Search

検索したいワードを入力してください

【相手別】年賀状での出産報告の文例|二人目/結婚/親戚

更新日:2020年08月20日

年賀状での出産報告する人は増えています。新年の挨拶のついでに出産報告をして年賀状に子どもの写真をのせて出す人は多いのではないでしょうか。ぜひ写真は子どもだけではなくて家族みんなで写っている写真を使って年賀状作りをしましょう。

相手別年賀状での出産報告の文例

出産したらすぐにはがきで出産報告する家庭もありますが、年賀状で出産報告する家庭も多いでしょう。文例はほとんど伝えたいことは一緒ですが、報告する相手によって言葉の使い方や表現の違う文例になっています。

複数の文例を組み合わせて、自分なりの文にしてもいいでしょう。どの文例を参考にするかはその人次第です。それでは早速相手別に年賀状で出産報告する時の文例をみていきましょう。

親戚の場合

親戚の場合は生まれた時点で親から報告されている場合があります。また、報告してお祝いをいただいている場合もありますし、まだ報告も済ませていない場合もあります。色々な場合を踏まえてどんな文例があるのかみていきましょう。

出産報告してお祝いを貰っている場合

「昨年は、出産のお祝いありがとうございました。おかげさまで母子ともに元気に過ごしています。お近くに来た際は気軽に顔を見に寄ってください。」

「昨年は、出産の際のお心遣いありがとうございました。毎日育児に奮闘しています。今後とも親子共々よろしくお願い申し上げます。」

出産報告しているが特にお祝いを貰っていない場合

「昨年〇月〇日に生まれた赤ちゃんの名前が決まりました。〇〇と言います。女の子/男の子です。よろしくお願いします。」「昨年生まれた〇〇は今はこんなに成長しています。今度会った時、抱っこしてやって下さい。」

出産報告を全くしていない場合

「昨年〇月〇日に男の子/女の子を出産しました。今は母子ともに元気に過ごしています。ご報告が遅れてすみません。名前は〇〇と言います。今後ともよろしくお願いします。」

「報告が遅れましたが、昨年、新しい家族が増えました。名前は〇〇です。時間がありましたら顔を見に寄ってください。」「昨年〇月〇日に〇〇〇〇グラムの元気な赤ちゃんを出産しました。今年も親子共々どうぞよろしくお願いします。」

上司の場合

上司の場合、父親か母親かで変わってきます。父親の場合は出産報告を済ませている場合がほとんどです。毎日仕事で顔を合わせているので出産報告しないということはないからです。

母親の場合は、産休で休みに入っているので出産報告が遅れる場合がありますが、父親が代わりに出産報告したり、産後、病院から出産報告したりもします。どんな状況におかれているかで文章が変わってきます。自分の状況にあった文例を参考にしましょう。

出産報告をしていてお祝いをもらっている場合

「昨年は、妻の出産に際してお心遣いをしていただきありがとうございました。長女○○もすくすくと成長しています。しばらく、迷惑をかけますが、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」

「昨年は長男の出産の折りにお祝いをいただきありがとうございました。おかげさまで母子ともに健康で過ごしています。これから色々と迷惑かけますが、産休明け、仕事復帰してからもよろしくお願いします。」

出産報告はしているが特にお祝いをもらっていない場合

「昨年は大変お世話になりました。昨年生まれた○○は元気にすくすく成長しています。○○課のみなさんにたくさんお祝いの言葉をいただき本当にありがとうございました。これからも迷惑かけますがよろしくお願い申し上げます。」

「昨年の長男○○の出産の際に色々とお心遣いをしていただきありがとうございました。仕事復帰した際はまたご迷惑をかけますがよろしくお願い申し上げます。」

出産報告を全くしていない場合

「昨年は大変お世話になりました。ご報告が遅れましたが、昨年○月○日に元気な長男○○が産まれました。安産で母子共に元気に過ごしています。落ち着きましたら赤ちゃんを連れて会社の方にも顔を出しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。」

「新しい家族が増えました。昨年、○月○日元気な女の子です。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」「遅れましたが、ここで出産報告すること失礼いたします。昨年○月○日、○○○○グラムの元気な男の子が生まれました。順調に元気に成長しています。仕事復帰してからもたくさん迷惑かけますが、何卒よろしくお願い申し上げます。」

友人の場合

次のページ:二人目の年賀状での出産報告の文例

初回公開日:2017年12月22日

記載されている内容は2017年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests