Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月05日

バイトの源泉徴収票は発行されるのか・発行の時期・ない場合

アルバイトでも源泉徴収票は発行してもらえます。単発、派遣、短期のアルバイトでも一定額の賃金を得ている場合は源泉徴収票が発行できます。アルバイトでも会社ごとの待遇などを調べておき、厚生年金や健康保険に加入できれば加入をしておき安心して働くようにしましょう。

アルバイトの場合源泉徴収票は発行されるのか

派遣社員や契約社員、正社員以外の働き方としてアルバイトがあります。アルバイトとは日払いや単発、派遣などさまざまな雇用形態があります。アルバイトは昔は単発や派遣などといったアルバイトはあまりなく、ほとんどの人がアルバイトでもそれなりに稼げて生活をしていけたという背景があります。

アルバイトの場合社会保険料控除後の月の給与が88,000円以上ある場合は所得税が源泉徴収されて年末に源泉徴収票が発行されます。日払いや派遣、単発なども一日に9,300円以上の収入があれば源泉徴収され年末に源泉徴収票が発行される仕組みになっています。

源泉徴収票が発行されれば源泉徴収の金額を見て不足の場合は追加納付や過払いの場合は税金が還付されるようになっています。

単発アルバイトの場合

単発アルバイトというのは警備会社や倉庫の軽作業などで多い雇用形態です。アルバイトとして単発で働く人も多く、不安定な収入なので源泉徴収が発行されない場合が多いです。単発のアルバイト場合は一日に9,300円の収入があれば源泉徴収を発行してもらえるようになっています。

単発アルバイトなので一年を通して働く事はないので、年間働いた金額が103万円以下ならば納付する税金はありませんが、源泉徴収額に数字が入っていれば源泉徴収された分は源泉徴収票を発行した時点で還付されます。

単発アルバイトの場合は一日9,300円稼がないと源泉徴収はされません。月に直しても源泉徴収される金額は少なく、還付金として返ってくる額は少ないでしょう。

派遣アルバイトの場合

派遣アルバイトの場合は月88,000円稼ぐことができるので年末に源泉徴収票を請求できます。アルバイトでも一定額をもらっていないと源泉徴収票は発行されません。派遣アルバイトはコンスタントに仕事をしている場合が多く、年末に源泉徴収票を発行して還付される場合が多いです。

アルバイトでも源泉徴収票は発行できますが、所詮アルバイトなので不安定な収入に応じて源泉徴収されるので還付金が期待できないばかりか、社会保険や失業保険も加入していない場合が多く、できればアルバイトでもそれらの待遇を受けながら仕事をした方が退職した時により安心できます。

アルバイトでも源泉徴収票は発行されます。退職の時に源泉徴収票は受け取っておきましょう。

日払いのアルバイトの場合

単発アルバイトと同じく、日払いのアルバイトの人は一日9,300円の収入がなければ源泉徴収されません。源泉徴収される時は一日に働いた金額が日払いのアルバイトの人は9,300円以上の場合でなくてはいけないです。

月88,000円収入があって源泉徴収されるのではないので、一年間通して働けば年末に源泉徴収票をもらって還付金を受け取る事ができます。年末調整で不足分があれば追加納付もありますが、過払いがあれば還付されます。アルバイトでも源泉徴収票は発行されるのでできるだけ年末調整をしておきましょう。

アルバイトを辞めてしまった場合は辞めた会社に源泉徴収を発行してもらい、確定申告の際などに使うようにしましょう。

短期アルバイトの場合

短期アルバイトの場合は働いた期間の毎月の給与が社会保険料控除後の金額が88,000円ある場合は源泉徴収されます。単発アルバイトや日払いアルバイトのように一日9,300円という収入ではなく短期で働いた場合でも月に88,000円収入があれば源泉徴収されます。

短期アルバイトの場合は一年中仕事をするのではないので、仕事をして月のみでの源泉徴収票が発行されます。一年間に働いた金額が103万円以下でも源泉徴収されている期間があれば源泉徴収された金額は還付されます。

通常の毎日勤務があるアルバイトの場合

アルバイトでも一番安定している働き方です。契約社員や正社員への登用もあり得るので頑張って働いていればもっと良い雇用形態で仕事をすることができます。

源泉徴収される場合も月に88,000円あれば源泉徴収票が発行されます。通常のアルバイトなので一年間通して働く場合もあり、年末の源泉徴収票の年末調整で還付される金額は期待できるでしょう。

通常のアルバイトで働く場合はなるべく契約社員や正社員への登用のチャンスがあるアルバイトを選んだ方が無難でしょう。

アルバイトの源泉徴収票がない場合の対策は

源泉徴収をされていて途中で仕事を辞めた場合などで源泉徴収票がない場合は退職後に会社に発行してもらうか、失くした場合は再発行してもらいましょう。

アルバイトとはいえ一定額働いた場合は源泉徴収がされて源泉徴収票が発行される仕組みになっています。再発行してもらえれば再発行してもらいましょう。

また源泉徴収票を発行する程仕事をしていない場合はじぶんで確定申告をしましょう。源泉徴収がなければ還付金を受け取る事ができませんが、給与明細などで確定申告をしましょう。

アルバイトでも源泉徴収票は発行してもらえるので出来るだけ再発行や退職時にもらった源泉徴収票をなくさず持っておくことが大切です。

アルバイト先へ源泉徴収票を請求する場合

再発行をお願いしますと会社側に伝えます。退社した場合でも給与明細で所得税が発生している場合は源泉徴収票を受け取ることができます。

アルバイトでも辞めた会社へ書類を請求するのは気が向かない場合でも確定申告の時に楽になるので出来るだけ源泉徴収票をもらうようにしておきましょう。

きちんとした会社はいい加減なことはしません。源泉徴収票が必要ならば再発行してくれます。アルバイトは契約社員や派遣社員よりも不安定な雇用形態の場合が多いです。アルバイトで働く際も出来るだけ待遇の揃った雇用形態で仕事ができるようにしましょう。

アルバイトでも頑張り次第で、健康保険や厚生年金の加入も可能な会社もあります。会社へアルバイトとして働く場合でも社員待遇なども考慮してアルバイトを探しましょう。

アルバイトの源泉徴収票の発行の時期にもらえない場合

源泉徴収がされている金額で仕事をしていれば源泉徴収票の請求はできます。年末にもらえない場合の会社はほとんどなく、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社でも年末調整はしなくてはいけないので源泉徴収されている程仕事をしていれば源泉徴収票はもらえることになっています。

何かの理由で会社側が源泉徴収票を発行しなかった場合は労働基準監督署やNPO団体などに相談を持ちかけましょう。源泉徴収票を発行しない会社自体は珍しいので発行されないという心配はする必要がないでしょう。

アルバイトの源泉徴収票はどうしても必要なのか

確定申告にする時に必要になってきます。源泉徴収票は還付金をもらうためにはどうしても必要ですが、理由があって還付金が必要なければ源泉徴収票はあってもなくてもよいでしょう。
なくても確定申告はできます。

日払いアルバイトや派遣アルバイトにも源泉徴収票を発行している会社が多いので源泉徴収されていて源泉徴収票をもらえる会社がほとんどです。

ある程度勤務した期間がないと発行されない

月の勤務が88,000円以上で日払いや単発アルバイトでも一日の勤務の賃金が9,300円以上あれば源泉徴収票は発行されます。一年を通して働かなくても源泉徴収した時期があれば源泉徴収票を発行してもらい還付金をもらえます。

仕事を選ぶ際はアルバイトでも待遇のよい職場を選びましょう。

源泉徴収票はアルバイトでももらえるので確定申告で還付金を受け取ろう!

源泉徴収票はアルバイトでも発行してもらえます。単発アルバイトや派遣アルバイト、短期アルバイトでも源泉徴収票は発行してもらえます。アルバイトではなく待遇の良い契約社員や正社員として働くようにしましょう。

一定額の賃金を満たしていればアルバイトでも源泉徴収票を発行してもらえるので年末調整の際にも還付金を受け取ることのできるような働き方をしましょう。最近はアルバイトの人が多くなったので源泉徴収のことなどを調べて自己防衛をしましょう。

Latests