Search

検索したいワードを入力してください

【月別】「拝啓」と「敬具」の文例|ビジネス/お礼/お詫び

更新日:2020年08月20日

お礼状など改まった手紙を書く時には必ず「拝啓」と「敬具」を用います。この二つはセットで用いる対の頭語と結び語です。「拝啓」と「敬具」を用いた文例を紹介しますので、今まで何となく使っていたという人は、文例を元に正しい知識を身につけて社会人として差をつけましょう。

3月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 啓蟄の候 いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 浅春の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 早春の候 皆様におかれましては益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
・拝啓 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、今年はことのほか春の訪れが早いようです。
・拝啓 桃の花が目に鮮やかな頃となりました。 いかがおすごしでしょうか。
・拝啓 旅立ちの春を迎え、日に日にあたたかさを感じています。
・拝啓 桜の開花が待たれる頃となりました。
・拝啓 土筆がようやく顔を出しました。

4月

4月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 陽春の候 いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 惜春の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 菜種梅雨も明け、日増しに暖かくなってまいりました。
・拝啓 各地から桜の便りが聞かれる頃となりました。
・拝啓 桜の花も盛りを過ぎ、吹く風も暖かく感じられる季節となりました。
・拝啓 穀雨の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
・拝啓 春眠が心地良い季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。
・拝啓 春風が頬に心地よい季節となりました。

5月

5月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 新緑がまぶしい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 薫風の候 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
・拝啓 青葉が美しい季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。
・拝啓 若葉の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 暦の上では夏となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 立夏を過ぎ 陽射しの中にも夏の気配が感じられます。
・拝啓 八十八夜も過ぎ、穏やかな陽射しの日が続いています。
・拝啓 青空に鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいます。お元気でお過ごしでしょうか。

6月

6月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 梅雨の晴れ間の久しぶりの青空です。
・拝啓 入梅の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 忙種の候 貴社におかれましては益々御清祥の段、心よりお慶び申し上げます。
・拝啓 雨に濡れたあじさいの青がひときわ美しいこの頃です。
・拝啓 初夏の候 皆様におかれましては益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
・拝啓 向暑の候 いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 衣替えも終え、夏の装いが目につくようになりました。
・拝啓 霖雨の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

7月

7月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 盛夏の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 猛暑の候 いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 天の川が美しい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 七夕の飾りが風に揺れて嬉しそうです。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 星祭の候 貴社におかれましては益々ご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
・拝啓 小暑を過ぎ、いよいよ夏本番といったところです。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 大暑の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 懐かしい朝顔市の季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。

8月

8月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。
・拝啓 暦の上では秋となりましたが、毎日暑い日が続いております。
・拝啓 立秋の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
・拝啓 厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
・拝啓 残暑の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 土用の頃特有のねっとりした暑さが続いています。
・拝啓 ゆく夏を惜しむように花火が美しい花を咲かせています。
・拝啓 晩夏の候 貴社におかれましては益々ご清栄の段 心よりお慶び申し上げます。

9月

9月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 初秋の候 平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 白露を過ぎ朝夕に秋の気配を感じる頃となりました。
・拝啓 新涼のみぎり 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。
・拝啓 野分の候 いかがおすごしでしょうか。
・拝啓 秋分を迎え、吹く風もすっかり秋めいてまいりました。
・拝啓 彼岸花が咲き乱れる頃となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 畦道の彼岸花が目に鮮やかです。いかがおすごしでしょうか。
・拝啓 秋涼の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。

10月

10月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 仲秋の候 お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 寒露を過ぎ秋も深まって参りました。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 紅葉の候 貴社におかれましては益々ご清祥の段 心よりお慶び申し上げます。
・拝啓 霜降の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 実りの秋となりました。お元気でお過ごしでしょうか。
・拝啓 錦秋の候 いかがおすごしでしょうか。
・拝啓 衣替えも過ぎ、秋の装いが目につくようになりました。
・拝啓 早いもので今年も衣替えの季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。

11月

11月の時候の挨拶を使用した、書き出しの文例を紹介します。

・拝啓 暦の上では冬となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 立冬を過ぎ 吹く風の中にも冬の気配が感じられます。
・拝啓 小雪を迎えても穏やかな天候が続いています。お変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 霜月の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
・拝啓 菊花の季節となりました。お元気でお過ごしでしょうか。
・拝啓 菊薫る候 皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。
・拝啓 向寒のみぎり、どうかご自愛下さい。
・拝啓 晩秋の候 貴社におかれましては益々御清祥のこととお慶び申し上げます。

次のページ:「拝啓」と「敬具」を活かそう

初回公開日:2017年12月18日

記載されている内容は2017年12月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests