Search

検索したいワードを入力してください

リスティング広告の広告グループで設定できる項目|設定する際のコツを解説

更新日:2022年05月09日

リスティング広告の広告グループを設定する際のコツや注意点をご存知でしょうか。本記事では、広告グループを設定する上でのポイントや、GoogleとYahoo!の違いなどを紹介します。広告グループの設定について疑問や不安がある方はぜひ読んでみてください。

リスティング広告の広告グループは何に影響する?

広告グループとは、広告やキーワードをひとまとめにしたものです。広告グループのクリック単価を高くすれば、クリック数も増える傾向にありますが、比例して広告の表示にかかる費用も増えます。

広告グループの中の広告の質や広告と検索キーワードの関連性が高まると、検索エンジンに評価されやすくなり、掲載順位が溜まりやすいでしょう。

リスティング広告の構成要素

リスティング広告は、キャンペーンやキーワードなどの複数の要素から構成され、それらの要素は階層構造をなしていることが特徴です。

リスティング広告を運用する上で、この構造について理解することは必須です。以下でそれぞれの要素について紹介します。

アカウント

リスティング広告においては、1つの会社で1アカウントを保有することが基本です。

アカウントでは、アカウント全体にまたがるような、言語設定、各ユーザーの権限設定、支払いの方法や情報など、リスティング広告を運用する上での基本設定を行います。

キャンペーン

リスティング広告におけるキャンペーンは、アカウントの中に複数個設定できます。キャンペーンごとに、予算、ターゲット、広告の配信先ネットワークなどを設定できます。

複数の商品を取り扱っている場合や期間限定のセールを実施する場合など、予算を分けて管理するケースにおいてはキャンペーンを使い分けましょう。

広告グループ

広告グループは、似たようなテーマやターゲットを有する広告文やキーワード、表示URLをまとめてグループにしたもので、キャンペーンの配下に作成できます。

広告グループ内に含まれる広告とキーワードは、それぞれ関連性のあるものを設定しましょう。関連性のない広告とキーワードを組み合わせてしまうと、広告の効果が薄れてしまいます。

広告

リスティング広告の特徴は、バナー広告などとは異なり基本的に全て文字で表示されます。広告を構成する主な要素は見出し、広告説明文、表示URLで、検索結果画面に文章として表示されます。

Googleの場合、見出しは半角30文字以内で設定できます。説明文は、広告の内容について述べた文章であり、Googleの場合は半角90文字以内で設定可能です。

キーワード

キーワードは、ユーザーがどの単語やフレーズで検索をした時にリスティング広告を表示するかを決定するものです。広告グループの中で、広告と紐付ける形式でキーワードを設定します。

自社がターゲットとしているユーザーに対して広告を表示するためには、広告と関連性があり、なおかつユーザーが検索しそうなキーワードを設定しましょう。

GoogleとYahoo!両方の広告グループで設定できる項目

GoogleとYahoo!の両者に共通している項目は、リスティング広告の広告グループを運用していく上で、基本の要素である場合がほとんどです。

GoogleとYahoo!それぞれの特徴をつかむ前に、まずは両者に共通した部分について知っておきましょう。

次のページ:Googleの広告グループで設定できる項目

初回公開日:2022年05月09日

記載されている内容は2022年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests