Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月30日

勉強を楽しくするコツと方法|英語/法律/資格・東大生がおすすめするコツ

受験勉強や資格取得を予定されている方など、日々勉強している方はたくさんいらっしゃると思います。楽しいと感じながら勉強していますか。もしも、苦痛と感じながら勉強をしているなら、楽しいと感じながら勉強できる方法をいくつかご紹介いたします。

勉強を楽しくする方法

受験勉強から始まり、大人になってからも資格取得など何かを学ぶ事は多いです。興味がある事を学ぶのは楽しいですが、それ以外の勉強は決して楽しいとは思えません。勉強の仕方がわからないけど、なんとなく参考書に目を通して勉強した気分になっている人が多いのではないでしょうか。

だらだらと勉強しているだけでは身に付くことがほとんどありません。ひどい場合は、翌日には忘れている場合もあります。あんなに勉強したのにテストの結果が悪いのはなぜだろうと思った事ありませんか。勉強の仕方でテストの点数も変わってきます。楽しい勉強方法をマスターできたら良い結果を残せるのではないでしょうか。

ケース別勉強を楽しくするコツ

興味がある事を学ぶのは、楽しいと思え集中もできるでしょう。しかし、人間が集中できる時間は90分と言われています。特に興味がない場合の学習はつまらないから90分も持ちません。そこで、30分学んで10分休むと言う勉強法が注目されているのをご存知ですか。

30分ならなんとか飽きずに勉強できそうですし、楽しいと思えなくなったら休憩を挟めるので、勉強は苦痛という認識から、勉強は楽しいと言う認識に脳の中で変わってくると言います。楽しいと感じながら勉強ができれば知識もすぐに広がります。大人になってからも勉強する事はたくさんありますので、楽しいと思える勉強方法を探してみましょう。

英語の楽しい勉強法

今や英語が話せて当たり前と言う時代になりました。日本の会社なのに英語で会議をする企業もあります。しかし、昔から日本人は英語が苦手な人が多いとされてきました。日本語と英語は文法が違うので、混乱してしまう事も原因の1つだと思われていますが、学習方法に間違いがある場合もあるでしょう。

英語は単語を覚えるためにひたすら暗記をするイメージがあります。しかし、暗記したものは1週間後で77%、1ヶ月後で79%忘れてしまうと言うデータが出ています。せっかく暗記してもしばらくしたらほとんど忘れてしまうのですから、ただひたすら覚えるだけの勉強法はしばらくすると無意味になってしまいます。

覚えた単語を忘れない勉強法

せっかく暗記した英単語を忘れないための勉強法は、覚えた単語を定期的に間隔をあけて繰り返し復習すると言う勉強法で、間隔学習と呼ばれています。暗記した英単語や文法を忘れてしまうのは、ほとんどの人が復習をしないからです。1日後、1週間後、2週間後というように、間隔をあけて復習をしましょう。

英単語を長期的、永遠に記憶に残すには復習するしかありません。そのことを頭に入れて覚えるまで間隔学習を行いましょう。この方法を実践する事により、勉強した内容の約9割を記憶できたと言う成功例が多数報告されています。英語は繰り返し勉強していると、ある日突然理解できるようになると言われています。

司法書士

仕事を持ちながら何かを目指す場合は、勉強する時間に限りがあります。そして、その少しの時間を使って効率のよい勉強法が必要になります。司法書士の勉強をする場合は、司法書士の知識を学び応用できるようにしなければなりません。学んだ事のすべてを覚えておくことができれば良いのですが、一度に記憶するにも限りがあります。

そんな時は、最も重要なキーワードに的を絞り覚えるようにします。前途でもお伝えしましたが、覚えたつもりでも忘れてしまう事がほとんどなので試験勉強は苦労します。1つのキーワードについて勉強した場合、それと一緒に必ず思い出す事ができる別の情報も組み込んで覚えてしまいましょう。

図にして目で覚える

司法書士の勉強は、ほとんどが暗記しながらになりますので、図にして覚えた方が覚えやすい場合もあります。道路標識などはまず目に飛び込んできます。そして頭の中で一時停止だと認識します。名前を思い出せない時など、写真を見ると思いだせる事もあります。暗記したい情報を整理し、自分なりの図式にして記憶しておくようにすると簡単に思い出す事ができるようになります。

法律を学ぶための楽しい勉強法

法律の勉強法は粘り強くあきらめない事と言われています。最初はわからなくても繰り返し勉強していくうちに、理解できる瞬間が訪れると言います。そして、どうしても理解できない部分や楽しいと感じられない箇所は、一旦あきらめ次に進む事。

理解できる事を先に勉強し、理解できなかった部分に戻った時に理解できたと言う現象が起こってきます。理解できなくても焦らず、コツコツ勉強していく事が法律の勉強法と言われ、あきらめなければ必ず良い結果につながると言われています。

資格

資格を取るためには、取りたい資格の専門的な部分を頭に叩き込まなければなりません。記憶したものをとどめておくには声を出して読む事が効果的です。自分の声は発する事で、聴覚や視覚による刺激が脳に加わると言われています。資格のための参考書は声に出して読みましょう。

さらに手を動かして書き留める事で、記憶力が増します。社会人になってから文字を書くことが減っていませんか。難しい漢字もひらがなを入力すれば出てきますので、忘れている人が多いと聞きます。自分の手で答案用紙に記入する場合は困りそうです。今から、参考書に書かれている文字は自分の手で書いて覚えるようにしましょう。

勉強を楽しくする工夫

勉強を少しでも楽しいと思えるようにするには、ユニークな文房具の力を借りるのも1つの手段です。カラフルなマーカーを使用するだけでも楽しい気分になってきます。少しでも楽しい勉強ができるように工夫する事も大切です。

文房具

今は、とてもユニークな文房具がたくさん販売されています。どうせ勉強するなら、お気に入りの文房具に囲まれて勉強したいです。中でも、勉強中に必要なのはマーカーです。

クツワの鉛筆蛍光マーカーは、はっきりと発色するのに裏に写らずにじむ心配もありません。キャップが鉛筆削りになっているので、細い線も引く事ができます。勉強を楽しい事と感じるために必要な文房具の1つとしておすすめです。

楽しいアプリ

移動中や通勤、通学中の電車の中で勉強できる楽しいアイテムがあったら最高です。勉強は暗記がほとんどなので、スマホと連携する単語帳など便利で楽しいアプリです。

ぺんてるのSmaTanは、スマホを使って単語帳を作る事ができる優れもの。単語を専用のノートに書き込み、スマホにインストールしたアプリで撮影するとスマホを使用した単語帳ができます。ノートを広げる必要もないので、移動中の電車の中で勉強できるのでおすすめです。

東大生がおすすめする勉強が楽しくなるコツ

東大生がおすすめする楽しい勉強法は、スタディサプリを使った勉強法です。自分のレベルに合わせた講義を月額980円で何度でも見る事ができます。講座は3000以上ありますので選ぶのが大変そうですが、その分、自分に合った楽しい講義を受ける事が可能です。

何度でも見直せることで記憶できますし、楽しい勉強方法を知っている東大生がおすすめしているのもポイントが高いです。人気の予備校講師の授業を移動中に受講できれば、時間に無駄がありません。おすすめします。

楽しいと思える勉強方法

勉強を楽しくするコツと方法|英語/法律/資格・東大生がおすすめするコツ

学ぶ事は楽しいはずなのに、勉強の仕方がわからないと勉強はつまらないものになってしまいます。楽しいと思える勉強法に出会えれば、必ず良い結果に繋がります。楽しく学べる方法は、たくさんありますので、自分に合った勉強法にも必ず出会えます。

そして、スタディサプリのようなアプリの中に自分に合った講師がいるかも知れません。行く場所、住む場所、出会える人が増えるように、多くの知識を吸収して学んでいきましょう。

Latests