Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月13日

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

最初は、誰でも悩む書類ですが理解することが大切です。この記事では、源泉徴収票の書き方を、アルバイトからフリーランスの方までパッと見で分かるように紹介していきます。源泉徴収が、いまいちよく分からないと言う方でもこの記事を閲覧すれば理解しやすくなります。

申告書や年末調整に必要な源泉徴収票の書き方

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

書き方で気をつけなければならないポイントは、職種の正確な名称や、職種別に書くことです。例えば、社長の役職名や社員の職務の名称をきちんと書かなければなりません。

源泉徴収表の書き方で、もっとも重要なことは正確性なのでここら辺も妥協せずにちゃんと記載すれば、誤解を招くこともなくなるでしょう。また、従業員である場合は賞与などの給料の種類に分けて書くのがポイントでもあります。

そして、書き方以外にもマイナンバーも記載しなければならないので厳重に取り扱わなければ、個人情報漏洩につながってしまうので管理には気をつけることが大切です。

そもそも源泉徴収票とは?

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

そもそも源泉徴収票とは、簡単に言いますと一年間に企業から受け取った給与の総額、そして賃金の額に応じて支払った所得税額を書き記す書類です。基本的に年末調整の計算が終わった後に、二部配布されることが一般的です。

源泉徴収票を正しい書き方で作成すると会社員の給料の総額が理解できる上に、所得証明としても使うことが可能と言えます。つまり、所得税に関わる大切な書類だからこそ、書き方に正確性が必要不可欠な書類だと言うことが分かります。またフリーランスの方も含めて書類を提出しなければなりません。

法定調書

法定調書は、税務署に提出しなければならない義務がある資料なので書き方に気を配る必要があります。全59種類もある法定調書には、支払調書や源泉徴収票も含めて提出しなければならないと定められています。

法定調書に書き方に気をつけながら記載しなければならない内容は、給与所得の源泉徴収票合計表、退職所得の源泉徴収票合計表、報酬、契約金と賞金の支払調書合計表、不動産の使用料などの支払調書の合計6種類があります。

記入する場合は、給与所得の源泉徴収票合計票や退職所得の源泉徴収票の合計票などを特に重視しなければなりません。

不動産の使用料などに関しては不動産の貸主が個人の場合賃料が、そして法人の場合は、更新料が両方同じ金額で年間15万円を超えたときに提出する義務が定められています。間違えないように書き方に気をつけることが大切です。

支払調書など

法定調書の一種である支払調書は、同一人物に払った金額が5万円以上のときに作ります。

支払調書は、一年の報酬に加えて報酬に対して支払った源泉徴収税額が記載されていると言うことです。これは、企業勤めの一般的な会社員が受け取る源泉徴収票と、同じ扱いと言えます。なので、書き方には十分気をつけるべきです。

ただし、支払った方に支払調書を発行する義務はありません。また、支払いを受けた側も支払調書を税務署に提出しなければならない義務はないから、きちんと確認するようにしましょう。

フリーランスの源泉徴収の書類の書き方

源泉徴収票は、納税した企業や個人が作成したあとに一つを税務署へ、もう一つをフリーランスに交付しなければなりません。

会社員だったら、賃金から自動的に税金が差し引いて納税しているので源泉徴収票は、年末にきちんと配布されます。しかしフリーランスは会社員とは違って、仕事内容によって源泉徴収されるものとされないものがあります。

請求書

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

請求書には、必ず記載しなければならない項目があります。まず、一つ目が書類作成者の氏名や名称です。二つ目が取引年月日を記載しなければならないと定められています。これが無いと正確な請求書になりません。

三つ目に、取引内容の詳細を記入する必要があります。四つ目は、税込みで取引金額を記載することが必要です。税抜きと間違えないようにしましょう。

最後に、書類の交付を受ける事業者の氏名や名称を忘れないように記載することです。主な項目を確認したあと、書き方に気をつけながら請求書を書けば、顧客の信頼にも繋がります。

領収書

領収書は商品などに対して、支払った側がきちんとお金を払ったという証明として、発行されます。きちんと事実を書くことと、改ざんされないための工夫をする義務があるのでそこを気をつけましょう。

また、パッと見で領収書が認識するようにタイトルを大きく記入します。その後に金額や日付を記載していきます。金額を書く際は、三桁ごとにカンマを入れたり数字との感覚をあけないようにすることが大事です。

見積書など

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

見積書は、契約する直前に項目や金額、そして納期などの取引内容を顧客が確認するために提出する書類です。なので、顧客に分かりやすく書くことが大切と言えます。

まず、見積書の宛先と発行日、また金額や商品に対する必要な情報を間違いがないように記載する必要があります。

あとは、電話番号やメールアドレスと見積書を提出した人の捺印を記載すると分かりやすくなるので気にかけることが大事です。

フリーランスが気をつけるべき点

フリーランスは、職務内容から徴収の対象になるのかを見るだけでなく、企業からの依頼なのか、個人同士での依頼なのかどうか、クラウドワークスやランサーズなどのサイトで受注したかなどで、収入や報酬が対象か変わります。

企業の時は、必ずしも対象になるわけではありません。例えば、給料が一割天引きされていれば、徴収を自主的に行う企業の場合が多いですが、事前に本当に徴収するかどうか確認しましょう。そうすれば、未然に税金に関するトラブルを防ぐことが可能です。

また、個人での契約なら大抵は、書類を渡さない場合がほとんどです。そして、クラウドソーシングでも、課税の対象になりますが徴収は行われないので必ず確定申告することが重要です。

確定申告

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

フリーランスは、毎年正しい書き方で確定申告の手続きをしなければなりません。その時に仕事を発注していた企業がきちんと徴収税を支払っていた場合、フリーランスの方は、所得税と徴収税を税金を支払うことになってしまいます。

それを防ぐためにも確定申告の際は、必ず納税した額を記載する必要があります。もし、多く支払った場合でも五年以内に還付申告などをすれば、払いすぎた税金は戻ってきます。

また、企業に請求書を作成する際は、ちゃんと正しい計算方法でしないと徴収額が多くなってしまう場合がありますので、注意しましょう。

計算する際やなくした場合の注意点

ですが確定申告をする場合は、税金で払いすぎて損をしないためにも自分自身が所得税をいくら支払っていたのか、ちゃんと正しい書き方と計算方法で申告する必要性があります。

また、請求書など源泉徴収額の確認が難しいときは、必ず仕事を発注した企業に源泉徴収額が記載されている書類を送付して欲しいことを伝えることが大切です。そのときはなるべく状況を分かりやすく伝えることがポイントになります。

もし、源泉徴収票など源泉徴収額を記載した書類をなくしたりしても、個人で税率計算をした上で税務署に申告すること自体は、可能です。しかし、自分が受け取った全ての所得に10.21%をかけてから計算するのは忙しい人なら特に大変と言えます。

だから、なるべく発注側の企業などから源泉徴収額が全て理解可能な、書類を貰うことが重要です。

アルバイトやパートなどの源泉徴収の書き方

アルバイトやパートの場合は、月に88,000円以上の給料が発生したときに源泉徴収票が必要になります。たとえ、毎月貰っていなくても書かなければならないので気をつけることが大切です。

書き方自体は、他と大差はありません。支払い金額や源泉徴収税額を確認してから記載します。

源泉徴収の納期特例分の書き方

源泉徴収票の書き方・書類の書き方|年末調整/フリーランス

納期の特例は、毎月10日に納付すると義務付けられている源泉所得税を、年に2回6か月分ずつでまとめて納付できる制度です。

月々の納付の事務処理が楽になるので、書き方などを知っておくと便利です。

必須項目は、支払日と人員(実人数の合計)と税額(合計額に¥を付けることを忘れないようにしましょう)、納期と整理番号(税務署から納付書が送付されているときは印字されているので確認することが大事です)などを必ず正確に記載することが大切です。納めるべき税金がないなら、0と記入した後に税務署に持参か郵送する必要があります。

最初は誰だって悩む書類

アルバイトの方もフリーランスの方も、最初は年末調整やら書類の書き方で頭を抱える方は少なくありませんので、分からないことがあれば身近な人に質問してみたり相談することが大切です。

そして、きちんと企業から書類を貰って書き方に気をつけながら書き進めていけば、確定申告でもつまずくことがなくなります。ですから、フリーランスを始めた際には書類の書き方や、企業と契約するときの確認を怠らないことです。例えば、書き方を間違えるだけで大きな誤解を招きかねないので最初は、書き方の基本から見ていくことがフリーランスをには重要です。

また字を綺麗に書くとか、計算式を間違えないように再確認しましょう。

Latests