Search

検索したいワードを入力してください

レポートの書き方例とコツ|表紙/手書き/引用/大学/中学生

更新日:2020年08月20日

レポートを作成する機会は、大学や会社など、あらゆる場面で見られます。多くの人がレポートの作成経験があると考えられますが、表紙の書き方や引用のやり方など、再確認しておきたいと考える方も多いのではないでしょうか。この記事ではレポートの書き方やコツをご紹介します。

高校生でレポートを作成する場合、一般的には中学生よりも高度な内容になります。形式も自由研究に近い形ではなく、科目に沿った内容で、さらに細かくなります。しかし、書き方の基本は中学生のレポートとほぼ同じです。科目ごとにテーマをきちんと理解し、それに沿って作成を進めることになります。

高校生になれば、レポートの作成にもある程度慣れていると言えます。一方で、大学受験を控えて授業内容が難しくなる場合など、レポートのテーマも難化するケースが見られます。そのような場合、途中でテーマから外れないように意識することが、書き方のコツです。

中学生のレポートであれば、あまり意識しなくてもテーマに沿って書ける場合もあります。しかし、高校生になって難易度の高いレポートになると、テーマから外れないように特に意識する必要があります。それさえ守れば、後は基本的な書き方に沿って進めることができるでしょう。

大学生

大学生のレポートの書き方は、中学生や高校生よりもさらに難易度が高くなります。その原因の一つとしては、学校の授業内容の多様化が挙げられます。

大学では国語、数学、理科、社会、といった科目分けではなく、学部ごとに専門的な内容を学ぶことになります。このことは、レポートの書き方にも大きく関係します。専門的になればなるほど、調べる参考文献の質も上がり、さらに難しくなります。そのため、レポートを書きながらテーマがよくわからなくなったり、うまくまとめられないなどの例が見られます。

大学生のレポートの書き方のコツとしては、複雑なテーマの整理が挙げられます。見出しを多くするなどして、自分でテーマが混乱しないようにしましょう。また、効果的な見出しによって整理することは、読み手にとってもわかりやすく、論理的な文章として評価されます。テーマの整理をしつつ、わかりやすい文章になるようにしましょう。

社会人

社会人でのレポートは、研修レポートなどが代表例です。先ほど見たように、これには感想が含まれる場合があり、注意が必要です。

レポートの書き方のコツとして研修レポートを例に挙げると、研修の内容や雰囲気をまとめ、最後に所感として感想を述べるといった書き方が代表的です。これを、序論、本論、結論として考えると、序論として研修内容について概要を書き、本論で研修の雰囲気や様子を書いて説明し、本論でまとめ、さらに感想を書くといった書き方が考えられます。

社会人でのレポートは、会社へのアピールの一つであることを意識することが、書き方のコツと言えます。研修の雰囲気や様子を論理的にまとめることができれば、研修をきちんと受けていたことを示すことができます。また、感想において具体的に学んだことを書けば、研修が有意義だったということをアピールすることができます。

看護に関する書き方

看護におけるレポートは、看護学生や看護師など、幅広く見られます。例えば、「看護に対する考え」などがテーマとなり、レポートとしてまとめるといった例があります。このような場合は抽象的なテーマとなるため、やや書きづらいという印象もあります。

抽象的なテーマの場合、先にある程度結論を決めてから書いた方が効果的です。序論、本論、結論、と進む中で結論を導き出すことがレポートの書き方ですが、抽象的なテーマでは、途中で話が混乱してしまうおそれもあります。先に結論を決め、そこにうまく論理的につなげるような書き方が良いでしょう。

書き方の流れと方法をおさえて活用しよう!

今回は、レポートの書き方のコツ、例、表紙や引用のやり方などをご紹介しました。レポートの書き方は、序論、本論、結論といった流れのほか、表紙の書き方や引用のやり方など、形式的な部分も重要になります。書き方の流れと具体的な方法をおさえておくと、効果的に書き進めることができます。

レポートは、多くの人が作成した経験があるでしょう。一方で、詳しい書き方を忘れてしまったなどのケースも見られます。序論、本論、結論の書き方などは、社会人として報告書を作成する際に重要なポイントになります。レポートの書き方として再確認しておくことは、ビジネスシーンで活躍する際にも有意義なことです。

レポートの書き方の流れや方法、具体例をおさえ、ぜひ日常生活やビジネスシーンで活かしてみてください。

初回公開日:2018年01月29日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests