Search

検索したいワードを入力してください

パンダアップデートの影響を受けるSEOとは|高品質な記事を作るポイントも紹介

更新日:2022年05月09日

自社サイトの掲載順位の変動に悩まされていませんか?今回はGoogleが行うアルゴリズムアップデート、「パンダアップデート」が検索結果に及ぼす影響や、それに合わせたSEO方針のポイントをご紹介します。ぜひWEBマーケティング戦略の参考にしてみてください。

パンダアップデートってなに?

パンダアップデートとは、Googleが定期的に行うアルゴリズムアップデートの一つです。

Googleはアルゴリズムを定期的に調整することで検索結果をより検索者の意図に沿ったものに改善しています。

その中でもパンダアップデートはサイトの質を重視した内容となっており、導入以降高品質なサイトの掲載順位が上げられ、低品質サイトの順位が下げられるようになりました。

パンダアップデートが実施された理由とは?

それまで、Googleの検索結果ではサイト内コンテンツの質よりも量が重視される傾向にありました。この傾向によって、内容の乏しく、必要とされるキーワードのあまり含まれないサイト、または同じような内容のサイトが上位に集中してしまうという事態が起こっていたのです。

そういった状況を改善すべく導入されたのが、サイトの質を重視するパンダアップデートでした。

パンダアップデートの影響を受けるSEOとは

掲載順位を上げるために行われるSEO対策にとって、このアップデートは見逃すことのできない重要な問題です。では、どのようなサイトがパンダアップデートによる順位変動の影響を受けるのでしょうか?

ここからは、順位の下がる「低品質」なサイトを作ることになってしまうSEO方針について具体的に紹介します。

他サイトの内容をコピーしている

パンダアップデートの背景として「似通った内容のサイトの乱立」という状況を挙げた通り、他上位サイトのテキストをコピーしたページは低品質であると判断されます。

前提として、文章は必ずオリジナルのものである必要があるということです。

サイトの大半がアフィリエイトを目的としている

アフィリエイトとは、広告主から依頼を受け、Webサイトで特定商品の販売促進を行うことでその売り上げの一部が報酬となる、アフィリエイト・サービス・プロバイダを介した成果報酬型の広告掲載方法です。

パンダアップデートでは、コンテンツが実際にもつ価値や公平性が重視されるようになりました。よって、商品の販売のみを目的としている偏った内容や、レビューと販売ページのみといった実質的ではない内容にはチェックが入ります。

機械的に作られたページがある

先ほど紹介した「ページ内容の価値」という基準について考えると、当然、コンテンツは意味のあるものでなければなりません。パンダアップデートでは、検索結果の上位にヒットすることのみを目的としたサイトも取り締まられることになりました。

コンピュータにより自動で作成されており、上位に表示されやすいキーワードを並べたのみで意味を成さない内容のページを含むサイトは、このアップデートを期に順位を落とすこととなります。

上位表示するためのキーワードが大量に使われている

機械によるものでなくても、上位に表示されやすいキーワードを使用することのみを目的としたページが含まれるサイトは必然的に低品質であるとみなされます。

これに関連して、様々な関連キーワードによる検索結果にヒットし、最終的に特定のページに誘導するように作られた「誘導ページ」も同様に低品質の評価を受けることになります。

オリジナル性や専門性が低い

高品質なページであるためには、テキストの独自性だけでなくその内容自体にオリジナル性がなければなりません。また、内容の信憑性の観点からも、専門家の監修を受けた記事や、自社の専門的なノウハウを含んだ内容であることが必要です。

コンテンツの独自性と内容の専門性を備えているかどうかが、ページの品質を大きく左右すると言えます。

次のページ:パンダアップデートで上位表示されるための高品質な記事を作るポイント

初回公開日:2022年05月09日

記載されている内容は2022年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests