要はありません。この場合は結論から述べ、後に具体的な内容を話すと良いでしょう。

5分

5分のスピーチも3分のスピーチと変わらず、1つのテーマに絞りましょう。しかし、5分も持たせる自身が無いという方も多いのではないでしょうか。本論で話す内容はさらに分けて考えましょう。

この記事で例えますと、「長さ別スピーチのコツ」「特徴別スピーチのコツ」「状況別スピーチのコツ」「シーン別スピーチのコツ」のようにさらに細分化して作成しています。

スピーチも同じように細分化して話すと、話す内容が増えて、5分では足りなくなるぐらいになるのではないでしょうか。そのため、5分スピーチでは2・3に分けるぐらいが丁度良いです。

特徴別スピーチのコツ

スピーチは真面目な話だけではなく、時には笑いを誘うことも大切です。スピーチで失敗するのを恐れず、笑ってもらえるスピーチもできるように心掛けましょう。

Latests