Search

検索したいワードを入力してください

BtoBマーケティングの事例11選!それぞれの手法や戦略を解説

更新日:2022年05月09日

日々多種多様な宣伝手法が生みだされている中、自社にあったマーケティング戦略が分からない、いまいち効果がないと感じていませんか。この記事では、事例11選からなぜ上手くいったのかを解説していきます。具体的な戦略を立てるヒントが得られるため、最後までお読みください。

BtoBマーケティングとは?

BtoBマーケティングとは企業間でモノやサービスを売るための仕組み作りのことを意味します。マーケティングとは広告戦略を指すと思われる方も多いですが、広い意味では市場調査や立案、広告宣伝、検証までの全ての仕組み作りを指します。

つまりBtoBマーケティングとは、企業や団体、事業者を対象としたビジネスにおいて取引を行い利益獲得のために行うマーケティングの仕組み作りや一連の活動のことを意味します。

BtoBとは?

BtoBとは「Business to Business」の略で、企業が企業に対してサービスやモノを提供するビジネスモデルのことを意味します。企業間での取引のため単価が高い場合が多く、長期的な関係性を築いてく傾向にあります。

BtoBは、「b2b」や「btob」と表記されることもありますが同じ意味です。

BtoCとは?

BtoCとは「Business to Consumer」の略で、企業が個人(消費者)に対してサービスやモノを提供するビジネスモデルを意味します。個人を取引相手としているため単価が低いことが多く、サービスを多く売る傾向にあります。

私たちがスーパー・百貨店・コンビニで商品を買う、旅行に行くと言った際に利用しているものは全てBtoC事業にあたります。

BtoCマーケティングとの違いは?

BtoBとBtoCのマーケティングにおける違いを手法・意思決定者・金額・期間の4つの視点で比較しました。

BtoCでは、消費者の感情に訴えかける手法が一般的ですが、BtoBでは双方の利益に焦点を置いたより合理的なマーケティングが有効です。一時の感情を動かす様な広告や流行に合わせた商品ではなく、念入りな調査や分析による納得感のあるシナリオが鍵になります。

意思決定者においての違いはBtoCでは購入者本人に最終決済権があることが多く、BtoBでは複数の人が取引に関わり意思決定が行われる点です。

さらに、取引される金額の規模はBtoCよりBtoBの方が高額であることが多く、取引にかかる時間も長期間になるという違いもあります。

BtoBマーケティングの成功事例11選

BtoBマーケティングの方法は企業の持っている特性や達成したい目標により様々です。今回はBtoBマーケティングの成功例からどの様な課題に対してどんな施策を行い成功したのかを実際の事例11選とともに紹介させていただきます。ぜひ自社のマーケティングの参考にしてください。

1:オウンドメディアを活用したコンテンツマーケティング

オウンドメディアとは、一般的には企業が運営するウェブマガジンやブログを指すことが多いです。広義ではホームページ、ブログ、SNSアカウントなども含みます。

オウンドメディアは、育てるのに時間がかかりますが自社のメディアとして長く利用されファン化しやすいというメリットがあります。

コンテンツマーケティングとは、顧客に価値ある情報を届けることによって、顧客との信頼関係を築き自社の商品やサービスを売り、ファン化する手法を指しています。

つまりオウンドメディアとは、読者にとって価値あるコンテンツを発信する事で、見込み顧客のニーズを育成し、最終的にはファン化させることをめざす一連のマーケティング手法です。

成功事例として、M&A仲介会社のストライクにおいて世間のM&Aについての認知度の低さが課題となっていました。

M&A自体を広く普及させ身近に感じてもらうことを目的に、M&A関連の経済・ニュースなどトレンドの情報を交えながら発信しているオウンドメディア「M&A Online」の運営を開始しました。

最終的には自社が提供するオンラインM&Aマッチングサービス「SMART」の利用増加につながりました。オウンドメディアでファンを作り見込み客の育成ができたことが成功の要因となりました。

次のページ:2:技術データベースサイトを活用した販促

初回公開日:2022年05月09日

記載されている内容は2022年05月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests