Search

検索したいワードを入力してください

お詫び申し上げますの例文|反省文|謝罪文・使い方や注意点

更新日:2020年08月20日

皆さんこんにちは、今回は「お詫び申し上げますの例文、反省文、謝罪文、使い方」と題して、「お詫び申し上げます」の正確な使い方やその意味合い、またさまざまな場面で扱われる「お詫び申し上げます」の用例についてご紹介します。どうぞ「お役立ち情報」にしてください。

お詫び申し上げますを使った例文

「お詫び申し上げます」という言葉は謝罪を相手に示す際の最上級の敬語表現になります。何か失敗したときや相手に迷惑をかけてしまったときなどに、相手への謝罪の意を示すのに非礼のないよう、謙譲語を含めた表現が取られます。

・事業計画の失敗につきまして、誠にお詫び申し上げます。
・先日いただきました案件につきまして、迅速にご対応できず、お詫び申し上げます。
・書類作成に不備がありましたことをお詫び申し上げます。

一般的な「お詫び申し上げます」という謝罪の旨を伝える際には、口語表現でも文語表現でも、上記のように表現全体のバランスを図った上で敬語表現にして伝えられます。

反省文

ビジネス上で「反省文」と言えば始末書や報告書にはじまる、何らかの過失や失敗を会社へ報告するための文書となります。この場合はビジネスメールと同じく、文面で残る形となるため、文法表現や誤字脱字などのミスにも重々注意する必要があります。

・○○いたしまして、心よりお詫び申し上げます。
・〇〇という不測の事態を招いてしまい、誠にお詫び申し上げます。
・この度はご迷惑をおかけしてしまいまして、深くお詫び申し上げます。

反省文では報告書で明記する内容と同じく、正式な文章表現を心がける上で、誰に見られても落ち度のないよう体裁を仕上げておくことが大切です。必ず後で上司に見られることをあらかじめ留意しておき、しっかりとした文章で書くことが大切です。

謝罪文

謝罪文というのは「反省文」とは違い、特に社外に対してお詫びの旨を伝える「詫び状」と同じく、クレームに対する事後対応や、不特定多数の人々へ謝意を伝える際の決まり文句で綴られることも多いです。そして紙面の左上方には、相手の所属会社名と所属部署、また個別に送る場合はその人の氏名を明記し、必ず○○○○様と表記するよう心がけます。

冒頭にまず自分の所属会社・所属部署を明記しておき、さらに上方の右端にその謝罪文の作成日を明記します。そして本文を以下に明記し、文面の末尾には「敬具」という、「謹んで申し上げます」という結びの挨拶の言葉を書きます。一般的な謝罪文の冒頭には「謹啓」という言葉、そして末尾には「敬具」と書き、その文面の体裁においても相手への敬意を示す謝意を伝えます。

お詫び申し上げますの使い方や注意点

先述でお伝えしました反省文や謝罪文の書き方は、不特定多数の人々へ送る場合も同じで、あらかじめきちんとした文面の体裁を整えておくことが非常に重要となります。このように一般的な謝罪を示す文章表現や対話表現をする場合には、必ず前もって決められた書き方を把握しておく必要があります。

「お詫び申し上げます」という言葉が使われる場面はたいていの場合、先方会社とのやり取りや、プライベートでもよほどの公式な場面においてのみ使われることが多く、その他のたいていの場合は「申し訳ございません」や「済みません」、また「ご迷惑をおかけします」などといった、日常語に近い敬語表現が使われます。

この点から見ても「お詫び申し上げます」という言い方は、最上級の謝罪の表現として認められ、特にビジネス上のやり取りにおいて頻繫に使われる表現であることが頷けます。

手紙

「お詫び申し上げます」という謝意を伝える際には、その「お詫び」、「謝意」の度合いを強めるための形容表現の使用も大切です。特に手紙や電子メールなどでは話者の表情や態度が相手から見えないため、文面での表現がすべてとなります。そのため、その文面の内容や体裁を整えておき、しっかりとした謝意を伝える形にしておく必要があります。

・心よりお詫びいたします。
・お詫びのしようもございません。
・大変深くお詫び申し上げます。
・心よりお詫び申し上げます。
・どうかお詫びさせていただきたいです。

「お詫び申し上げます」という言い方にさまざまな形容・修飾語句をつけることにより、「お詫び申し上げます」に込められた謝意の度合いや、その謝意を伝える話者の真摯な姿勢を示すことにもつながります。

メール

メールで「お詫び申し上げます」という旨を伝える場合も手紙で伝える際と同じで、文面でしっかりと相手への謝意を示すことが重要になります。メールでも手紙でも「文面の内容・体裁をしっかりと整えておくこと」がまず前提であり、その上ではっきりとした謝罪を示すことが常識になります。

メールで「お詫び申し上げます」という謝意を伝える場合、「お詫び申し上げます」という言葉をそのまま伝えてもOKで、さらに先述の手紙の場合と同じく、その「お詫び」の度合いや話者の態度をさらに真摯に伝える工夫をしておくとよいでしょう。

ただし電子メールではすべての字が活字となり、また手紙では肉筆による文章となるため、文面での謝意の伝え方が100%のできばえにつながります。またメールで謝意を伝える際でも、個別で伝える場合と不特定多数者に伝える場合とがあり、それぞれの場合によって敬語表現のあり方も変わってきます。

社内

次のページ:お詫び申し上げますとの使い方の違い

初回公開日:2018年03月15日

記載されている内容は2018年03月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests