Search

検索したいワードを入力してください

検索連動型広告の8つのデメリット|メリットや運用のポイントもあわせて解説

更新日:2022年05月09日

検索連動型広告のメリット・デメリットや、運用のコツをご存知でしょうか。この記事では、検索連動型広告の持つ特徴、GoogleとYahoo!の違いなどについて解説しました。検索連動型広告の運用を検討している方は、参考にしてください。

検索連動型広告とリスティング広告の違い

検索連動型広告は、ユーザーが検索を行った際の検索ワードに関連した内容の広告を、検索結果画面に表示するタイプの広告です。

また、ディスプレイ広告と呼ばれる、Webサイトなどの広告枠にバナー広告などの形式で表示される広告もあります。

検索連動型広告とディスプレイ広告の2つをまとめてリスティング広告と呼びます。つまり、検索連動型広告はリスティング広告の一種です。

検索連動型広告とオーガニック検索の違い

検索連動型広告も、オーガニック検索もどちらも検索結果に表示されますが、検索連動型広告は広告主が表示させるものであり、広告がクリックされると費用が発生することが特徴です。

オーガニック検索は、表示させることに対しても、クリックされた場合にも、サイトの運営者が費用を払う必要がありません。しかし、上位表示させるためにはSEO対策を行う必要があり、手間と時間がかかるというデメリットがあります。

多少の費用を払ってでも、短期間で成果につなげたい場合などは、検索連動型広告の出稿を検討しましょう。

検索連動型広告の仕組み

広告主がキーワードを設定し、そのキーワードと検索ユーザーが検索した際の検索ワードが一致すると、検索結果に広告が配信されます。配信される広告は基本的にはテキストのみの広告です。ターゲットとするユーザーがクリックしたくなるようなテキストを広告主側で設定します。

表示された広告がクリックされると費用が発生し、クリックされずに表示されただけの場合は費用が発生しません。

検索連動型広告の8つのデメリット

検索連動型広告の利用を考えている場合は、まずはそのデメリットについてしっかり把握しましょう。デメリットを把握せずに利用してしまうと、費用や時間が無駄になってしまうでしょう。

ここからは、検索連動型広告のデメリットについて紹介します。

1:定期的な改善が必要になる

ユーザーが、どのような単語で何回検索するのか、という状況は日々変化します。そのため、以前は効果のあった広告もトレンドが変わると、効果が薄れる可能性もあります。

検索連動型広告は定期的に改善を行う必要があり、その改善に時間がかかってしまう点がデメリットです。

2:広告費がかかる

当然、広告費の投資をストップすると、検索連動型広告からのサイト流入もストップします。

検索連動型広告を用いた集客を続けるためには、広告費を払い続ける必要があるため、場合によっては広告費がかさむことになるのがデメリットです。検索連動型広告以外のサイト流入を、検討した方が良い場合もあります。

3:人気キーワードはクリック単価が高くなる

検索連動型広告の掲載枠に表示される広告の数には上限があるため、上限以上の広告が集まった場合は、クリック単価などをもとにランク付けされ、ランクの高い広告のみが表示される仕組みです。

多くのアクセスが見込めるキーワードや、購買意欲の高いユーザーが用いるキーワードなどはどの広告主も設定したがるため、クリック単価が高くなる傾向にあります。

4:宣伝コンテンツを避けるユーザーもいる

次のページ:検索連動型広告の9つのメリット

初回公開日:2022年05月09日

記載されている内容は2022年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests