Search

検索したいワードを入力してください

PPC広告運用を代行業者に依頼するメリットは?費用対効果を高める方法も紹介

更新日:2022年05月09日

PPC広告の運用を代行業者に依頼することには、どのようなメリットがあるのかご存じでしょうか。本記事ではPPC広告の運用を代行業者に依頼するメリットやデメリット、運用代行業者の選び方などを紹介するため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

PPC広告の仕組み

PPC広告のPPCとは「Pay Per Click」の略で、クリック1回ごとに費用が発生するというWeb広告の課金の仕組みのことです。表示された広告をユーザーがクリックし、ランディングページに推移することにより、広告主側にクリック1回分の費用が発生します。

また、PPC広告はテレビやラジオ、新聞、雑誌などのマス広告と違い、高額な初期費用がかからない点も特徴だと言えるでしょう。

PPC広告とCPM広告の相違点

Web広告の中にはPPC広告の他にも「CPM(Cost Per Mille)広告」と呼ばれるものがあります。PPC広告がクリックを1回されるごとに費用が発生する課金方法であるのに対して、CPM広告は広告1,000回表示ごとに課金されるという違いがあります。

課金の仕組みは異なりますが、どちらも課金方法を指す名称です。なお、表示回数のことをインプレッションと呼ぶことから、CPM広告は「インプレッション広告」と呼ばれることもあります。

PPC広告に分類される広告の種類

PPC広告はWeb広告の課金の仕組みの1つですが、PPC広告に分類される広告にはさまざまな種類があります。ここでは、PPC広告に分類される広告の種類を紹介します。どのような種類があるのか参考にしてみてください。

SNS広告

SNS広告とは、SNSのタイムライン上でプロモーションとして表示されるPPC広告です。広告媒体としてはTwitterやInstagram、Facebookなどがあります。

SNS広告は、媒体であるSNSのユーザー層の特徴やアカウント情報などに合わせてターゲティングを行うことが可能でしょう。また、近年では動画などを使用したクリエイティブなSNS広告も増えており、ユーザーからのシェアが広がれば広告以上の効果も期待できると言えます。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトやアプリなどの広告枠に表示されるPPC広告です。テキストやバナー、動画など表示方法もさまざまで、サイトを閲覧しているユーザーの目につくように配信できます。

ディスプレイ広告は配信サイトなどに合わせてターゲティングし、広告を配信することができますが、後述するリスティング広告と比較すると興味や関心がないユーザーにまで広告が表示されるというデメリットもあります。

リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードやWebサイトの内容に連動して表示されるPPC広告です。

検索結果画面に表示されるリスティング広告は「検索連動型広告」とも呼ばれています。非常にメジャーなPPC広告であるため、検索エンジンで表示されるリスティング広告のことをPPC広告だと認識している人も多いのではないでしょうか。

リスティング広告の掲載媒体としては、GoogleとYahoo!があります。

PPC広告自体が持つメリット

PPC広告は、ユーザーにクリックされることで初めて費用が発生する課金方法であるため、初心者でも費用を抑えて始めやすいなどのメリットがあります。

これからPPC広告を運用しようと考えている場合は、具体的にどのようなメリットがあるのか知っておくと良いでしょう。ここでは、PPC広告自体が持つメリットを紹介します。参考にしてみてください。

  • 効果を把握しながら運用できる
  • コストがあまりかからない
  • 費用対効果が期待できる
  • 出稿の停止や修正をすぐに行える
  • データを可視化できる
次のページ:PPC広告の運用を代行業者に依頼する6つのメリット

初回公開日:2022年05月09日

記載されている内容は2022年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests