Search

検索したいワードを入力してください

感謝の気持ちを伝える方法・言葉・名言・メッセージの書き方

初回公開日:2018年10月23日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

感謝の気持ちを伝えたいにも関わらず、伝えることができなかった経験をした人も多いのではないでしょうか。感謝の気持ちを伝えることは、人として当然なことでもあります。ここでは、感謝の気持ちを伝える方法を紹介しているので参考にしてください。

感謝の気持ちを伝える方法は?

感謝の気持ちを伝えたいにも関わらず、上手く伝えれなかった経験をした人も多いのではないでしょうか。活発で明るい性格の人ならあまり気にせずに感謝の気持ちを伝えることができますが、内気な性格の人ほど感謝の気持ちを伝えることに恥ずかしいとおもってしまいます。

感謝の気持ちを伝えることはとても重要なことで、怠ってしまうと後にトラブルの原因にもなります。そのため、感謝の気持ちを伝えたいと感じた場合は、勇気を持って相手に自分の気持ちを伝えることをおすすめします。

感謝の気持ちを伝えないままモヤモヤしているより、感謝の気持ちを伝えたほうが清々しい気持ちになることができます。また、感謝の気持ちを伝えられた側も嬉しい気持ちになります。次に、感謝の気持ちを伝えやすい方法を紹介するので参考にしてください。

お菓子をあげる

感謝の気持ちを伝える方法・言葉・名言・メッセージの書き方
※画像はイメージです

気軽に感謝の気持ちを伝える方法としてお菓子を渡すことがあります。お菓子を渡すだけでも感謝の気持ちを伝えることができますが、渡す時に一緒に感謝の気持ちを言葉で伝えることをおすすめします。

どうしても直接感謝の気持ちを伝えることが恥ずかしい場合にもお菓子を渡すことは有効な手段です。中には手渡しでお菓子を渡すことも恥ずかしいと思う場合もありますが、メモとお菓子を置くことで間接的に感謝の気持ちを相手に伝えることができます。

お菓子は手作りの方が相手を喜ばすこともできますが、市販のお菓子でも問題ありません。そのため、お菓子作りが苦手な人は無理に挑戦せずに市販されているお菓子を渡すようにしましょう。

手紙で伝える

感謝の気持ちを伝える方法・言葉・名言・メッセージの書き方
※画像はイメージです

感謝を伝える方法に手紙を使うことがあります。現在では、携帯電話のメールが主流なため、手紙で感謝の気持ちを伝えることが少なくなっています。しかし、手紙とメールでは、読み手が感じる嬉しさに大きな違いが表れます。

手紙で感謝を伝える方が、読み手も嬉しい気持ちになるため、どちらも清々しい気持ちになることができます。手紙で感謝の気持ちを伝えることは手間がかかってしまうため、手軽に感謝の気持ちを伝えることができるメールを使用してしまいますが、苦労した分得るものはあります。

電話で伝える

直接感謝の気持ちを伝えることが恥ずかしい場合は、電話で伝えることも可能です。面と向かっていないため、普段言えない言葉でも電話なら伝えることができる場合があります。電話で感謝の気持ちを伝えることはできますが、場合によっては失礼に値する場合もあるため注意しましょう。

電話で感謝を気持ちを伝えないほうがいい場合は、相手に迷惑をかけてしまい、結果助けられたような状況です。そのような場合は、電話や手紙を使うのではなく、できるだけ直接感謝の気持ちを伝えることをおすすめします。

また、電話で感謝の気持ちを伝える場合は、状況によってその場で伝えることができない場合もあります。相手が電話をとることができない場合は、またかけなおさないといけないため、手間がかかってしまいます。

留守番電話に録音しておくことは、感謝の気持ちを伝える上では失礼に値するので、必ずかけ直すようにしましょう。

直接会って伝える

感謝の気持ちを伝える場合は、直接会って伝える方法がおすすめです。面と向かって感謝の気持ちを伝えることができるため、特に理由がない場合は、直接会うようにしましょう。しかし、互いに忙しい立場の場合は、直接会う事が難しいこともあります。

そのような場合は、無理に会う約束を取ろうとすると相手に迷惑になるため、上記で説明した電話や手紙で感謝の気持ちを伝えることをおすすめします。互いに時間がある場合でも、自分の都合に合わせるのではなく、相手の都合に合わせるようにしましょう。

自分の都合で会う約束をすると、わざわざ相手の時間を奪ってしまっています。そのような状況で感謝の気持ちを伝えられても、人によってはメールでもよかったと感じられる場合もあります。

感謝の気持ちを伝える言葉は?

感謝の気持ちを伝える方法・言葉・名言・メッセージの書き方
※画像はイメージです

感謝の気持ちを伝えることは大切ですが、正しい言葉で伝えないと意味がありません。また、自分の方が下手に出るような言葉ではないと、状況によっては感謝の気持ちを上手く伝えられていない場合もあります。

そのため、感謝の気持ちを伝える言葉を理解するのではなく、正しい言葉遣いで感謝の気持ちを伝えることが大切です。例えば、上から目線で感謝の気持ちを伝えられても、言葉を聞いた側はあまり感謝されていると感じ取れません。

そのため、感謝の気持ちを伝える場合は、上から目線で伝えないように心がけましょう。上司が部下に感謝の気持ちを伝える場合は、どうしても上からの言葉になってしまいがちなため、柔らかくした言葉を使用することをおすすめします。

ありがとう

感謝の気持ちを伝える一般的な言葉がありがとうです。そのため、感謝の気持ちを伝える際にありがとうの言葉を使う頻度が多いです。また、相手へ感謝の気持ちをストレートに伝えることができるため、より自分の気持ちを伝えることができます。

感謝を伝える相手によって敬語を使う事がありますが、友達や同僚の場合はありがとうのままで問題ありません。より感謝の気持ちを伝えるために上の立場でもない人に敬語で感謝の気持ちを伝えてしまうと、相手はよかったと感じる前に違和感を強く感じてしまいます。

助かった

上記で紹介したありがとうの言葉を崩した伝え方が、助かったという言葉です。ありがとうの言葉が感謝の気持ちを伝える一般的な言葉ですが、状況によっては堅苦しいと感じられてしまう事もあります。助かったの言葉は、親しい人や互いに助け合っている人達におすすめの言葉です。

ありがとうの言葉より助かったの方が言葉で伝えやすいため、感謝の気持ちを伝えることが恥ずかしいと感じている人にもおすすめの言葉です。

ありがとうの言葉と同じように敬語にすれは上の立場の人にも使用することができますが、立場が離れすぎている場合は、助かりましたと敬語に変換しても失礼に値します。そのため、自分と立場が変わらない人に使用することをおすすめします。

感謝の気持ちを忘れない方法は?

感謝の気持ちを伝える方法・言葉・名言・メッセージの書き方
※画像はイメージです

感謝の気持ちを忘れてしまうと失礼になるため、忘れないようにすることをおすすめします。忙しい日々が続いてしまったり、接点が少ない相手では感謝の気持ちが徐々に薄れてしまい、伝えずに忘れてしまう場合もあります。

そのようなことにならないためにも、感謝の気持ちを伝えたいと考えた場合は、後回しにせずに行動することをおすすめします。感謝の気持ちを伝える方法は上記で紹介しているため、自分に合った方法で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

次に、状況別の感謝の気持ちを忘れない方法を紹介するので、すぐに忘れてしまう人は参考にしてください。

仕事の場合

Latests