Search

検索したいワードを入力してください

大学のレポートの書き方・通信大学|見学/講演会/課題/数学

更新日:2020年08月20日

大学生になるとお勉強や課題も高校生活と比べると大きく変わってきます。その中でも大きいのがレポート提出でしょう。このレポート提出は大学生において必須となる作業といえるので、しっかりと書き方を把握する必要があります。どのような書き方をすればいいのでしょうか。

課題別大学のレポートの書き方

大学生活は高校生の頃とはいろんなことが異なりますので、戸惑うことも多いでしょう。その中でも大きな壁になりかねないのが、評価に繋がるようなレポート提出です。中学高校でもレポートの提出を行っていた方はいたでしょうが、大学生にもなると書き方や作り方の求められているレベルが変わってきます。そこで、具体的にどのような書き方がいいのかを紹介いたします。

見学会の大学レポートの書き方

レポートの書き方はどのような目的なのかで変わってきますが、一部の要点は変わりません。それは見た目を綺麗に整えること、タイトルはできる限り簡潔にしてわかりやすくすること、お題を狭くして深くすることです。これを押さえることがまず基本となります。

これが会社の見学に関するレポートだった場合は、それを踏まえた上でPREP法を用いるといいでしょう。これはポイント→理由→具体例→ポイントという書き方をするレポートのことで社会人でも活用できるレポートの書き方となります。

つまり、その見学は何を目的としたものなのかを記載して、その目的に至った理由を自分の考察を交えながら記載し、具体的にその目的に該当するような例はどのような事柄だったのかをわかりやすく書き、その目的および結論を別の言葉で言い換えて強調しつつも締めるという形になります。

会社見学レポートの書き方

もう少し書き方の具体例を挙げていきます。それが会社見学会のレポート提出だった場合は、PREP法を用いるとIT企業の場合は「新進気鋭でありながらも斬新なサービスを提供して急激な成長を遂げている従業員拡大に余念が無い会社」がスタートとなります。

次は理由につなげる必要がありますが、この部分はどれだけその会社に疑問をぶつけることができたのかで質が大きく変わります。この結論に至る理由はいったい何なのかを探るために質問を用意して挑んでください。

そして次は書き方の具体例となりますが、これは具体的なサービスの内容を確認しどのような部分に注力しているのかを確認することができれば答えることができます。接客業や製造業の場合は仕事をするときに気をつけている部分を事細かに聞くといいでしょう。そこで、どのようなスキルが必要なのかが見えてきます。ここまでくれば後は締めで終わりです。

講演会の大学レポートの書き方

講演会のレポートというのは社会人になった場合、社外セミナーや研修会のレポートとして頻繁に提出を求められるようになるので、こちらも必須スキルです。ここでポイントとなるのは、やはりそのセミナーを聞いて自分にとってどのような事柄が有益になったのかになります。この部分が全くないと、いった意味が無くなるのでレポートが書けなくなります。

基本的に講演会やセミナーは必ず目的を持って開催しておりますので、主催者側の狙いを把握する必要があります。その狙いを理解した上で、自分の人生経験に役立てる部分を見つけ出しメモしておきましょう。

ここまでやれば、あとは見た目を綺麗に整えるとかタイトルはできる限り簡潔にするというレポートのルールを守って、書き方のルールに則って記載していきます。

講演会レポートのザックリとしたテンプレートについて

講演会やセミナーを受けたことを表すレポートというのはネット上にテンプレートが大量にありますので、それをある程度利用すればいいでしょう。ほとんどのテンプレートが右上に日付、その下の段の左側に提出する人、その下の段の右側に自分の名前、その下の真ん中に題名となっています。

あとは、「講演会を受講いたしましたのでご報告申し上げます」といった記載をして、その次から本文スタートです。最初のうちは講演会の名前や主催者名など特に悩むことなく記載できるでしょうが、本番はセミナーの内容をどれだけ記載できるかでしょう。この部分はどれだけ目的を持って聞いてこられたのかで変わってきます。

書き方ははっきり言ってテンプレートが存在しているため、評価点はどの大学生でもほとんど横一直線です。難しい部分はありませんがここをおろそかにするとどの大学でも評価が下がるので注意しましょう。

課題の大学レポートの書き方

大学の課題に関するレポートは大学生活で最も多いレポートとなります。この書き方の基本は「見た目を綺麗に整える、タイトルは簡潔にわかりやすくする、お題を狭くして深くする」となりますのでまずはそこからスタートします。

これはどのような課題のレポートなのかで大きく変わってきますが、大学の課題レポートの場合は他人と自分の意見がどのように異なっているのかをわかりやすく記載することがポイントとなります。丸写しはNGです。そのためにもしっかりと調べて、自分の考えをまとめ、考えたことを読者に伝わるように記載する必要があります。

課題の基本構成は出された問いを記載し、その問いに対する検討や説明を記載し、答えや主張を記載するという流れになります。慣れないうちは文章をうまくつなげられないので、40文字程度の短い文章を心がけると書きやすくなります。

数学の大学レポートの書き方

数学の場合は明確な答えがあるようなものであれば、同じように問いを記載し、その問いに対する検討や説明を記載し、答えや主張を記載するという流れで問題ありません。これが、答えが複数あり実験のような考察が必要なものだった場合は書き方が変わってきます。

まずは与えられた課題に自らの問題として捉えて動機付けを行って、課題提示を行い、自分なりの考察から結果の予想につなげ、課題の分析を行った内容を記載し、考察で締めくくるという流れになるでしょう。

調べ学習

次のページ:通信大学のレポートの書き方

初回公開日:2018年02月01日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests