Search

検索したいワードを入力してください

添え状の書き方と例文|形式/退職届/就職用/病院関係/種類別

更新日:2020年08月20日

重要な書類を送る際に添付する「添え状」ですが、正しい書き方や送付時のマナーはご存知でしょうか。この記事では、ビジネス文書のひとつでもある添え状の書き方や例文、形式についてご紹介しています。提出先別にご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

添え状の書き方と例文

重要な書類を提出する際に添付する「添え状」ですが、添え状の書き方はマスターできているでしょうか。以下では、添え状の書き方や例文をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

基本的な添え状の書き方

添え状を書くにあたって、気を付けたいのが入れるべき項目です。添え状を作成する際には、以下の項目を入れるようにしましょう。

・日付
一番上の右側に記載します。

・宛名
日付より下の左側に、会社名、部署名、担当者名を記載します。

・差出人
宛先より下の右側に、氏名、所属、連絡先を記載します。

・タイトル
差出人より下の中央に、添え状の主旨が分かるようにタイトルを記載します。

・本文
頭語+時候の挨拶+用件+結語を簡潔に記載します。

・記書き
中央に「記」と記載し、その下に箇条書きで送付書類を記載します。

・以上
送付書類より下の右側に、「以上」と記載します。

例文

平成○○年○月○日

株式会社○○
○○部○○○○様

株式会社△△
△△部△△△△
TEL:xxx-xxxx-xxxx

書類送付のお知らせ

拝啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。早速ですが、先日ご依頼いただきました見積もり書を送らせていただきます。ご査収の程よろしくお願いいたします。
敬具


・見積書1部
以上

添え状の形式

ビジネス文書の基本でもある添え状ですが、添え状にはさまざまな形式があることをご存知でしょうか。以下では代表的な添え状の形式と注意点をご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

手書き

添え状を手書きで作成する場合は、紙は白色で無地か罫線の入ったものを使用します。書き方としては、基本的には縦書きで黒のペンを用いるようにしましょう。また、修正ペンやテープは用いず、書き損じた場合は初めから書き直します。具体的な書き方もご紹介していきます。

手書きの場合の書き方

・挨拶文
1行目の一番上から頭語を書き、1文字あけて時候の挨拶を書きはじめます。頭語と時候の挨拶は、最初の1行におさまるように注意が必要です。

・本文
本文は各段落の一文字目を下げて書くようにします。読みやすくするために、2文ごとなどこまめに段落を分けて書くようにしましょう。

・結語
結語は本文と同じ行にそのまま書きます。結語の最後の文字が、便箋の一番下から1文字ぶん空くようにしましょう。本文が行末まであって結語が書けない場合は、1行ずらして書きます。

・日付
行の一番上から漢数字、和暦で書きます。

・差出人
日付の次の行に、下寄せで自分の名前を書きます。名前の最後の文字の後に1文字分空けるように注意しましょう。

・宛名
会社名、部署名、担当者名を1行にまとめて書きます。各名称の間に1文字分ずつスペースを空けるようにしましょう。

縦書き

添え状を縦書きで作成するのは、手書きの場合になります。パソコンを用いて書く場合は横書きになるので注意しましょう。縦書きの書き方は、手書きの書き方を参考にしてください。

FAX

次のページ:退職届の添え状の書き方

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests