Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月24日

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

スピーチは得意ですか。苦手と感じている方が多いのではないでしょうか。今回は、スピーチのコツや取り組み方などを簡単にまとめました。苦手な方だけでなく、得意な方もぜひ記事を読んで頂き、スピーチを今までより楽しんで取り組みましょう。

スピーチの苦手意識を少しでも払拭したい

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

みなさんは人前でスピーチをした経験ありませんか。いつもと違う雰囲気を感じて緊張してしまい、うまく喋ることができず苦い経験をしたなど、失敗による経験であまりスピーチを好まない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はスピーチを種別ごとに分け、スピーチのコツをお伝えしていきます。この記事を通じて苦手意識を払拭し、スピーチを前向きに取り組みましょう。

スピーチの事前準備

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

スピーチの準備はとても重要で、準備を怠ると緊張して話す内容を忘れてしまったり、話せたとしても構成ができておらず、聞き手が読み取りにくいスピーチになってしまいます。

スピーチを任されると本番の事ばかり考えてしまいますが、事前の準備がとても重要です。話をする内容を考え、聞き手が分かりやすいように話の構成を作り、最後は声に出して練習を行うと良いでしょう。

準備ができていると、たとえ本番緊張してもセリフが出てきたり、話すスピードが安定し、伝わりやすいスピーチをすることができます。

ではどのくらい準備の時間が必要なのか気になりませんか。残念ながら準備の時間は個人によって異なり、明白にお伝えができません。スピーチの経験を重ねると、自分がどれだけ練習すれば上手くできるのかわかってきますので、たくさんスピーチの経験を重ねるとよいでしょう。

スピーチの構成

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

ここでは構成の作り方を考えていきます。今回は三段階法を紹介します。三段階法の構成の基本は、序論・本論・結論となります。

序論は、話をするテーマを伝えます。この記事ですと、冒頭のテーマ「スピーチの苦手意識を少しでも払拭したい」にあたります。この時に、テーマだけを伝えるのではなく、聞き手が興味を持てるようイメージしやすいように心掛けましょう。

本論は、テーマに対して具体的な内容や事例を伝えていきます。この記事では、冒頭と最後のテーマを除く全てが該当します。本論は、冒頭と最後に比べて、聞き逃されやすい箇所になります。そのため、テーマや結論をここで伝えるのは避けましょう。

結論は、答えや考えを簡潔にまとめ伝えます。この記事の最後のテーマ「スピーチを楽しもう」にあたります。自身の伝えたかったを内容をまとめる箇所になります。話が長くならないように、簡潔にまとめるようにしましょう。

長さ別スピーチのコツ

スピーチは時と場合によって、長さが変わってきます。結婚式のスピーチや会社での朝礼、または会議でのスピーチなど担当するスピーチによって長さが変わります。長さによってのスピーチの進め方のコツを考えていきましょう。

3分

3分は感じている以上に短い時間になります。そのため、相手に何を伝えたいのかを明白にし、自分が話したい内容をまとめ、時間内に収めることが大切です。

3分のスピーチのコツとしては、話すテーマを1つに絞りましょう。1つのテーマを3分も話せないからと、いろんな話を考えて話される方がいらっしゃいますが、これだと何が話したかったのか聞き手に伝わりにくくなってしまいます。1つのテーマに話すというコツを意識しましょう。

もちろん例外もあります。朝礼などのスピーチで、伝えなければならないテーマが複数ある場合などは、テーマを1つに絞る必要はありません。

例えば、昨日の業務中に発生した問題が複数あり、全てを議題として話す必要がある場合、テーマを絞る必要はありません。この場合は結論から述べ、後に具体的な内容を話すと良いでしょう。

5分

5分のスピーチも3分のスピーチと変わらず、1つのテーマに絞りましょう。しかし、5分も持たせる自身が無いという方も多いのではないでしょうか。本論で話す内容はさらに分けて考えましょう。

この記事で例えますと、「長さ別スピーチのコツ」「特徴別スピーチのコツ」「状況別スピーチのコツ」「シーン別スピーチのコツ」のようにさらに細分化して作成しています。

スピーチも同じように細分化して話すと、話す内容が増えて、5分では足りなくなるぐらいになるのではないでしょうか。そのため、5分スピーチでは2・3に分けるぐらいが丁度良いです。

特徴別スピーチのコツ

スピーチは真面目な話だけではなく、時には笑いを誘うことも大切です。スピーチで失敗するのを恐れず、笑ってもらえるスピーチもできるように心掛けましょう。

面白い

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

面白い話をするコツとしては、長々と話をしないようにしましょう。前振りの説明が長くなってしまうと、オチの話の前で飽きてしまう恐れがあります。そうなると、オチの部分を話しても笑いが起きずに失敗した空気になってしまいます。前振りの説明は短くして、オチまで短時間で持っていきましょう。

次のコツとしては、スピーチしている人が前振りの部分で笑わないうにしましょう。先に笑ってしまうと、聞き手の方が冷めてしまいオチの部分があまり盛り上がらないことがあります。なるべく、気持ちを抑えてできるように努めるとさらに良いでしょう。

状況別スピーチのコツ

スピーチは状況で大きく変わる場合があります。例えば、朝礼ではいつも同じメンバーが聞き手となりますが、結婚式では初対面の人が聞き手となるなど、状況によって大きく変わります。

いつも同じメンバーの時は、多少の失敗などは許されますが、大切な会議や結婚式でのスピーチでは失敗を恐れて、とても緊張してしまうことがあります。緊張してしまった時に行う心構えや簡単なコツをここではお伝えします。

緊張

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

まず、コツではなく心構えからです。スピーチは基本緊張するのが当たり前です。緊張していることが異常のように思い、緊張を抑えようと考えてしまいがちですが、みんな緊張します。緊張してしまった時は、まず受け入れましょう。そして、失敗した時の考えるなど、ネガティブにならないように気をつけましょう。

次に簡単なコツをお伝えします。ステージや前に立ってスピーチをする時は、人の目をあまり見ないように気をつけましょう。スピーチをする人は聞き手の目を見る必要はありません。

頭を左右に動かしていれば、全員に話しているように見えます。目を見て話そうと意識すると、さらに緊張したりセリフが飛んでしまう場合がありますので気をつけましょう。

シーン別スピーチのコツ

先ほどまでは、結婚式などの初対面が多いスピーチのパターンでしたが、ここでは朝礼など聞き手が身内だったり、頻度が多く行われるパターンのスピーチのコツについてです。

朝礼

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

朝礼のスピーチは、基本的な流れが決まっているパターンが多いのではないでしょうか。そのため、最初の頃は流れを間違えないようにと意識してしまい、硬くなってしまう場合があります。

コツとしては、紙に内容を控えておいたり、何度か声に出して練習をしましょう。朝礼のスピーチは練習する人は少なく、ぶっつけ本番で挑戦する人が多くいます。朝礼のために練習なんてと思われる方も、家で5分簡単に練習をするだけで気持ちが変わってきます。

スピーチを覚えるコツ

スピーチを覚えられないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、覚え方のコツを話していきます。暗記が苦手という人も挑戦してほしいです。やり方は簡単で、話す内容を絵や形にして、イメージをして覚えましょう。

ここでのコツはこれだけです。例えば、スピーチというワードをイメージすると教壇や人前に立っている場面を想像できます。このように、ワードから考えられる内容をイメージして覚えると、頭に入りやすいです。

ちなみに、英単語も同じで、単語を頭でイメージしながら覚えると覚えやすくなります。例えば、「cat」は「猫」を想像して覚えると良いでしょう。

年代別スピーチのコツ

ここが、とても難しいスピーチとなります。年代によって興味や価値観が変わり、同年代で評判がよかった話しをしても、年代が変わると捉え方が変わり面白さを感じてもらえないなどギャップが起こります。そのため、とても難しいスピーチとなります。

中学生

一番年頃の年代となり、話し手も話題が難しくなります。興味や関心が人によって差が出てくるのもこの年頃からではないでしょうか。そのため、テレビの話をしても盛り上がる人もいれば、勉強や部活に関心が強い人には、ウケがよくありません。

コツとしては、全員を喜ばせるのではなく多数派を味方に付けるようにしましょう。そのためには準備と情報が重要で、どんな学生たちが多いのか情報を得て、対策をするようにしましょう。

例えば、塾生徒の前で話をするのであれば、勉強の話に関心が強いため、勉強の話をするとイメージがしやすく、話を聞いてもらいやすくなります。この時に、少数派の勉強が嫌いな生徒のことは考えないようにしましょう。

スピーチを楽しもう

スピーチのコツ・覚える|長さ別/特徴別/シーン別/年代別

これまで、スピーチを行う際のコツや方法についてお話をさせていただきました。今まで苦手だった方がコツや意識改善に励み、少しでも苦手意識がなくなれば幸いです。

最後に一番大切なのは気持ちです。やらされた気持ちで嫌々やるのではなく、前向きにスピーチに励み楽しみながらスピーチを行なって、どんどんトーク力を自分の力にしてもらいたいです。

Related