Search

検索したいワードを入力してください

薬学部の学費(大学別)・薬学部の学費が安い5

更新日:2020年08月20日

大学の学費は学部によって異なりますが、薬学部の学費は高いほうでしょうか。また、国公立や私立大学とでは学費が大きく異なります。薬学部の多くは6年制のため、通算の学費も高くなります。薬学部の学費についてのや、入試の難易度など関連事項を含めて紹介します。

薬学部の就職先で最も多いのは、やはり資格を活かした薬剤師です。薬剤師の主な勤め先は、調剤薬局や病院、ドラッグストアですが、学校の保健室や、理科室で薬剤を使用、管理する学校薬剤師や、公務員として国立病院や保健所、研究所などで活躍することもできます。

次にの職業が、MRです。メディカル・リプレゼンタティブの頭文字をとってMRですが、医療品メーカーの医薬情報担当者のことです。この仕事は薬剤師資格は要りませんが、薬学の知識が求められるので、薬学部の卒業生が大半を占めます。

薬品・食品企業や化学企業の研究職、開発職として活躍する道にも多くの人が進んでいます。これらのどの職業に就くとしても、専門的な薬学の知識があって基本的な知識と能力があれば就職先に困ることはありません。どの大学も現状では就職率はほぼ100%になっています。

薬学部を出て安定した職業を

薬学部の学費は他の学部に比べて高く、薬学科の修業年数は6年もあって長い勉学期間が必要です。しかし、そこで得た専門的な薬学や医療系の知識があって薬剤師の資格も得られていたら、就職するのにそれほどの困難はありませんし、安定した職業に就くことができます。

今後、高齢者もますます増えて医療に関わる人材の必要性が問われるなか、薬学の知識をもった薬剤師などの専門家の需要も増すでしょう。薬学部での勉学には厳しいものがあるでしょうが、人の生命などに関わる重要な学問に関わることができる使命感をもって、有用な社会人目指して活躍されるよう期待します。

初回公開日:2017年12月11日

記載されている内容は2017年12月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests