Search

検索したいワードを入力してください

【抱負】好印象を与える書き方とコツ・抱負例・注意点

更新日:2020年08月20日

「あなたの抱負を教えてください」と言われたとき、即座に返答できる方はどれほどいるでしょうか。新入社員のみならず、新しい職場では、自分という人を上司や同僚に正しく認識してもらう必要があります。そこで、抱負をどう伝えるか、についてコンパクトに話すためのヒントをいくつかお伝えします。

入社後の抱負で好印象を得られる書き方のコツ

「抱負」とは心の中に持っている計画や決意のことを言います。どのようにすればわかりやすく相手に伝わるでしょうか。問題提起・意見・理由・結論の4つのフェーズに分けてご説明します。

新入社員の若い人にとって、組織の一員として働くのは多くの不安を抱えての船出となることでしょう。特に、ビジネス文書を書き慣れていない、書き方をマスターしていない学生気分が抜けないフレッシュパーソンにとっては、いろいろと注意することがあります。これからお仕事を安心して任せていただくのに役立つ事例をご紹介していきます。

書き方1.問題提起

あなたが、ある仕事に携わるのが初めての場合、「何もわかりませんが、一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願い致します」ということを書くと思います。内定をもらって、晴れてビジネスパーソンとなったあなたに、書き方を教えてくれる人は居ません。

書き方を教えている本やサイトは数多くあります。その中から、新人のあなたが必要としている書き方マニュアルや、自分なりの書き方のコツを探してみましょう。

一方、あなたが他のお仕事での経験を活かして、新たな職責に就く際には、「経験を活かして、プロジェクトを成功に導くために、共に頑張りましょう」というように、前職の経験を生かした問題提起・つかみを書くと説得力が増します。

未経験者と、経験者での抱負の書き方が違うことを心にとめておきましょう。

書き方2.意見

抱負文では、自分なりの意見を明らかにしておく必要があります。自分の考えを、簡単にでも知ってもらえるような文章を考えましょう。

1で最初に提示した問題について、新人であれば、先輩に多くの迷惑をかけながら、成長していく組織人のすがたを想像しながら文章を考えましょう。また、社会人経験者であれば、過去の経験や他社での失敗談などを踏まえた意見や、失敗回避策を敢えて書くというのも手かもしれません。

書きにくい方は、問題提起→意見→理由→結論 といったひな形を意識してみましょう。小論文でも、抱負文でも、ビジネス文書のような簡潔に相手に意見を伝える文章なら、ひな形が有効です。また、型に沿った基本の書き方をマスターしておけば、他の文書を書くときにも応用が利くので便利です。

書き方3.理由

理由は、先ほどの項目「意見」と通ずる部分があります。なぜあなたがそのような意見を持つようになったのか、経験を交えて理由を述べましょう。

新人の場合、理由となるような強い経験を持っていないかもしれません。そのような場合は、理由を説得力あるものにするために、普段から読書をし、偉人の名言集などを引用するのもよいでしょう。読書で学んだこともあなたの書き方のスタイルに取り入れて差し支えありません。

また、社会人経験者の場合、失敗したこと、あるいは、失敗しそうだったが辛うじて避けることができたエピソードを抱負の理由として述べることで説得力を持たせることができます。

新人でも、経験者でも、仕事への抱負として共通するのは、仲間と協調性をもって、チームとしての成果の果実を得ることです。プロジェクトを成功させることで職場での社会的信頼もアップしていきます。それが、あなたの業績として現われていきます。

書き方4.結論

抱負の文章をまとめるときに、書き方で注意したいのは、冒頭の問題提起との整合性です。ビジネス向けの文書を書く際にはの、論理が破綻しないことが最も大切です。

歓迎会のような場では抱負は自己紹介やくだけたものになりがちですが、抱負をまとめるにあたって、「この人となら必ず、成果を上げることができる」という確信を上司や同僚に持ってもらうことが抱負の目的であるはずです。したがって、新人でも、経験者でも、問題提起と最後のまとめが首尾一貫していることが、相手への不信感を生まないために重要です。

好印象を得られる抱負の例

あなたの強みは何でしょうか。キーワードを3つ挙げることはできますか。あらかじめキーワードを3つ決め、それを軸に書くと書きやすいでしょう。強みとなる代表的な性格としては「コミュニケーションスキルが高い」「集中力がある」「発想力が豊か」「粘り強く取り組める」などが考えられます。

例えばコミュニケーションスキルについて、現代の組織では、コミュニケーション能力の高さが求められています。そりが合わない人とのストレスのない対話は難しいものであり、高いコミュニケーションスキルを持っていることは有利に働きます。どの組織にも自分と合わない人は居るものです。相手を変えることはできません。相手に合わせて自分を変えられることがビジネスパーソンの前提条件です。

しかし、コミュニケーション能力が低い人ももちろんいます。最低限の会話能力は大事ですが、必要以上に悲観的になる必要はありません。コミュニケーションスキルが低い点を他の強みで補えばよいです。そこで、あなたの強みをPRしていくことが重要です。話すよりも書くことが得意だ、とか、特定のジャンルの本などに習熟しているなど、強みを周囲に理解してもらうことが重要です。


新人の一例

大学時代(あるいは、高校時代)、私は本を100冊読破しました。大学の図書館司書に顔と名前を知られて、何か調べに行くと先回りして情報提供していただけるほど、図書館に通い詰めていました。このような図書館という知の宝庫から得られた学生時代の読書遍歴をビジネスの現場でも活かして参ります。集中力ではだれにも負けません。どうぞよろしくお願い申し上げます。

経験者の一例

私は、前職では○○のような経験を積み、○○と考え、こちらでお世話になることになりました。○○といった経験を活かし、プロジェクトを、ただ、成功させたい一心であります。この仕事で、人として一回りも二回りも大きくなるのがわたくしにとっての大きな夢です。よろしくお願い致します。

抱負を書く上で気をつけるべきこと

抱負ですので、あまりにできないこと、大風呂敷を広げすぎるのも考えものです。あなたを知らない人たちであっても、「何とかこの人となら仕事を進めていけそうだ」と思ってもらえることが一番大切です。

どんなに立派な抱負でも、心でつぶやき続けるだけでは相手に伝わらず自己満足に終わってしまいます。抱負はいくつも挙げるのではなく、キーワードをいくつか決めておいて、自分はこういうタイプの人だと、周囲に理解してもらうことが大切です。

話すよりも、書くことが得意な人にとっては、字数など形式的な制約がむしろ鬱陶しく感じられるかもしれません。自己紹介と仕事への決意を織り交ぜながら、簡潔・明瞭を心がけて書いてみましょう。

抱負負けしないで、自然体のわたしを伝える

いかがでしたでしょうか。今回は伝わりやすい抱負の書き方をご紹介致しました。抱負は新しい集団に入る際や、年度の区切り目など、重要な時期に聞かれることが多いものです。あなたの印象を大きく左右すると言えるでしょう。

初対面の人たちと、お互いに仲良く、プロジェクトなどを進めるのに抱負はとても重要です。「この仕事で何を得たいのか」「自分の強みは組織にとってどのようなメリットとなるのか」「信頼でき、組織人として仕事を任せられる人望をもっているか」といった点をはっきりさせておく必要があります。

ハードルが高過ぎると思われるかもしれません。しかし、雛型を参考にしながらぜひ自分の力で書いてみてください。いろいろな職場、組織の文化があります。この記事を参考に、ぜひそれぞれの文化に馴染めそうな人物であることが感じられるような抱負を作成してみてください。

初回公開日:2017年07月20日

記載されている内容は2017年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests