Search

検索したいワードを入力してください

アメリカの学費が安い大学・学費免除の制度

更新日:2020年08月20日

たくさんの優秀な人材がアメリカの有名大学から排出されている事実をみて、一度は「アメリカの大学で勉強したい!」と考えた事があると思います。しかしながら、莫大な学費の関係上、実際に入学できる人間はごく僅かです。なぜアメリカの大学の学費は高額なのでしょうか?

アメリカの大学では、親の収入によっても学費が免除される場合があります。親の収入が一定以下で、かついくつかの条件を満たせば、大学側が学費を援助してくれる場合があります。 収入の基準は大学によって様々で、ハーバード大学では約800万円、スタンフォード大学では1500万円とかなり違いがあります。

その他の学費の払い方

大学側から学費の援助が得られなくてもアメリカの大学に進学したい場合、ローンをすることによって、学費を支払います。

ローン

アメリカの大学では、Financial Aidと呼ばれる米国政府から学生本人が借り入れるローン、学生の親が家を担保にして借り入れるHome Equiety Loan、親が保証人になり学生が民間企業から借り入れる民間学生ローンの3種類のローンがあります。

アメリカの学費は色々!

何かとお金がかかるというイメージのあるアメリカの大学ですが、学費の安い大学を探してそこに進学したり、学費の免除制度を利用するなど、努力に応じて、いくらでもチャンスは与えられます。言語の壁など、苦労することもありますが、それだけ苦労してでも得られるものが非常に大きいので、今後アメリカの大学に挑戦する若者が増えるといいです。

初回公開日:2017年11月14日

記載されている内容は2017年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests