Search

検索したいワードを入力してください

嘆願書の書き方・大学などへの例文・保育園入園のための例文

初回公開日:2017年10月30日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

保育園入園、不当解雇、異動拒否など様々な場面で嘆願書は使われます。しかし、嘆願書に決まった書き方は存在しないため、いざ書くことになると迷いが出て、わからないということがあります。今回は、様々な場面を想定した嘆願書の書き方を紹介いたします。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

嘆願書の書き方

嘆願書の書き方に決まりはありません。しかし、これだけは記入しなければならない、という項目は存在します。必須項目は、宛先、寛大な処分を望む旨、嘆願書が作成された日時、作成者の住所、署名と押印、です。

署名

嘆願書で署名が必要になるのは、行政に対して国民の声を届けるというケースです。行政に明らかな問題があるのにもかかわらず、その改善に行政自体が動かない場合、署名を多く集める必要があります。

つまり、個人の力だけではどうすることもできない場合に、嘆願書に署名を添えます。こういった場合、発起人が運動を起こし、それに賛成する人たちの署名を集めることになります。嘆願者名簿に、賛同者の名前、住所、サインを記入します。

連名

嘆願書の内容に賛同する人が多く存在する場合、連名で嘆願書を提出することになります。上述しましたが、嘆願書の書き方は法律上で定められているものではありません。代表者を決める必要は無く、全員の氏名を記入すれば問題ありません。

封筒

封筒は普通のものでかまいません。提出先の住所や自分の氏名と住所といった、重要な情報はボールペンや万年筆で書きましょう。鉛筆やシャーペンではなく、ボールペンや万年筆で書けば、よほどのことがない限りインクが落ちることはないので安心です。

手書き

嘆願書のように重要な書類は、後から消せないもので記入することが大前提です。投函してから、提出先に届くまでに何があるかわかりません。読みづらい、または、内容の一部が消えてしまった、といったことがないようにボールペンや万年筆で書くことが大切です。

提出先別嘆願書の例文

嘆願書の基本的なフォーマットは上記で説明しましたが、嘆願書を書く機会はそうそうありません。必要事項は抑えているけれど、いまいち書き方がわからない、という状態に陥ることが多いでしょう。

ここでは、提出先別にどのような文章で書けばよいのかといった、嘆願書の例文をいくつかご紹介します。

大学

大学に提出する嘆願書は以下のように記入します。授業の追試験を受ける場合を想定します。

・表題「追試験についての嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「教務担当 ○○○○ 殿」
・追試験を嘆願する理由(例:試験日の○○月○○日は、体調を崩しており試験に出席することができませんでした。大変ご迷惑おかけいたしますが、追試験の実施を嘆願いたします。)
・嘆願者の氏名と住所、学部、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

このような場合、試験日に体調を崩していたのかがわかる証拠を添付する必要があります。医師の診断書のコピーを送付し、仮病ではないことを証明します。学部や学籍番号も記入し、どこの誰がこの嘆願書を提出したのかをはっきりさせましょう。

保育園

保育園に提出する嘆願書は以下のように記入します。

・表題「保育園入園の嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「○○保育園 園長○○○○ 殿」
・保育園入園を嘆願する理由(例:共働きであり、子供を保育園に入れなければ生活に支障が出てしまいます。4月時点で入園できない場合、生活が困窮してしまうため、入園を嘆願します。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

理由は詳しく、記述する必要があります。現在どのような状況におかれているのか、また、例文には出てきませんでしたが、嘆願書を提出する保育園を選んだ理由を書くと良いでしょう。

会社

会社に提出する嘆願書は以下のように記入します。

・表題「○○の勤務態度改善の嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「○○部 ○○○○ 殿」
・嘆願書を提出した理由(例:その人の職務怠慢により、周りにも多大な影響が出ています。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

特定の人の職務怠慢を改善するための嘆願書の場合、署名を集めるのが良いでしょう。自分ひとりだけが、その影響を受けているような場合、個人間のやり取りで解決する、という流れになってしまいます。

周りを味方につけて、どの程度の人数に影響が出ているのかを示しましょう。

裁判所

裁判所に提出する嘆願書は以下のように記入します。

・表題「嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「○○地方検察庁 ○○○○検事 殿」
・嘆願書を提出した理由(例:○○○○に対する○○事件につきましては、平成○年○月○日に示談が成立しております。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

示談が成立している場合は、その旨を忘れずに記入しましょう。嘆願書を提出した理由については、寛大な処分を望んでいること、十分に反省していることを記入しましょう。

政府

政府に提出する嘆願書には以下を記入します。

・表題「○○○○さん難民認定の嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「法務大臣 ○○○○ 殿」
・嘆願書を提出した理由(例:○○○○さんは、迫害を逃れるために来日し、滞在の理由が存在します。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

標題と嘆願書を提出した理由をわかりやすく、そして簡潔に記入することがポイントとなります。現在置かれている状況と、嘆願する明確な理由が必要です。

教育委員会

・表題「担任変更の嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「○○市教育委員会」
・嘆願書を提出した理由(例:○○市立○○中学校の○年○組において、担任教員の体罰が起こっています。健全な教育のためにも、○年○組の担任変更を嘆願いたします。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

教育委員会へ嘆願書を提出する場合、宛名をどうするかはその地域によって異なる可能性があります。嘆願書の宛先はその地域の教育委員会のホームページに記載されています。

役所

・表題「グリーンボックス撤去反対の嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「○○市長 ○○○○ 殿」
・嘆願書を提出した理由(例:家の前にゴミ袋を置くことは、だれがどういった生活をしているのかがわかるため、住民のプライバシーを侵すことになります。グリーボックス撤去反対を嘆願します。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

役所の場合、賛同者を多く集めることが必要です。

目的別嘆願書の例文

ここでは、もっと具体的に例文を紹介します。目的によって、嘆願書に記載する内容の詳細が変わってきます。

保育園入園

保育園入園の例文は、上記の「提出先別の嘆願書の書き方」にある「保育園」の項目をご覧ください。補足するとすれば、嘆願書を提出する際に給与明細など、信頼できる情報を添付するとより良いということです。

嘆願書の文面だけでは、それが本当の情報なのか区別がつかないため、情報の信頼性をほかの書類によって補います。

異動

・表題「異動撤回の嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「人事部 ○○○○ 殿」
・嘆願書を提出した理由(例:平成○○年○○月○○日の人事発令によって、異動を命じられましたが、今回の件は撤回していただきたく考えます。異動になった場合、単身赴任となり赴任先の家賃と現在の住まいの家賃の両方を負担することになります。両方の家賃を負担してしまうと、生活が困窮し子育てに支障が出るため、異動の撤回を嘆願します。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

解雇

・表題「○○○○(人名)の解雇撤回についての嘆願書」
・日付「平成○○年○○月○○日」と書く。
・宛名「人事部 ○○○○ 殿」
・嘆願書を提出した理由(例:○○部署所属の○○○○が、平成○○年○○月○○日付け解雇予告通知より、平成○○年○○月○○日付けで解雇される旨を受けました。しかしながら、本件は労働法16条に定められた解雇理由を満たしておらず、解雇権乱用であり無効と考えられます。直ちに本件撤回を嘆願いたします。)
・嘆願者の氏名と住所、捺印
・以上、よろしくお願いいたします。

会社の解雇予告が解雇権乱用であると考えられる場合は、賛同者を募りできるだけ多くの署名を集める必要があります。

嘆願書の効果

嘆願書を書くのは良いのですが、実際にどのくらい効果があるのかが気になるところです。嘆願書の効果は、その内容によってさまざまです。客観的に見て嘆願書の内容が正当であれば受け入れてもらえる可能性はあります。

前もって規則がある場合でその規則を認識している、認めている場合、受け入れてもらえる可能性は低くなります。

嘆願書の書き方の本

嘆願書の書き方が載っている文献は、学陽書房から出版されている『〈図解〉よくわかる行政不服申立てのしくみ』があります。

「分かり易く簡潔に」が基本

嘆願書は「分かり易く簡潔に」が基本となります。冗長な文章は読んでもらえない可能性があります。必要な情報のみを記入しましょう。嘆願するに足る証拠や事情を詳細に記入し、提出先が内容を把握できるよう心がけることが大切です。

Latests