Search

検索したいワードを入力してください

借用書の書き方・例文・本|特徴別/内容別/手書き

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

借用書の書き方について、みなさんは正しい知識をお持ちでしょうか。借用書の書き方は、なかなか普段過ごす日常では、学べるものではありません。借用書の書き方にお困りの方に向けて、借用書の書き方や、例文、本についてご紹介します。

特徴別借用書の書き方

みなさんは、借用書の書き方をご存知でしょうか。借用書とは、いったいどのような書類か、ご存知でしょうか。

今回は、借用書の書き方について、ご紹介していきます。例文もご紹介していきますので、ぜひ借用書の書き方が分からないかたは、最後までご覧ください。なんと借用書の書き方にかんする本までご紹介していきます。

まずは、特徴別の借用書の書き方についてご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

個人分割

まずは、個人分割のときの借用書の書き方についてご紹介していきましょう。

まずは貸し主の情報を記載しましょう。必要なのは、住所と氏名、捺印です。つづいての、借用書の書き方は、貸し付けたお金の総額を記載します。

「本日、わたくしは貴殿より金◯◯◯◯円を借用いたしました。」とはじめ、「つきましては、◯月◯日から、△月△日までに毎月◯◯◯◯円、合計◯◯◯◯円を全16回で分割返済することをここにお約束いたします。」と締めましょう。

借り主が住所、氏名、捺印をすれば完成です。

簡単な

つづいては、簡易的な借用書の書き方についてご紹介していきます。

まずかならず必要なのは、貸し主と借り主の、住所と氏名、捺印です。そのつぎに借用書の書き方で、記載しておくといいのが、返済方法です。

返済方法は、分割にするのか、1括にするのかで、かわってきます。借用書の書き方では、どちらの返済方法をえらんでもかまいません。借り主と貸し主のあいだで、相談してきめてください。

借用書の書き方の例文

つづいては、借用書の書き方を、例文でわかりやすくご紹介していきましょう。

借用書の書き方の例文

「貸し主・小山田圭一殿

◯◯県いちばん市にばん区さんばん町1-2-3ヨンバンマンション567号室

わたくしは、本日、貴殿に総額100,000円借用いたしました。◯◯月◯◯日から◯◯月◯◯日にかけて、全◯◯回で毎月10,000円ずつ返済して行きます。

借り主・鈴木たすく

◯◯県いちばん市にばん区ろくばん町1-2-3ななばん住宅8-90(捺印)」

内容別借用書の書き方

借用書の書き方・例文・本|特徴別/内容別/手書き
※画像はイメージです

借用書の書き方は、「なに」を借りたかによっても、かわってきます。

今回は、物を借りたときの借用書の書き方と、お金を借りたときの借用書の書き方について、ご紹介していきましょう。

借用書の書き方をしっておけば、かならず便利に感じることがあることでしょう。ぜひ最後までよんで、借用書の書き方をばっちりと覚えておいてください。万が一のときに、あなたのことを助けてくれる知識となることでしょう。

物品

物品を借り入れた場合の、借用書の書き方についてご紹介していきましょう。

まず、貸し主の名前をかき、貸し主宛ての書面になるようにします。そして、かならず、借り入れる期間を明記しましょう。

そのつぎに、物品を数量もわすれずに、記載してください。たとえば、「◯◯◯のパソコン・1台」です。

その下に、貸し付けるにあたって、取り決めた、貸し付け条件を記載します。最後に、書類を作った日付と、借り入れ者の情報を明記します。捺印も忘れないようにしましょう。

お金

つづいては、お金の借用書の書き方についてご紹介していきましょう。

物品の借用書の書き方とおなじで、貸し主宛てになるように、することが重要です。そして借り入れた総額を書きましょう。

他に必要なのは、いつまでに、ぞの全額を返済するかを明記することでしょう。分割の際は、いつから支払いをはじめて、いつ支払いを終えるのかも記載する必要があります。また、分割が全部で何回になるのかも、かならず分かりやすく書いておきましょう。

手書きでの借用書の書き方

借用書の書き方・例文・本|特徴別/内容別/手書き
※画像はイメージです

借用書の書き方の、手書きでの書き方も、ご紹介しておきましょう。

手書きのときに、重要なのは、「大字」を使うことです。「大字」とはいったいなにのことか、みなさんはご存知でしょうか。

けっして「大きくて、分かりやすい字」という意味ではありません。ほとんど知られてはいませんが、「大字」とは、漢数字のことです。

借用書にかく、お借り入れ総額の金額は
、かならず漢数字で書きましょう。これが法的な効力を発揮する、借用書の書き方です。

立場別借用書の書き方

借用書の書き方・例文・本|特徴別/内容別/手書き
※画像はイメージです

「立場別借用書の書き方」ということで、借り主と貸し主の関係性によって、変わってくることのある借用書の書き方についてご紹介していきましょう。

親しい仲でも、借用書をしっかりと作っておくことによって、おおきなトラブルになることを、避けることが出きます。今回ご紹介するのは、「親子」関係の借用書の書き方です。

親子であっても、金銭的な貸し借りや、物品の貸し借りについては、借用書を用意して、しっかりと対応することをいたします。

親子

「親子」のあいだでの、借用書の書き方について、ご紹介していきましょう。

親子間では、簡易的な借用書の書き方でも、効力を発揮します。しかしポイントがあります。効力を発揮させるためのポイントというのは、「大字」(だいじ)を活用することです。

「壱萬円」といったように、漢数字をつかうことが、とてもとても重要な借用書の書き方です。もともと「大字」(だいじ)は重要な書面に使われる文字です。

個人間のやりとりの借用書の書き方では、大字はかかせません。

借用書の書き方に関する本

借用書の書き方・例文・本|特徴別/内容別/手書き
※画像はイメージです

Latests