Search

検索したいワードを入力してください

通勤経路の書き方|略図の書き方(電車/車/徒歩)・手書きの注意点・

更新日:2020年08月20日

今回の記事では、『通勤経路の書き方|略図の書き方(電車/車/徒歩)・手書きの注意点・』をテーマにした内容になっています。その概要から詳しい表記のケースやあり方などについて記述がなされていますので、なるだけ誰にでも理解しやすいようになっています。

通勤経路の書き方(概要)

今回の記事内容は全体的に、通勤経路の書き方全般に関しての、概要を述べたものになっています。そのため、段落によっては概要の内容にしてある程度、通勤経路の表記の書き方そのものについて詳しく触れたところなどもあります。

これ自体はやはり、その自らの通勤経路の表記を行う本人自身による様々な書き方においての絵画力や記憶力、論理力などの様々な個人的な要素がどうしても関わってきます。そのため、幾ら概要といえど、そして通勤経路の書き方などとはいっても、ある程度の詳しい記述などが必要になる点は否めません。

そして、今回の記事では通勤経路そのものの簡潔明瞭な内容や説明を重視しながら書く心掛けをなるだけしていますが、やはり、あくまで文章上での関連する内容の表現力の限界もあり、こうした記述仕様になっています。それでもなるだけ多くの方に、通勤経路の表記のあり方に関して理解が可能な内容になっていますので、読む価値は間違いなくあります。

書く目的や相手方による指示のあり方

これは誰でも、就職や転職の完了時、事業上での契約などをしたりした際には、相手方である側からの指示や依頼などで、通勤経路の表記などを要請をされたりする場合が多いケースといえます。大事な連絡網での目的上、相手側にとっては貴重な情報ですので、場合によっては書くべき側に表記上の義務が生じたりする事もあります。

正社員・非正規社員・パート・アルバイト・委任契約・請負契約などの様々な就労形態での通勤経路の明確化を、相手方である雇い主や依頼者にあたる、事業者側から要請された場合に、その表記を行う形が一般的です。また最近では、依頼者側がその本人に対して、インターネット上のオンラインで地図のデータ提供を依頼するようなケースもあります。

どのような表記を心掛けるのか

これは相手方である依頼者側にもよりますが、基本的なあり方としてはやはり、その依頼者側の人々にもわかりやすい、理解しやすい表記のやり方を心掛けていく事が、間違いありません。こうした通勤経路の表記上での心掛けの工夫をしていくだけでも、かなり相手側による自分自身のイメージが異なってきます。

たかが、自宅や自身の本拠地に関してのルートの表記といえるところもありますが、それでもやはり、自分(達)以外の赤の他人に対して見せる地図ですので、そうした他人である相手方の人々へもわかりやすく書いていく心掛けといったものは、やはり大切です。これだけでもかなり、人物評価や自らの仕事への取組みなどの姿勢面での評価が違ってきます。

相手側に分かりやすく、見やすい表記のやり方が間違いなく、高評価があります。

表記の際に用いる形

通勤経路の書き方そのものの話になりますが、必ず依頼者側である雇い主や注文者である事業者からの表記方法の指示がありますので、それに従う必要があります。そして、パソコンなどでCADやペインティングなどのソフトを使用したり、あるいは従来通りの手書き、地図の切り抜き等々、様々な指示内容の形があります。

こうした書き方そのものの指示の内容が様々ですので、それだけに色々な面白さがあるといえます。それでもやはり、指示をされる側である自分達にも、スキルの得意・不得意がありますので、自分が行いやすい手段を選んで、通勤経路の表記をしていく事がベストといえます。

また、依頼者側から、それぞれの得意なスキルでの通勤経路の表記をするようにとの、書き方の基本仕様に関しての指示などもあるところもあります。この基本原則を守る事は確かに大事ですが、その範囲内でオリジナルの書き方の工夫をする事は一般的には差支えはありません。

通勤経路の書き方(その具体的なケース)

電車

基本的に電車での通勤経路の表記の書き方の場合、徒歩や車、オートバイ、原付などでの通勤の場合よりも意外と書きやすい面があります。1回の走行でかなりの距離を自らの運転で走る事が可能ですので、その分、書いていく目印となるものも少なめですので、煩わしさがありません。

しかし、やはり略式の表記の書き方である通勤経路の地図の形になりますので、細かい線路状況に関しての表記をどうしても、場所によってはしにくいといった現状もあります。このため、読み手である依頼者側にとっては、道そのものの感覚を把握をしにくいなどといった点も、正直否めません。

また、住宅や商店、大型商業施設、ビル群などが非常に特定の場所や地域、地区などへ密集したりしているようなところの場合、目印となる建物や看板などがその分多いところなどもあり、どうしても略地図などの形にするのには一苦労をする場面も少なくはありません。手書きなどの場合にはそれだけに、手の器用さなども必要です。

今度は車での通勤経路の場合に関しての話になります。大都会部内ではもちろんの事、片田舎や地方諸都市、市区町村などにおいても、車での通勤経路を職場や請負元などから表記の依頼などを受けたりするケースは、やはり多い傾向があります。

そして、この車の場合も、先程話した電車や徒歩などの場合とは異なる、表記の書き方そのものの技術面や仕様面でのコツの違いといったものが、明かにあります。ただ、やはり道路を実際に自分で車を運転したうえでの情報を地図の形として表記をしていく流れですので、目印の掴み方はしやすいメリットがあります。

それでもやはり、高速道路や国道などの幹線道路などを利用して通勤や出向などをしている方の場合には、どうしても補修工事などが頻繁になされたりする場合も多いので、書き方に困る方も多い現状もあります。このため、やはり車での通勤経路ならではの表記の工夫が必要になってきます。

バス

バスの場合、車と電車の中間のような乗り物ですので、これらの両者の交通手段としての特徴を捉えたような表記のやり方になるのが通常です。そして、自宅からバス停である乗車地点まで、それから降車まで、それ以降の勤務先まで、といったような道順による表記の書き方の流れになりますので、かなり詳細な表記を要請されるケースもあります。

ただ、やはり大都市内や片田舎でのそれぞれの建物の多さや交通環境の違いの面といったものもありますので、それだけに道程面での書き方の工夫が、どうしても必要になってくる点は否めません。また、バスとその他の電車や地下鉄などのような交通手段との組み合わせの場合での表記の仕方も、工夫がどうしても必要になってくる場合もあります。

とくに、直筆での通勤経路の表記の場合には、どうしても目印となる建物や看板を把握しにくい現状がありますので、中々工夫面での苦労をする事もあります。

徒歩

今度は徒歩での、通勤経路の話になります。この場合、通勤の距離自体が車や電車、航空機、船舶などよりもはるかに短距離な場合が一般的ですので、一見すると簡単なようにも見えます。しかしながらそれでもやはり、徒歩ならではの書き方に関しての工夫が必要になってきたりしますので、注意が必要な面もあります。

徒歩の場合、やはり普段から歩いている状態での、人の目線の高さから見た景色に基付きながら地図を思い出しながら描いていく形が通常です。そのうえでの書き方をしていく形になりますが、それゆえにやはり、徒歩ならではの他の交通手段とは異なる、様々なメリットやデメリットなどが、確かにあります。

ただ、徒歩ならではの、その交通手段でしか表記が可能でない、書き方自体による通勤経路の工夫といったものがありますので、この点がやはり、独特の可能性のあり方といえます。

航空機

次のページ:通勤経路の略図の書き方

初回公開日:2017年08月30日

記載されている内容は2017年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests