Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】自分を売る方法・本・由来|面接/営業

更新日:2022年08月14日

男は黙って勝負という時代もありましたが、現代は自分を売る時代になってきました。しかし具体的な売り方を知らない人は多いでしょう。この記事ではさまざまな人を想定した、自分の売り方を紹介しています。自分を売ることに関心がある方は、参考にしてください。

面接で自分を売る方法マニュアル

面接は企業と応募者がお互いを知る場です。その場で黙っていては、面接官は応募者のことを知ることができません。履歴書から判断できることは少ないです。面接はそのためにあります。しかし面接で自分を売ることが大切だと言われても、自分の売り方を知らない人は多いでしょう。

そこで以下の内容では、面接で自分を売る方法の例を紹介していきます。紹介した例を自分なりにアレンジして実行してもいいでしょう。

面接で自分を売る具体例

「自分は前職ではチームリーダーを任されていました。自分はチームリーダーの器ではないと最初は断りましたが、どうしてもチームリーダーになって欲しいと頼まれて、全力で頑張ってきました。しかし違う会社で大きな仕事がしたいと思い、応募させてもらいました。」

前職ではチームリーダーであったことと、応募先ではもっと大きな仕事がしたいことをアピールしています。このアピールで大切な点は、謙虚な言葉で自分をアピールしていることです。謙虚な言葉で自分を売ることは効果的です。

謙虚な人柄であることを印象付けたら、面接官は周囲の人たちと上手くやっていけると判断してくれるでしょう。採用の決め手は能力もありますが、それ以上に人柄が大切です。

種類別仕事やイベントで自分を売る方法

自分を売る方法は相手によって異なるでしょう。ある相手には効果的であっても、ある相手には効果的ではないケースはあり得ます。これから紹介する相手別への自分の売り込み方は、相手によって自分を売る方法が異なっています。

営業

一般的な営業は攻めの販売です。しかし販売する前に得意先に、自分のことを売り込む必要があります。自分を売り得意先から認められることによって、初めて注文を受けることができるようになります。

しかし自分を売る前にすることがあります。きちんと挨拶する・ビジネスマナーを守る・納期を守る。以上のことができてから、より得意先と親しい関係になっていきましょう。最低限のことがきちんとできる営業員と分かってもらえたら、話をきちんと聞いてくれるでしょう。

自分を売るときは大風呂敷を広げずに、誠実に得意先のためになる提案をしましょう。それが最善の自分を売る方法です。具体的でためになる提案は、得意先にとってありがたいことです。

接客

接客業は気配り業です。気配りができる販売員は客に良い印象を与えます。自分を売るときも、気配りを忘れないようにしましょう。気配りは想像以上に人に良い印象を与えます。それを自分を売るときに、活かさない手はありません。

初めての客がきたときは、自分を売るチャンスです。いきなり商品を押しつけるのではなくて、「何かお探しでしょうか」と丁寧な口調で言いましょう。客が探している商品が分かれば、一緒に探しましょう。

商品を見つけたときは、商品の良さを丁寧に説明しましょう。親切な態度で商品を勧めることによって、客は良い販売員だと思うでしょう。そうなれば結果的に自分を売ることになります。

管理職

管理職に興味がある人はいるでしょう。自分が部下を管理することによって、課の業績が上がれば自分の株も上がります。転職エージェントが管理職を探しているのを知ったら、自分のスキルや経験が通用するか検討した後で応募しましょう。

転職エージェントでは書類審査の後で、面接があることが多いです。そのときは自分のスキルや経験を売るチャンスです。面接の場では静かな口調で、過去の具体的な管理職の実績を説明しましょう。説明するときは誠実さと、謙虚さを忘れないようにしましょう。

過去の管理職の経験の詳細まで語ることができたら、自分の管理職としての実績を売ることは可能です。具体的な数字を持ち出すのも効果的です。自分の管理職の実績を売るには、十二分の準備をしましょう。

コンピューターエンジニア

コンピューターエンジニアは腕次第で、いろいろな会社を渡り歩くことが可能です。今の職場に満足できない人は、違う会社で自分のスキルを試してみるのもいいでしょう。そのためには、自分のスキルを積極的に売り込みましょう。

売り込むと言っても叩き売りのような売り方はいけません。応募先の会社の面接官が気持ちよく聞ける、売り込み方をしましょう。具体的には以下のような売り込み方であれば、面接官は気持ちよく聞けて納得しやすいでしょう。

「自分はある工場の空調管理システムの構築を担当していました。主にC言語とデーターベースを使って開発を進めてきました。開発期間は三ヶ月ぐらいでした。そのうちの一ヶ月はシステムの検証期間にあてました。」

技術力と言うのは口で言っても判断しにくいです。初めての相手にも理解できるように、より具体的に技術力と業務遂行力を説明すればいいでしょう。

恋愛

一目会ったその日から、恋に落ちることはあるでしょう。

しかし恋に落ちても想いを伝えなければ、恋愛には発展しません。恋愛に発展させるように、自分を売り込んでいきましょう。今回は男性が女性に売り込む例で説明しましょう。

女性に自分の良さを売るときは格好をつけたくなりますが、そんな気持ちは極力抑えましょう。恋愛に発展させるために大切なことは、人間的な魅力と誠実さです。人間的な魅力は後になって徐々に気付いていきますが、誠実さは初対面でもある程度は判断してもらえます。

できる限り自然な態度で女性には親切にしましょう。女性を席に座らせるときは、埃やゴミを取ってあげましょう。女性の話を聞くときは最後までじっくりと聞きましょう。そんな小さな行動が誠実さを印象付けるには効果的です。女性は不器用でも誠実な人を好む傾向が強いです。誠実さを伝えることは自分を売ることでもあります。

お見合い

次のページ:自分を売ることに関する本

初回公開日:2018年03月26日

記載されている内容は2018年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests